エントリー

カテゴリー「表示器」の検索結果は以下のとおりです。

0.91インチOLEDディスプレイ

  • 2019/10/17 17:31
  • カテゴリー:表示器

コンパクトな0.91インチOLEDディスプレイを購入

IMG_20191017_163831221.jpgIMG_20191017_163843897.jpg

思ったよりかなりコンパクトだった

U8g2libで動作できるとのことでサンプルプログラムで確認

IMG_20191017_204639486.jpg

IMG_20191017_205352878.jpg

かなり画面がボケてしまった

OLEDの画面の撮影は難しいようだ

20桁×4行ディスプレイ

ログ表示(行く行くは簡易ターミナル)と,前から考えていた2004LCDディスプレイを購入

たったの20文字の4行だが出力を考えて設計しておけば十分に使えると考えている

IMG_20191017_163605115.jpg

どうやらよくある20x4のLCD表示器にI2Cインタフェースボードを付けた物のようだ

IMG_20191017_163629114.jpg

裏面の右上にあるのがI2Cボード

LCD-Blue-I2Cで説明されておりライブラリをDLして動作確認

IMG_20191017_173659901.jpg

I2Cアドレスは「0x27」の「I2C LCD DISPLAY VERSION 3」だった

AQM0802A-FLW-GBWを使えるようにする

良く利用しているI2C接続LCDのAQM1602XA-RN-GBWは16×2表示でコストパフォーマンスに優れてるが基板の中央等に載せるとその大きさで他のボタンなどと干渉し配置を悩まされることがある

IMG_20180120_164042.jpg

そこで8×2表示のAQM0802A-FLW-GBW(バックライト付き)をAQM0802A-RN-GBWにバックライトが付いただけだと思って購入

資料を比べても異なるのはバックライトのみだったので同じように使えるはず

またAQM1602XA-RN-GBWと表示文字数は異なるが表示用DDRAMは内部で同じなのでライブラリ等の修正は必要ない

しかしピンのピッチはAQM0802A-RN-GBWと同じ1.5だがバックライト用のピンがあるので同じ変換基板は利用できないしAQM1602XA-RN-GBW用はピッチが1.27でピン配置も異なり不可

つまり取付用の変換基板は作製しなければならない

IMG_20180120_163956.jpgIMG_20180120_164131.jpg

2.54や2.0の基板では厳しいので64×64の1.27ピッチ基板を試すと挿せるがパーツを載せるのが表面実装品でないと大変そうだ

IMG_20180123_195210.jpgIMG_20180123_195233.jpg

そこで1.27から2.54の変換基板を利用する

IMG_20180123_195317.jpgIMG_20180123_195401.jpg

10ピン変換なので1ピン余るため中央を外し5,4ピンに分けた

IMG_20180123_195753.jpgIMG_20180123_195804.jpg

そして出力ピンをAQM1602XA-RN-GBWと同じにしてパーツを載せる(少しは配置を考えたつもりだが汚い)

IMG_20180129_193537.jpgIMG_20180129_193549.jpg

早速テストしてみると

IMG_20180129_193830.jpg

載せる方向が思っていたのと上下逆だった(逆にすれば使えるので問題はない)

次に深刻な問題として1行目は表示されるが2行目が表示されていない

そして1行目が表示されていたためソフトの問題だと思い込んでしまって一週間も嵌ることになる・・・

  • コントラストを何度も調整したり
  • 仕様書を眺めまわしソフト的な制御を変更したり
  • I2Cアドレスを確認したり
  • 3.3Vでないとダメなのかと試してみたり
  • ネットで同様の問題はないか検索したり

色々と考え試したが解決しない

で,ようやく休日を迎えたので別のAQM0802A-FLW-GBWをブレッドボード上で試してみると2行目が表示されてしまった

つ・ま・り・・・ハードの問題だったのだ(元々不良だったのか基板に載せる際に壊したのかは不明)

IMG_20180206_185038.jpgIMG_20180206_185126.jpg

今度はLCDの方向とパーツの配置を考えて作り直し(またも美しくないが)正常動作を確認

IMG_20180206_185251.jpg

(備考)
  • LCDのピン付近は熱に弱いので注意(半田付けで熱を逃さないと簡単に溶ける)
  • バックライトは5Vでの動作も考え51Ωを入れた
  • 1ピンは使用しないので変換基板に8ピンを上手く割り振れば他のパーツの配置が良くなるかもしれない
  • 仕様では3.3V用となっているが(コントラスト設定時の)昇圧指定を無くせば5Vでも使える
(参考)16×2での表示

IMG_20180206_185336.jpg

 

キャラクタLCD表示用ライブラリ

秋月電子のI2C接続小型キャラクタLCD(AQM1602XA)を利用するための表示用ライブラリを作ることにした

電子負荷の消費電流および電源電圧の表示部を作製しようとしたところ今後も良く使いそう(毎日でないので使い方を忘れてしまうから)なのでライブラリにしておこうと考えた訳である

ライブラリ化する方法と注意点

  • ライブラリはIDEの環境設定で指定したフォルダに新規のライブラリフォルダを作ってファイルを置く
  • 必要ファイルは,XXX.hとXXX.cppとなる(その他は無くても問題なし,.cではダメだった)
  • XXXは同じでなくてはならない
  • 新規のライブラリフォルダ名はXXXでなくても良い

 

AQM1602LCD.h

#define _AQM1602_H_
#if ARDUINO >= 100
 #include "Arduino.h"
#else
 #include "WProgram.h"
#endif

#define LCD_ADDR 0x3E

void LCD_clearScreen(void);
void LCD_setLocate(int col, int row);
void LCD_putChar(byte c);
void LCD_putString(byte *str);
void LCD_init3();
void LCD_init5();
#endif /* AQM1602LIB_H */

AQM1602LCD.cpp

// LCD_init3        - LCDの初期化(3.3V)
// LCD_init5        - LCDの初期化(5V)
//
// LCD_clearScreen  - LCDモジュールの画面をクリア
// LCD_setLocate    - LCDモジュール画面内のカーソル位置を移動
// LCD_putChar      - LCDにデータを1バイト出力
// LCD_putString    - LCDに文字列データを出力
//

#include <Wire.h>
#include "AQM1602LCD.h"

// LCDにコマンドを送信
//
static void LCD_writeCommand(byte command) {
    Wire.beginTransmission(LCD_ADDR);    // スタートコンディション
    Wire.write(0x00);                    // control byte の送信(コマンドを指定)
    Wire.write(command);                // command byte の送信
    Wire.endTransmission();                // ストップコンディション
    delay(10);
}

// LCDにデータを送信
//
static void LCD_writeData(byte data) {
    Wire.beginTransmission(LCD_ADDR);    // スタートコンディション
    Wire.write(0x40);                    // control byte の送信(データを指定)
    Wire.write(data);                    // data byte の送信
    Wire.endTransmission();                // ストップコンディション
    delay(1);
}

// LCDの初期化
//
static void LCD_init(int volt) {
    Wire.begin();

    delay(100);
    LCD_writeCommand(0x38); delay(20);        // Function set
    LCD_writeCommand(0x39); delay(20);        // IS=1
    LCD_writeCommand(0x14); delay(20);        // Internal OSC frequency

    if(volt == 3) {
        // 3.3V
        LCD_writeCommand(0x73); delay(20);    // Contrast set
        LCD_writeCommand(0x56); delay(20);    // POWER/ICON/Contrast control
    } else /* if(volt == 5) */ {
        // 5V
        LCD_writeCommand(0x7A); delay(20);    // Contrast set
        LCD_writeCommand(0x52); delay(20);    // POWER/ICON/Contrast control
    }
    LCD_writeCommand(0x6C); delay(20);        // Follower control
    LCD_writeCommand(0x38); delay(20);        // Function set
    LCD_writeCommand(0x01); delay(20);        // Clear Display
    LCD_writeCommand(0x0C); delay(20);        // Display ON
    LCD_writeCommand(0x06); delay(20);        // Entry Mode
}

// LCDの初期化(3.3V)
//
void LCD_init3() {
    LCD_init(3);
}

// LCDの初期化(5V)
//
void LCD_init5() {
    LCD_init(5);
}

// LCDモジュールの画面をクリア
//
void LCD_clearScreen(void) {
    LCD_writeCommand(0x01);                // Clear Display
}

// LCDモジュール画面内のカーソル位置を移動
//    col : 横(列)方向のカーソル位置(0-15)
//    row : 縦(行)方向のカーソル位置(0-1)
//
void LCD_setLocate(int col, int row) {
    static int row_offsets[] = { 0x00, 0x40 } ;
    // Set DDRAM Adddress : 00H-0FH,40H-4FH
    LCD_writeCommand(0x80 | (col + row_offsets[row]));
}

// LCDにデータを1バイト出力
//      c :  出力する文字データを指定
//
void LCD_putChar(byte c) {
    LCD_writeData(c);
}

// LCDに文字列データを出力
//    str :  出力する文字列
//
void LCD_putString(byte *str) {
    while(*str) LCD_writeData(*str++);
}

ライブラリインタフェースはコメントのとおり

ヘッダーファイルの

#include "Arduino.h"

を,忘れがちなので忘れないようにする事

(追加:2017.01.22)

C++に書き換えた

注意点
  • コンストラクタで電圧の指定とかやってみたが上手く動作しないので保留(現状はsetup()を呼び出す仕様)
  • 割込み禁止で使うとハングアップするようだ
  • C版も使用しているので名称を変更

AQMI2CLCD.h

//秋月電子通商 I2C接続小型キャラクタLCDモジュール
//    AQM0802A-RN-GBW(8x2行)
//    AQM0802A-FLW-GBW(8x2行,バックライト付)
//    AQM1602XA-RN-GBW(16x2行)
//
//Sitronix ST7032 CONTROLED
//    電源電圧:2.7~5.5V
//    インターフェース:I2C
//    I2Cアドレス:0x3E
//    I2Cスピード: 最大400kHz
//    使用可能温度:-30~+85℃
//
#ifndef _AQMI2CLCD_H_
#define _AQMI2CLCD_H_
#if ARDUINO >= 100
 #include <Arduino.h>
#else
 #include <WProgram.h>
#endif

#define AQMI2CLCD_ADDR 0x3E

class AQMI2CLCD {
    public:
//        AQMI2CLCD();
        void setup();
        void setup(int);
        void clearScreen(void);
        void setLocate(int, int);
        void putChar(char);
        void putString(char *);
        void putString(int);
};

#endif /* AQMI2CLCD_H */

AQMI2CLCD.cpp

//秋月電子通商 I2C接続小型キャラクタLCDモジュール
//
// コンストラクタ
// void AQMI2CLCD()
//
// void setup
// void setup(int)
//        3        - LCDの初期化(3.3V)
//        5        - LCDの初期化(5V)
// void clearScreen    - LCDモジュールの画面をクリア
// void setLocate    - LCDモジュール画面内のカーソル位置を移動
// void putChar        - LCDにデータを1バイト出力
// void putString    - LCDに文字列データを出力
//
#include <AQMI2CLCD.h>
#include <Wire.h>

//AQMI2CLCD::AQMI2CLCD() {}

// LCDにコマンドを送信
//
static void LCD_writeCommand(byte command) {
    Wire.beginTransmission(AQMI2CLCD_ADDR);    // スタートコンディション
    Wire.write(0x00);                        // control byte の送信(コマンドを指定)
    Wire.write(command);                    // command byte の送信
    Wire.endTransmission();                    // ストップコンディション
    delay(10);
}

// LCDにデータを送信
//
static void LCD_writeData(byte data) {
    Wire.beginTransmission(AQMI2CLCD_ADDR);    // スタートコンディション
    Wire.write(0x40);                        // control byte の送信(データを指定)
    Wire.write(data);                        // data byte の送信
    Wire.endTransmission();                    // ストップコンディション
    delay(1);
}

// LCDの初期化
//
static void LCD_init(int volt) {
    Wire.begin();

    delay(100);
    LCD_writeCommand(0x38); delay(20);        // Function set
    LCD_writeCommand(0x39); delay(20);        // IS=1
    LCD_writeCommand(0x14); delay(20);        // Internal OSC frequency

    if(volt == 3) {
        // 3.3V
        LCD_writeCommand(0x73); delay(20);    // Contrast set
        LCD_writeCommand(0x56); delay(20);    // POWER/ICON/Contrast control
    } else /* if(volt == 5) */ {
        // 5V
        LCD_writeCommand(0x7A); delay(20);    // Contrast set
        LCD_writeCommand(0x52); delay(20);    // POWER/ICON/Contrast control
    }
    LCD_writeCommand(0x6C); delay(20);        // Follower control
    LCD_writeCommand(0x38); delay(20);        // Function set
    LCD_writeCommand(0x01); delay(20);        // Clear Display
    LCD_writeCommand(0x0C); delay(20);        // Display ON
    LCD_writeCommand(0x06); delay(20);        // Entry Mode
}

// LCDセットアップ
//
void AQMI2CLCD::setup() {
    LCD_init(5);
}
void AQMI2CLCD::setup(int volt) {
    LCD_init(volt);
}

// LCDモジュールの画面をクリア
//
void AQMI2CLCD::clearScreen(void) {
    LCD_writeCommand(0x01);                // Clear Display
}

// LCDモジュール画面内のカーソル位置を移動
//    col : 横(列)方向のカーソル位置(0-15)
//    row : 縦(行)方向のカーソル位置(0-1)
//
void AQMI2CLCD::setLocate(int col, int row) {
    static int row_offsets[] = { 0x00, 0x40 } ;
    // Set DDRAM Adddress : 00H-0FH,40H-4FH
    LCD_writeCommand(0x80 | (col + row_offsets[row]));
}

// LCDにデータを1バイト出力
//      c :  出力する文字データを指定
//
void AQMI2CLCD::putChar(char c) {
    LCD_writeData(c);
}

// LCDに文字列データを出力
//    str :  出力する文字列
//
void AQMI2CLCD::putString(char *str) {
    while(*str) LCD_writeData(*str++);
}
void AQMI2CLCD::putString(int n) {
    char bf[16];
    sprintf(bf, "%d\0", n);
    char *str = bf;
    while(*str) LCD_writeData(*str++);
}

予告なく改良

ページ移動

  • ページ
  • 1
  • 2
  • 3

ユーティリティ

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着エントリ

新着コメント

過去ログ

Feed