エントリー

2018年12月の記事は以下のとおりです。

フレッツ光ネクストへ移行し酷い速度になる

これまで「フレッツ光プレミアム」だったがサービス終了するということで,しかたなく「フレッツ光ネクスト」へ移行することになる

正常稼働しているのを何らかんだと変更しなければならないため問題が発生することは覚悟しなければならない

また,移行費用は無しということだが,装置構成が変わるため準備として既に2K程度を出費する必要があった

移行は工事担当が来ない方法で12/2に回線移行を実施

やはりというか先ずDNSで問題が発生し12/3の21:00頃にようやく復旧

何故かネットには情報が乏しいのでので記録に残しておこうと思う(追記の可能性あり)

基本工事

NTTが言う工事は単に装置を繋ぎ直すだけで(はっきり言って)大した事はしない

繋ぎ直す装置はCTU(100M)+ VoIPアダプタを,HGW(RT-500MI)にするだけである

IMG_20181204_195002937.jpg

HGWの初期化

機器の接続切替を行い電源ON,しばらく置いておくと自動で外部アクセスまで可能になるよう設定される

ここまでで光電話が繋がるようになりインタネット接続もできるようになる(一応電話が優先のようだ)

サーバのための設定

以下,ローカル環境のための設定となり各設定も移行(再設定)させる

・静的IPマスカレード設定

ポート単位にパケットの受け渡し先を指定する(80や25等)

静的NAT設定の設定でも可能だしワンタッチ設定もある

ただしIPマスカレード設定が優先のようだ

・DHCPv4サーバ設定

プライベートIPのリリース設定

・固定IP設定

Webサーバ等,固定IPにしないと都合の悪いサーバのIP設定(MACアドレスと対比付ける)

DHCPの振り出しIPしか固定化できないので注意(なんちゅう仕様だ)

・IPv4パケットフィルタ設定

CTUでは全ポートがフィルタリングされていたためポート単位に方向を許可していたがHGWでは必要ないようだ

同じかと思って設定しようとしたが必要ないことが判る(当たり前だろうけど)

・DNS設定

ローカルIPからのアクセスを可能とするためローカルDNSへ振替できるようにする

この設定は(考えられないことに)IPV4もIPV6で入力しなければならず,IPV4をIPV6に変換して入力するとIPV4の表示になるという信じられないクソ仕様,そして編集しようとするとIPV4の文字列のままなのでそのままだと入力エラーとなる(設計者のレベルが・・・)

しかもまったく動作しない・・・なのでローカルIPからWebサーバへアクセスできないし気象データも収集できなくなった

調査したところローカルDNSサーバに問い合わせが来ているのだが引くための名前が無い

これはHGWのファームウェアの問題だろうとNTTへ問い合わせしたところ「同様の問題の問い合わせはない」と言ってきたので当方だけの問題なのか?(ドメイン持っていてサーバ公開している人でないと関係ない話ではあるが・・・)

対応した担当も機器を変更すれば解決するかもしれないなどと言ってくる位のレベルだ

どうせNTTは調査するつもりは無いだろうと思っていたし,調査しても対応までかなりの期間を要するだろうから他の方法で解決させることにした

(プライマリDNSをローカルで構築してあるDNSにする)

HGWのDHCPサーバはDNSの指定ができないためまずはDHCPサーバを構築(HGWのDHCPサーバがカスなので丁度良かったかもしれない)

別サーバを建てる方法が良いが急を要するのでWebサーバで兼用

①②のためサーバと操作クライアントPCを固定IPにする

②LAN上でDHCPサーバが複数あると酷い目に合うので停止

③DHCPサーバを構築して起動

④確認

フレッツ光ネクストへ移行後

覚悟はしていたが回線速度は最悪

  • ダウンロードが遅い(5分位で終わっていたことが2時間経過しても終わらない3時間経過しても終わってない)
  • ストリーム映像は止まり見れたものでない
  • リアルタイムが必須のネットワークゲームはラグが発生
  • タイムアウトでサイトが参照できない事が頻繁に発生(この件は移行の数日前から発生していた)

これまでやっていたことは遅延発生のためままならなくなってしまった

こんなクソ回線に月¥7200を支払うのは馬鹿げている

酷いことにNTTは改善要求を総務省から受けているそうだが何もしてないそうだ

総務省から NTT 東西に対する要請

  1. トラヒック増加に対応するための網終端装置の円滑な増設の確保
    既存網終端装置増設メニューの増設に係る基準又は条件の基本的事項を、円滑なインターネット接続を可能とする見地から定めること。
  2. 1により定められた内容がその認可の後速やかに適切に実施されるよう、インターネット接続のトラヒックが増加していることを考慮し、接続事業者・関係団体の 意見・要望を十分参考にしながら、既存網終端装置増設メニューによるトラヒック 増加への対応の方法について検討し、適切な対処を行うこと。

早期の改善は絶望的だろう

年末でネット利用が多いため少し様子をみるが,このままでは別の接続方法を考えないといけない

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

タグクラウド

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

Feed