エントリー

カテゴリー「3Dプリンタ」の検索結果は以下のとおりです。

XY-2 ProのFANを交換

年末からXY-2 Proを使っていて気付いたのだが,3Dプリンタがあると電子工作品のケースの事を考えなくて良い・・・というかケースの事を考えるのだけど3Dプリンタでケースを設計するのも楽しみとなり最悪は単なる箱でも良い訳なので楽になった

これが既製品だと単なる箱でも加工の事を考慮して丁度良いサイズを探さないとならないのだがその必要が全くなくなった(実際は耐久性や強度の問題がある)

そこでより快適に使えるようにしようと,まずは喧しいFANを交換することにした

XY-2 Proには4つのFANがあり,電源電圧が24Vなので全て24VのFANが使用されている

IMG_20210114_161022.jpg

次の様に改良した

 
FANの設置箇所 既存のFAN仕様 騒音状態 対処
制御基板 4010 24V

既存を12V静音FANに交換しケースFANとして同じFANを追加

10Vで動作(12V動作では静音でもないので調整)

モータードライバとCPUにヒートシンクを取り付け

電源 6010 24V

既存FANを18Vで動作

サイレントカバーを設置

エクストルーダー 4010 24V 24V静音FANに交換
ファンダクト 4010ターボ 24V 変更なし

以下は詳細となる

制御基板

制御基板を観てみるとケースFANが無くモータドライバを冷却するためFANのビス穴1つで無理やり設置したようになっている(ケースFANでは効果が薄かったためかと思われる)

IMG_20201230_165609.jpgIMG_20201230_165619.jpg

このFANは騒音が酷かったので外して確認してみたところFAN自体は然程の騒音ではなかった

しかし回転時の振動が大きいようなので設置すると騒がしくなったようだ

IMG_20201230_170347.jpg

ケース用FANが無かったのでチップ冷却用とケース排気用との2個のFANを設置することにした

4010で入手し易い12Vを準備していたのでDCDC基板で風量と騒音を確認して電圧を10Vに調整

IMG_20201229_202923.jpgIMG_20201230_175503.jpg

XHコネクタの極性が一般的な付け方と逆になっている点に注意

IMG_20201230_173129.jpg

更にチップにはヒートシンク装着して冷却効果を高めた

IMG_20201230_200646.jpg

電源

電源装置に付いていたFANの騒音は大したことはなく,60mmのため風量が多く風切り音が騒がしく聞こえていたのではないかと思われる

IMG_20210110_202708.jpgIMG_20210110_203105.jpg

そこで24V動作を風量を診て18Vに下げることにした

IMG_20210112_190238.jpg

またケースから出た風を後ろに流れるようにサイレントカバー(Signal Flag "Z"さんを参考にさせてもらった)を取り付けた(元データではXY-2 Proの下側のスペースが足りないのでCuraで高さを12.5mmに変更)

IMG_20210110_210204.jpg

DCDC基板は良い設置場所が無く,最終的に(下側になる)蓋側に貼り付けることになった

IMG_20210114_162435.jpg

6010 12VのFANを準備していたが,既存のFANが故障した時の予備品となる

IMG_20201229_203047.jpg

エクストルーダー(ホットエンドコントロールファン)

最後に交換したFANで後からの注文となったこともあり4010 24V FANを見つけ調達

IMG_20210109_170354.jpg

このFANかなり静音で(必要ないが)七色に変化する

IMG_20210109_171142.jpgIMG_20210109_171157.jpg

既存のFANは制御基板のFANと同じ物だったので騒がしいはずだ

IMG_20210114_170332.jpgIMG_20210114_174742.jpg

交換後は静音となる

IMG_20210114_193101.jpg

ところで七色変化はホットエンド温度上昇後はPWM制御のため赤のままである

ファンダクト(造形物冷却ファン)

ファンダクトのFANはターボファンだが静音だったため交換は見送った

IMG_20210107_204114.jpg

年末に「TRONXY XY2 Pro Double Dragon Fanduct」を見つけており,白い犬えどさんが実装して紹介している

試してみたいので既にPETGで造形して(通常FANでは)交換できるようにはしているが,風量不足が見えているため現在ターボFANを調達中である

IMG_20210103_093036.jpgIMG_20210111_192831.jpg

交換については電源周りの実装や再造形も必要なため調整中となる

おまけ

(感謝)

XY-2 Proのメンテに「Signal Flag "Z"」さん作のメンテ足を利用

IMG_20201230_201111.jpgIMG_20201230_165129.jpg

便利!!

(七色変化FAN)

静音性は凄い

3DプリンターでESP8266開発ボードを改良

3Dプリンタでの制作練習を兼ねてESP8266開発ボードを改良するためのベースを3Dプリンタで作った

開発ボードの問題点

IMG_20201226_152607.jpgIMG_20201226_152641.jpg

  • USBタイプBのコネクタが重みで傾いてしまう
  • 裏側にはゴム足を付けて浮かせてあるが配線がむき出し
  • ZEROソケットを付けたためブレッドボードが扱い難くなった
解決するためベースを設計

IMG_20201226_152951.jpgIMG_20201226_153000.jpg

開発ボードを載せるベースを3Dプリンタで作製するため開発ボードなどのサイズを測定してラフスケッチ

3D印刷

3D作図には「FreeCAD」を使用

IMG_20201227_999901.png

PLAで少し強度が必要なのでインフィル40%で印刷

IMG_20201226_222855.jpgIMG_20201226_222921.jpg

ベースは厚みを2mm,ボードの下駄は3mm

裏に足を付けても良かったがサポート無しにしたかったのでベタにしたらビルドテーブルから剥がすのが大変だった

IMG_20201227_160342.jpg

開発ボードを載せて完成

なかなか良い感じになった

完成基板との接続ケーブル

電圧ロガーを作製した時,パーツを載せた完成基板を使って調整やデバックするため開発ボートとピンケーブルで接続したが,これを簡単にできるケーブルを作った

IMG_20201227_160459.jpg

以下のように接続して使う

IMG_20201227_160806.jpg

3Dプリンターで初印刷

予定通り「TRONXY XY-2 Pro」3Dプリンターを組み立て印刷した

IMG_20201220_133904.jpg

組み立て

組み立ては取説(2P分)通り,大きな2つのパーツをビス止めし,そこに小さな2つのパーツを止め,

IMG_20201219_161727.jpgIMG_20201219_161944.jpg

2つの結線を行えば完了

IMG_20201219_173246.jpgIMG_20201219_173227.jpg

コントロール画面のケーブルは外側を経由させた方が良く

IMG_20201219_173309.jpgIMG_20201219_173453.jpg

電源プラグは3Pなので変換が必要かもしれないがアースしないのであれば取ってしまえば良い(ペンチかプライヤーで簡単に取れる)

電源投入と調整

電源投入して動作確認,ファームは「XY-2 PRO-LM8 V1.1」だった

IMG_20201219_195557.jpg

マニュアルでヘッドを上下左右にスムーズに移動することを確認しテスト印刷する

印刷前にレベル調整と行うのだが,どうやらセンサーの感知機能に問題があるようでヘッドがビルドプレートの直前で止まらず押さえつけてしまった

慌ててレベル調整を止めたがビルドシートが(印刷に影響するほどではないが)少々凹んでしまった

何度がやってみて必ず発生することではない(発生頻度は少ない)ことは確認したがこれでは監視していないと危ない

尚,レベル調整は左手前が基点となり高いと+低いと-で表示される

調整用のビスは下からなので,+なら右回転で下げ-なら左回転で上げることになる

初期は傾きが大きいようで初回の調整は根気のいる作業となった

初回印刷

3Dプリンターのベンチ用印刷物として定着している「ボート」を印刷

IMG_20201219_212132.jpg

印刷中のモーター音は,確かに静かであるがFANの音が酷い

モーター音が静かだからFANの音がうるさく感じるのではなくFANそのものが粗悪品と思われる

スライサーは添付の物ではなく日本語化されている「Ultimaker_Cura-4.8.0」を利用

XY-2 Proのプリセットがあり標準で調整しなくても印刷結果は綺麗なものとなった

TRONXY XY-2 Pro 3Dプリンターを購入した

遂に3Dプリンタを購入

2年位前から欲しいと思っていたけど騒音や置き場所がないなどの理由で必ずしも必要で無かったため購入を見送っていた

ところが数週間前にFDM式(光造形も検討したがパス)の3Dプリンタでも静音であるとか基板交換で静音化できるということを知り妙に欲しくなりなんとか置き場所を確保

しかし静音なのは20K以上はするので躊躇していたところAmazonで「TRONXY XY-2 Pro」が10Kオフ(12/13~末まで)なのを見つけた

IMG_20201213_000001.png

静音であり価格の割に綺麗なため購入者も多く情報も豊富であることを確認

早速注文して本日届いた

IMG_20201213_194611.jpg

本日は仕事があったので中身のみ確認するのみとして,次の休み(土日)にでも組み立てテスト印刷できるように情報を仕入れておこうと考えている

IMG_20201213_194733.jpg

年末年始休みの楽しみにできるかな

(追記:2020.12.25)

何時からなのか更に1K安く11Kオフになっていた

IMG_20201226_999901.png

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着コメント

Re:Tomzon D65の初飛行
2021/01/16 from admin
Re:Tomzon D65の初飛行
2021/01/16 from 権限がありません
Re:インタネット接続障害(記録)
2020/04/05 from admin
Re:インタネット接続障害(記録)
2020/04/04 from 高田
Re:デサルフェーターを製作
2020/03/04 from クラブマン

過去ログ

Feed