エントリー

カテゴリー「未分類」の検索結果は以下のとおりです。

トイレの水漏れ補修

  • 2022/04/23 16:51
  • カテゴリー:未分類

トイレのタンクから水漏れが発生

何年か前に同じことが起きていて仮補修して忘れていたが,ボールタップの手洗い用の水出し部分が破損していて水が噴き出しタンクの隙間から水漏れが起きていた

前回は破損部分を水配管用のエキシポ系の固め剤で水漏れしないように固定したのだが限界がきたようである

(破損していたボールタップ:先日追加の仮修理のため水が拡散しないようサランラップをワイヤーで固めている)

IMG_20220423_163322.jpg

今回はトイレの型番をTOTOの品番確認(古い物でも判るようになっている)で調べ交換部品をAmazonにて調達

IMG_20220423_155600.jpg

現物は手洗い付きタンクなのだが,手洗い放水無しのボールタップを購入(こちら

パッキンは同時に交換した方が良いらしいので購入(これは必須かと),フロートバルブも怪しかったので購入した(こちらは問題なかったので使用せず保管)

交換方法はYouTubeに説明が(こちらなど)沢山あるので助かる

IMG_20220423_162626.jpg

さほど難しい訳でもないので,工事ができる人なら10分もあれば完了可能(水弁が回り難くなっていて大変かもしれない → 逆回しや浸透油を活用の事)

IMG_20220423_163249.jpg

動作確認段階で購入した新しいフロートの形が周辺に接触して浮きあがりが悪いようなので旧フロートを利用した

ナショナルの毛玉取り(ER858)を修理

  • 2022/01/22 17:21
  • カテゴリー:未分類

かなり昔に購入したナショナル時代の毛玉取り(型番:ER858)が動かなくなっていたので修理する

IMG_20220122_162955.jpg

充電式なのでおそらくバッテリーの壽命

ネジ3個が見えていて簡単に開けられるかと思いきや下部のプラグ部分の嵌め込みがキツクて無理やりとったという感じになった

IMG_20220122_170149.jpg

バッテリー部分はネジ1個あり簡単に開いた

IMG_20220122_171028.jpg

使用バッテリーはNi-Cd(インドネシア製)が1本で100Vからの充電はトランスと2次側にダイオードが1個付いていたので13~14Vあたりへ変圧して半波整流で充電という仕組みのようだ

充電のために100Vプラグをスライドして出すと回路が切り替わるようになっている

また,掃除のためヘッドを外して刃の部分が見えるようになると安全のためモーターとの接続が切れスイッチを入れても回転しないようになっていた

IMG_20220122_171303.jpg

単3サイズのようなので手持ちのセリア充電池「VOLCANO(ボルケーノ)」に交換

IMG_20220122_171314.jpg

ささっと終わらせたかったので本来はスポット溶接すべきのところを半田付けした

バッテリーの極板をヤスリで削り予備半田しておけば簡単に付く

IMG_20220122_174707.jpg

元に戻し,充電時に漏電や異常が起きないか確認して完了

IMG_20220123_092425.jpg

問題なく利用できている

下肢閉塞性動脈硬化症

  • 2021/12/01 11:00
  • カテゴリー:未分類

難しい病名だが,ようするに脚の動脈の途中が詰まり足に血液が流れにくくなる症状(静脈の場合は別名)

11/30にカテーテル治療し完治(中なので)しようとしている(29日入院,1日退院)

折角体験したので辛かったところなど記載する

カテーテル治療はカテーテルと呼ばれる細い管を腕か脚の血管から通し狭くなった血管を風船で膨らませステントで補強する治療法で手術自体は辛いものではない

  • 麻酔はカテーテルを挿入する部分だけ(その挿入部分の血管が痛いけど)
  • 手術中の痛みなど苦痛があれば伝えられる
  • 手術時間は1時間程(拙者の場合は1.5H)
  • 麻酔がないため意識もあり自由であるけど体は動かせない(動かすのはまずいと思う)
  • 手術台は狭い(1人乗る幅しかない)
  • 周りは最先端の装置ばかり(血管をCT投影しながらの手術なので理解できる,イージス艦の様なレーダーが2つ円で迫ってくる→3Dのためだね)

術後,拙者の場合,腕からカテーテルを入れたので腕の血管の止血を行うことになる

この時,使用される止血器が辛い

IMG_20211130_182616.jpg

圧を掛けて出血しないようにするのだが指先に血が流れないため手が冷たくなり腕が利かなくなる

段々と出血具合を診て圧を下げていくので(人によるが)1時間位で大丈夫の場合が多いらしい(だが)

拙者の場合,止血具合が進行せず,結果的に約20時間止血器をつけっぱなしとなる(当然ながらまともに眠れない事態に)

IMG_20211201_072241.jpg

約20時間後,止血器が取れたが血糊が凄く,腕はまったく動かせない程になっていた

2時間後には痛みはあるものの(なんとか)動くようになり車の運転はできたので自宅へ戻る(ATじゃないと無理だったかな)

1日経過後,痛みは残るが自由には動かせる程度,内出血は(今に消えるけど)まだある

IMG_20211202_192926.jpg

(内出血は12/20頃ようやく消え,痛みもほとんどなくなる)

以下は初期から経過など

初期症状

症状がに気付いたのが2か月前で,3Fまで階段を昇ろうとして足の異変に気付く

若くないので階段を昇ると辛いのは誰もが同じであるが息切れするのではなく脚が重くなり股や腰に痛みが生じた

腰でも悪くしたのかと当初は思いつつ,月一で薬を処方していただいている内科で伺ってみると血管閉塞の疑いがありABI検査を行い,左足に問題ありが判明し大病院にて血管検査を指示された

ABI検査:両手両足首に血圧計を巻き四肢の血圧を同時に測り,ABI(足関節上腕血圧比)とPWV(脈波伝播速度)を測定

血管異常でも解決しない症状があることから整形でも確認したところ左足の神経圧迫が椎間板で起きている判明(こちらはリハビリテーションで痛みを和らげるしかないようだ)

外科治療

紹介された(行きつけの大病院の)外科で治療

CTにて(造影剤)血管検査し3D映像で見せてもらったところ腰あたりの左足血管の途中で詰まりが判明

詰まっている場所や進行によって治療が異なる旨の説明を受けた

  • 人工血管で繋ぐ手術
  • 血管のバイパス手術
  • カテーテル治療(手術ではある)

CT画像の確認と追加のエコー検査にてカテーテル治療が可能であることが判る

カテーテル治療以外は外科となり切る手術が必要で回復まで日数が掛かる

これがひと月前となる

そして,カテーテル治療日は病院側や医師の都合もあり治療日は11/30となる

内科治療

血管治療のCT検査であったのだが,なんと大腸のポリープが見つかる

急遽,内科へ通知され内視鏡による検査を行う(この時,本心それなりの覚悟があった・・・)

11/4 大腸内視鏡にて2つのポリープの切除(1個は20mm以上あった)

後日・・・悪性でないことを通知される・・・生きたね(ってホント思った)

カテーテル治療まで

治療まで辛い日が続く(実際,段々と辛くなる)

  • 歩行にて(階段昇降では急速)
  • 脚が動かなくなり痛くなる→2,3分で回復
  • 更に歩行すると足の付け根あたりや腰が痛くなる→回復に5分位掛かる
  • それでも更に歩行すると腰の中が猛烈に痛くなる→こうなると口も利けない位の痛さでと暫く回復しない

プラダンで結露対策してみる

  • 2021/01/09 19:58
  • カテゴリー:未分類

毎年の事ではあるが,今年は10年ぶりの寒さのためか結露がいつもより凄い

数年前までプチプチで対処していたが何年も経過してボロボロになって取れてしまった(綺麗に取れなくて苦労したが・・・)

IMG_20210109_145101.jpg

そのため結露だけでなく断熱効果も失い窓からの冷気が厳しい

そんなところへYouTubeでプラダン(プラスチック段ボール)で二重サッシとか結露対策・断熱効果などのコンテンツを観て,プラダンはプチプチより高価であるが腐食しにくいところからコストは良いかもしれないと思い(まずは1つ)試しに実行することにした

IMG_20210109_145144.jpg

プラダンをダイキで購入

1間サイズが欲しかったのだけど透明(クリア)が無かったので半間サイズをチョイス(人気あるのか?あんまり在庫なかった)

IMG_20210109_145221.jpg

1枚では足りないので2つを必要サイズにカットする

カットの前に窓に照らしてみて線状を縦にするか横にするか確認すると横(水平が線状になる)のほうが(見た目)気持ちが良いようだ

カットはハサミでは厳しいようでカッターが良い(下に紙の段ボールを敷いて慎重に我慢して何度か繰り返せば切れる)

IMG_20210109_145527.jpg

窓への貼り付けは両面テープを使う

IMG_20210109_145914.jpg

この両面テープは透明で窓に貼った後見えにくいし剥がしやすいし粘着も残りにくいようだ

実はテープが不足したため,もう片方の窓に100均テープを使用したら酷いことになってしまった・・・

IMG_20210109_151408.jpgIMG_20210109_165239.jpg

2枚を合わせて貼り付ける合わせ目には両面テープを使用しなかった

IMG_20210109_165254.jpg

両窓に貼り付けて完成

結果と注意点
  • 後から貼り付けた左側の窓は作業が夕方になり水滴が取り切れない状態で付けたため綺麗に貼り付いていなかった → 次の日に貼り付け直した(プラダンだと何度でもやり直しできそう)
  • つまり貼り付けの際は窓の水分を十分に無くすようにする事
  • プラダンの内部に水が入ってしまったので上側は塞ぐようにした方が良い(テープで塞ぐ?シーキングが良いか)
  • プラダンのサイズが足りなかったので2枚を繋いだが隙間から水滴が入るので貼り付け前に1枚に繋いだ方が良さそうである(1枚物があればそちらをチョイスすべき)
  • 温度差が激しいため結露を無くことはできなかったが結露する量は減ったと思われる
  • 窓からの冷気がかなり減ったと感じ断熱効果はあった
  • 光の偏向はあるが透明度は高いので特に暗くなったとは感じない
  • プラダンには裏表があり表からの光は紫外線カットの効果が高いとの事(説明書に書いてあったのに気付かなかった)
  • 両面テープを使用する場合はテープの質に注意した方が見栄えが良くなる

ページ移動

ユーティリティ

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

過去ログ

Feed