エントリー

カテゴリー「車」の検索結果は以下のとおりです。

自動車事故

  • 2019/04/20 18:50
  • カテゴリー:

4/20 13:50頃に事故で負傷,救急車で病院へ搬送され入院,詳しくは後日

=== 以下はの追加記事 ===

4/27 記事編集できるまで回復したので追加し始める

筆者はこのような事故は初であり(当然ながら)知りえない事もあったので,少しでも同じような方に役立つよう基本的に示談が完了するまでここに記録していくつもりである

尚,編集途中での公開もありうるのでご了承願う

(事故概要)

国道11号を自家用車で移動途中赤信号のため減速して停止寸前に後方から3tトラックが追突し反動により前方に停車中乗用車に追突する玉突き事故

(事故責任)

当方と前方停車中の方の過失は0で,100%3tトラック運転手となる(加害者および警察も承知事項)

(当方の被害)

肋骨3か所と胸骨骨折1か所,右上腕部打撲(後で肉離れが判る),当日緊急入院処置

自家用車はエアバックも動作して修理困難レベル

IMG_20190425_162833614_HDR.jpgIMG_20190425_162840973_HDR.jpgIMG_20190425_162846832_HDR.jpgIMG_20190425_162856364_HDR.jpg

骨折と打撲程度の怪我で済んだのをラッキーと思っている

(人身事故として処理)

筆者が負傷しているため人身事故となる

警察は最初(入院中に連絡がきて)人身でなく物損として処理するかって聞いてきたので酷い話だ(後で速攻で勘違いだったと連絡あったけど)

>この警察の話が理解に苦しんだので,すぐ自身契約の損保に伺ったところそれはおかしいって言われた

【知っておいたほうが良い】

警察の事故の扱いとして「人身事故」と「物損事故」がある

人身事故は刑事が入り加害者を処分(減点と罰金など)する

物損事故は点数の減点とか罰金はないし実況見分もなくなる

被害者側から見ると人身事故でないと慰謝料は請求できない

人身事故か物損事故かは被害者が警察に届けることになり人身事故にするためには医師の診断書が必要となる

最初に物損事故とした場合(期間はあるが)後で人身事故にできるが一度人身事故にすると物損事故にはできない

ここで問題と思ったのは,加害者は(免許を維持するためや政治的な立場を保持するために)本来は人身事故でも軽い場合は物損事故にしてくれないかと話しを持ってくることである

損保もそれを認知しており,物損事故となっても人身事故レベルの保証を低程度で行うらしい(これは加害者と損保が得をするようだ)

警察はその事実を知っていようで警察経費も下がるからもあるが,このような事を勧める行為はやめるべきじゃないのかと思う

(示談交渉)

交渉継続中で4/26時点の感想は以下のとおり

日本では「事故被害者は損をする」ようになっているようで悲しい話である

また加害者の損保がどこかということや担当者で辛い思いをすると思って良さそうだ

どこも金額的には同じ位にはなると思うが少なくとも交渉ののやり方で違うのだろうなって感じである

今回,相手は「あ◯お◯ニッ◎イ△和」で,あまり評判は良くない

車を壊しておいて相場でxxだからとか少し色付けたから我慢しろって感じである

そして担当者は逆なでするような言動に少しでも文句をいうと逆ギレまでする始末

もう相手するもの嫌になったので弁護士にお願いすることにした

ドライブレコーダーの電源部を改良

  • 2018/08/26 13:53
  • カテゴリー:

ドライブレコーダーを取付稼働してからバックギアにすると電源が切れる現象が発生していた

単にバックライトが付くとかで電力消費が激しく電圧降下が発生しているのだろうと思っていたが,バッテリー電圧の状況からどうやらバックギアの際は充電用モータが作用せずバッテリーが充電されてないのではということが判明した

なので,バックギアにするとバッテリーのみで電気系が動作するため12Vから12V未満になる(停めた時の開放電圧は12.8V位なのでバッテリーの異常ではない)

これってバックで延々と走行するとバッテリーが上がり停止するってことだな

(まぁこれはおいておいて)

ドライブレコーダーの電源切れはイライラするのでアクセサリー電源がONになったらサブバッテリーもONにする方法で改良した

車載装置電源SW_改良1_回路図.png

  • D2とD3のOR回路でQ1を駆動
  • R4とR5は電流を抑えるため入れてみたが本来は必要ない(Q1の耐圧も20Vある)
  • Q1の寄生ダイオードのためアクセサリー電源ONでサブバッテリーの充電が行われていたが更に電圧アップの充電となる

OR回路の出力電圧を確認をしてボードに追加

IMG_20180822_212201343.jpg

これで完了かな

基板の更新でフロントカバーを外すのにビス止めがあったのを忘れていて無理やり外すことで破壊してしまう寸前だった(注意)

アーシングの効果を探る

  • 2018/08/12 11:30
  • カテゴリー:

車用アーシングというチューンがあるが効果を探るため抵抗値を調べてみた(アーシングについてはこちらの説明を参考に)

プロが施工すると効果のあるやり方はあるのだろうが,電気的にみるとつまりはバッテリーのマイナス端子間との抵抗値がどうなのかってことなので,実際に抵抗値を計測してみれば効果を出せるかどうか判断できると考える

早速,簡易低抵抗計で以下の5点を計測してみた

IMG_20180811_111250727.jpg

結果は全部0Ωだったので(この間を)アーシングしても変わらないということになる

IMG_20180811_111524819.jpgIMG_20180811_111600613.jpg

IMG_20180811_111622007.jpgIMG_20180811_111643777.jpg

IMG_20180811_111730972.jpg

今回はここまで

ドライブレコーダー(駐車録画機能)

  • 2018/07/29 20:34
  • カテゴリー:

現状の電源ラインに合わせ改良して取り付けた

エンジンを切っても録画を続ける機能は「駐車監視」「駐車記録」「駐車録画」等と呼ばれているようなので,今回から「駐車録画」という用語を使うことにする

改良

ETC電源SW回路は単独で使えるのとドラレコ電源ボードの位置を自由にできるため外付けにした

ここからアクセサリー電源とシャーシアースを取り出すようにしている

IMG_20180728_175812811.jpg

エーモンのプッシュスイッチにはPHコネクタを付ける

IMG_20180729_115817802.jpg

ドラレコ電源ボードは追加分もあり改良した

IMG_20180729_110339931.jpg

  • 駐車録画(サブバッテリを使うかどうかの)スイッチ(FET回路)を追加(自宅駐車等,記録する必要がない場合もあるため)
  • 上記スイッチのためサブバッテリコネクタを移動
  • ヒューズを2.2A切のポリスイッチに変更
  • DCDCボードが振動で外れないようビス止め(上)+テグス止め(下)で対応
最終回路(過放電防止回路は除く)

車載装置電源SW_回路図2.png

取付

ボードは両面テープで張り付けることにしてボードの裏面を(余っていた)アクリル樹脂板をビス止め

IMG_20180729_110427302.jpg

フロントスイッチ部奥の空きに張り付けた

IMG_20180729_141432710.jpg

ごちゃごちゃとしたケーブルをケーブルタイでまとめて収容し動作確認して完了

IMG_20180729_134509077.jpgIMG_20180729_134538246.jpg

IMG_20180729_134524032.jpgIMG_20180729_142438198.jpg

正面から観たドラレコ

IMG_20180729_154754883_HDR.jpg

尚,サブバッテリは700mAの物ならドラレコ電源ボードの横にでも固定設置できたが,もう少し容量の大きいのを使いたかったので今回は設置しないでサブバッテリ接続用ケーブルを引き出している

稼働後

稼働5日間で判明したこと

  • バックギアにすると大きな電圧降下が発生しドラレコの電源が切れる(VF分の0.5Vがあるため12V未満で切れることになる)
  • 駐車録画ON(サブバッテリ使用)なら電圧降下による電源切れは発生しない(サブバッテリの状態次第ではある)
  • 12V700mAhのバッテリーで90分の駐車記録が出来た(DCDC効率80%として消費約900mA≒仕様1A)

ポータブル電源(利用頻度が低い)で使用していた12V7.2Ahのバッテリー(秋月購入)を取り出して付けた(前のが不良となり去年入れ替えたバッテリーで新しい)

IMG_20180804_132739876_LL.jpg

12時間は駐車録画できると試算する

(改良案)

電圧降下が発生しドラレコの電源が切れる現象

→ アクセサリー電源がONになったらサブバッテリーもONにする(アクセサリー電源ON or 駐車録画ONでサブバッテリーON)

ページ移動

  • ページ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

ユーティリティ

タグクラウド

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着コメント

過去ログ

Feed