ページ移動

エントリー

カテゴリー「マザーボード」の検索結果は以下のとおりです。

Highrise City で100万人達成

先月から「Highrise City」を始めて何とか100万人都市となった(荒地:37時間)

HRC_Screenshot_2023.10.07-11.51.50.png

「Highrise City」は「シムシティ」の進化版で街を作るシミュレーションゲームである

この手のシミュレーションでは「Cities: Skylines」が有名で,もうすぐ(10/25)にV2が出る予定になっている

こちらも購入予定ではあるが「Cities: Skylines」は(本来の)街作りシミュレーターにゲーム要素を追加した物なので多少勝手が違い街を創造する感じとなる(駐車場など細かいとこまで設定可能)

「Highrise City」はゲームとして評価も高かったので始めてみた訳である(この手のゲームは非常に時間を費やすので暇でないとできないけどね)

(ゲームニュースサイト)

https://www.4gamer.net/games/590/G059051/20230905005/

https://automaton-media.com/articles/newsjp/20230830-262203/

メモリを追加

以下のスペックで開始

  • Windows11(22H2)
  • i5-12400F,16GB
  • Goforce1060 6GB 2560x1440

「Highrise City」を動作させる条件は満たしてはいたのだが最初は10万人規模になったところでメモリ不足にてフリーズ

画面の設定をデフォルト(高画質)から(普通)にして動作オブジェクト10000を5000にすれば60万人まで問題なし(最初は60万人で不具合があり止め)

ここでメモリの状態を確認したところ

MEM16-01.png

ゲーム中は約12GB使用であった

Windowsでは実装16GBで1.5倍の24GBまでは問題なく利用できるようになっているようだがギリギリなのでメモリを増やすことにした

というのも半導体不足なのにメモリ価格は下がっていて去年16GBの価格で32GBが購入できたからである

IMG_20231007_125405.jpg

実績があるので同メーカ品を選択(別メーカに更に安価なメモリもある)

遂に実装メモリが32GBになった(思えば1994年の初代Pentiumの時にはSIM8MB×4枚の32MBで使用,1枚35kだったのでトータル140k,この時のHDDが1.2GB)

同じ60万都市で確認すると

MEM32-01.png

約15GB使用で余裕あり,100万人達成時も変わりなかった

32GBメモリになって自動バックアップの時間も短縮された感じがするので効果はあるようだ

(2023.10.9追加)

200万人達成したが最小レベルの設定でも頻繁にダウンするため止め

HRC_Screenshot_2023.10.10-01.14.55.png

メインPCをCore i5 12400Fに更新(ソフト編)

大変な時間を費やしたソフト編

システムのクローン

ソフトウェアは再セットアップが大変なのでそのままの状態で移行したい

これまでOS込みのシステムコピーで最悪でもOSの修復することで移行できた

今回も同様な方法で移行しようとクローンソフト「Macrium Reflect8」を利用(M.2からM.2へのクローンとなるのでM.2外付けケースを準備)

(参考)クローンソフトMacrium Reflect8の使い方をわかりやすく説明

日本語になっているので判りやすくなっている(が,ちょっと癖があるUIなので操作に注意)

SS20220818_001.png

SS20220818_002.png

クローンの実行は先にSSDで試行してみて次にM.2にコピー(M.2のほうが倍くらい早かった)

ハード更新後の起動

まずはBIOSというかEFIが起動するのでセットアップ・・・と,いってもハードウェア確認と起動ドライブの設定くらい

が,M.2にクローンしたシステムが起動ドライブとして認識しない・・・

しばらく悩み困ったが,クローンしたシステムがMBRだったためであることが判明(このMBはEFI経由GPT起動しか選択肢が無くなっていた)

対処方法を調べたところOS(Windows10起動)上からならGPTに変換できたようだが,セットアップディスクやメンテナンスモードからは不可であることが判る

仕方がないのでクローンは諦めOSの再セットアップ・・・DVDをセットしてクリーンインストール開始

Windows10のセットアップ

10分くらいでDVDからのインストールは完了

起動後MBのドライバーをCDからインストールしてネットワークが使えるようになる

Windows10のDVDの中身は最新なので追加のアップデートもほとんど無く,ほどなくしてWindows11へのアップデートの通知となった

Windows11へのアップデートは後にして(ここから3日間の戦い)まずはWindowsへの設定と必須ソフトウェアの回復

・起動時の自動ログイン

「netplwiz」で設定するのだが,Windows10時のアップデートでレジストリを操作しないと設定不可になっている

「コンピューター\HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\PasswordLess\Device\DevicePasswordLessBuildVersion」を「2」から「0」に変更して「netplwiz」を実行

・デスクトップのアイコン表示

テーマの右に「デスクトップアイコンの設定」がある(良く忘れるので)

・SendToのフォルダー

「C:\Users\<user-name>\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\SendTo」

ここにアプリを設定しておくとかなり便利

・KB,日本語入力

日本語入力の切り替えを無変換・変換キーに割り当てる

昔はキーに対してカスタマイズ設定していたが,Windows10の途中から設定ダイヤログが出るようになった

しかし旧日本語入力システムを使っていた(昔のエディターなどのソフトウェアは新日本語システムだと問題あった)ので簡単には設定できなかった

Windows11でも同じように問題があるが新しい日本語システムにしていくことにした(つまりソフトウェアも更新)

ただし,はっきりいってクソ!(キーマップがめちゃくちゃになることがあり再起動しないと復旧しない)← キーマップなんぞ基本中の基本なのだが

・ファイルの関連付け

ソフトウェア側の設定で関連付けできることが多いが旧ソフトウェアだと正常に関連付けできない場合もある

アプリの関連付け設定で起動ソフトを選択できるのだけどかなり面倒なので関連付けされてない状態でダブルクリックして関連付けしたほうが良さそう

・メール

クラウドなど他人をあてにしたくないので「QMAIL3」を利用している(自身でメールサーバも持ってるし)

まとめてバックアップしたQMAIL3のフォルダーを戻せば設定込みで復旧完了

・ブラウザ

予めDLしておいたFirefoxのインストーラーでインストール後,バックアップしたおいたブックマークを適用

クッキーや自動IDなどは消えたので再度必要時設定する

・タスクバーへの登録

Windows10ではショートカットをもっていけば登録できたのだけどWindows11ではできない

アプリ一覧からアイコンメニュで登録できるようなのだけどできないソフトもあるようだ

(追加)一度起動した状態でタスクバーのアイコンから登録できることが判った

・その他

これまでインストールしておいたソフトウェアの最新版を確認しながら再インストール

CPUの確認
CPU-Z

SS20220818_011.png

ステッピング5でリビジョンH0なので12400F専用に製造されたバージョン

ベンチマーク(クリスタルマーク)

CPUの能力差確認に良いので使っている

(Windows10)

SS20220818_012.png

(Windows11)

SS20220818_013.png

Ryzen1600 → i5 12400F

ALU) 148601 → 266008 180%(約2倍かなと思っていたので・・・)

FPU) 104302 → 148227 140%(フローティングはあんまり延びていないのね)

ビデオのエンコード

35分のビデオのエンコード時間をRyzen1600と比較してみた

x246 AAC:14分15秒 → 08分41秒

x265 AAC:45分27秒 → 18分35秒(他でも評価されているとおりだった)

Cinebench R23

一般に公開されている数値を比較して正常か確認,またCPUクロックの動きとCPU温度を同時に観てみた

(アイドル時)

SS20220818_041.pngSS20220818_042.png

アイドル時はクロックが1.16GHzとかなり落ちる

CPU温度は起動時の最大が45℃(+10℃位)って感じ(尚,室内32℃だった)

(マルチコア)

SS20220818_045.png

スコア「11538」は一般的なのかな(世間では12400前後)

SS20220818_043.pngSS20220818_044.png

クロックは4GHzに張り付いている

どうやら4GHzが(最大)固定のようで,EFIで電力量とか変更してみたけど変わらない → 全コアがそれなりに動作しているのを観てるのかな?

CPU温度は最大でも70℃なので,かなり安全そうだ(虎徹は正解か)

(シングルコア)

SS20220818_048.png

スコア「1700」(世間では1700前後)

SS20220818_047.pngSS20220818_049.png

クロックは仕様では最大4.4GHz(他のコアも動作していたせいなのか?)

CPU温度は最大でも59℃

RAID(ミラーリング)の問題

これはWindows10から発生した問題なんだが,(再を含め)起動するとミラーの同期が行われることが頻繁に発生する

今回の更新にてRAIDの状態は2台のディスクに収められておりディスク管理においてミラーとストライピングディスク位置を認識し回復することができた

しかし変わらずミラーの同期が行われることが頻繁に発生する

SS20220818_031.png

そこで丁度良くディスクの内容が全てバックアップされているタイミングなのでRAIDの設定を(試しに)やり直してみることにした

(実際はどうしても失われては困る内容もあったので非常時以外やりたくないことではあった)

多少,ディスクサイズを変更してRAIDの再設定を行いバックアップから復元

SS20220818_032.png

頻繁に発生していたミラーの同期が(様子見ではあるが)無くなったような感じもする

SDRplay社RSP1クローン

今回,ソフトウェアを最新版に入れ替え,多くは問題なしだったところ一部は最新だとやはり問題が発生している

その1つにSDRplay社RSP1クローンの「SDRuno 1.42」でRSP1クローンの動作には問題ないのだけどHDSDRからは使えなくなる(ドライバーの整合性)

なので動作していたバージョンを使っているのだが,いろいろ調査していたついでに「ADS-B」を確認してみた

専用のアンテナ(1090MHz)は準備してないので既存のアンテナ(HFとNOAA用)で試しにRTL2832を使って受信

SS20220818_021.png

それでも近場は受信

SS20220818_022.png

しかしRSP1クローンでは受信できなかった

折角なので専用アンテナを制作してみようかと考えている

メインPCをCore i5 12400Fに更新(ハード編)

これまでも何度か更新を考えていたが,もう性能が必要なゲームもやらないこともあり十分使用できていた

だが5年も使いシステム自体が怪しくなってきたしWindows11にもアップデートできないので更新することを決心

更新のポリシーはこれまで通り「コスト優先」である

IMG_20220811_172618.jpg

システム移行は,ケースや電源(500W),グラボ,1394ボードは変更ないのでハードウェアの更新は2時間程度で完了,ソフトウェアが結局再セットアップとなり全体で3日間費やす

尚,この記事は更新後のPCで投稿している

プラットフォーム

これまでの資産を活用しないといけないのでx86システムとなる

本来ならAMDにしたいところだがミドルクラスでコスパの良いCPUの発売が遅かったこともあり(久々に)Intelを選択,つまり乗り換えることにした

CPU

IMG_20220812_162715.jpg

AMD Ryzen 5600xと同等性能を発揮するCore i5 12400Fに決定

2022.4に対抗として発売された5600は価格的に論外だったが5500の選択肢はあり最後まで悩んだ

マザーボード

IMG_20220812_161130.jpg

もともとIntelマザーは性能の劣る廉価版は酷すぎで,まともなマザーが高価ということもありトータルコストで敬遠していた

それが戦略的な話もあるのだろうか,性能まずまずの低価格版が出てきたので検討するに値することになる

今回は「ASRock B660M-HDV」を選択(同じチップセットで「MSI PRO B660M-P」のほうが安価でメモリースロット×4であったがM.2が2枚使えることに魅力を感じた)

メモリ

IMG_20220812_162515.jpg

Team DDR4 3200MHz PC4-25600 8GB×2枚(十分であろう)

※)メモリとストレージは多いにこしたことはないが必要以上を求めると青天井になる(本当に多量のメモリが必要なシステムは株式投資などのリアルタイム系システムであろう)

ストレージ

IMG_20220812_161536.jpg

既存,RAID構成のHDDは継続使用

システムパーティションにはNVMe M.2 500GB WD Blue SN570を選択

性能は上げたいと思っていたが,既存のM.2の性能が良すぎたため性能上少しだけの性能アップとなる

(既存)R:3,210 MB/s,W:1,315 MB/s 

(今回)R:3,500 MB/s,W:2,300 MB/s

NVMe M.2用ヒートシンク(銅板タイプ)も購入(以下,装着後)

IMG_20220812_175329.jpg

CPUクーラー

付属のCPUクーラーで十分と考えていたが長期使用のため後から「虎徹 Mark II Rev.B SCKTT-2100」を追加

IMG_20220813_105744.jpgIMG_20220813_105800.jpgIMG_20220813_105808.jpg

冷えそうと思わせる風貌(評判は良いので問題なく冷えるかと)

M.2外付けケース

IMG_20220812_162500.jpg

システム移行用に購入

Windows10ディスク

最悪の事態に備えWindows10をDLしてDVDに書き込み(レーベルはネットから)

IMG_20220816_190916.jpg

その他,即復旧に備えメール環境とFirefoxのブックマーク,内部システム構成を含むドキュメント類をUSBメモリに退避

ハードウェア更新

IMG_20220813_115534.jpg

2時間程度で完了し,この後ソフトウェアの回復となる

しかしmicroATXだと小型なので配線が楽...でもCPUクーラーがでかかったのでCPU周りは大変

ソフトウェアのネタは少ないが後日に

FX-4100のメモリ異常

そろそろPC1台を新しいCPUに更新しようと考えていたが,あんまり必要性も無いこともありFX-4100を使い倒そうと余っていたWindows10 HOMEをセットアップ

FX-4100は起動ディスクを交換式にしマルチOS対応にしていたので,これまで使用していたXP64も(ディスク交換によって)使用可能

IMG_20200315_162951731_HDR.jpg

(昔intel CPUが入っていたのでCoreシールが貼ってあるが中身はAMD FX-4100)

また,ついでにUbuntuの起動ディスクを作成した際「Memtest86+」も導入されGRUBから起動できるようになっていたのでテストしてみたところ・・・

IMG_20200315_143049523.jpg

なんと!エラーが続出

これまでFX-4100では稀に原因不明の動作異常となる事があったが,もしかするとメモリの問題だったのか?

ノンパリティメモリのためメモリエラーがあっても判断できず,異常データのまま使用されプログラムの動作がおかしくなるだけでなく,ディスクに書き込まれたデータの信頼性の問題,ファイルシステムの不整合を発生する可能性がある

どうしたもんか一晩考え,メモリの調整を行うことにした

IMG_20200315_170952633_HDR.jpg

(利用している4GB×2のメモリ)

しかしメモリスロットの変更やアルコールで清掃,またクロックを下げたり電圧を上げたりアクセスタイミングを変えたりとやってみたが改善せず,最終的にどうやらデュアルチャネルで使用するとエラーとなることが判明

IMG_20200315_155812391.jpg

シングルチャネルで「Memtest86+」を実行するとエラーは発生しない

だがこれだとOSからは半分の4GBしかメモリを利用できないため勿体ない

どうにかならないかネットでマザーボードのメモリサポート状況(ASRock 990FX Extreme4)を確認してみるとデュアルチャネルで使用する場合は4枚の方が多い事が判る

もしかすると4枚だと正常になるかと思い確認してみた

他の手持ちのDDR3メモリはCore i3で使用中の4枚

(1GB×2)

IMG_20200315_170626407_HDR.jpg

(2GB×2)

IMG_20200315_170556970_HDR.jpg

(2GB×2)を取り出し(4GB×2)と組み合わせて「Memtest86+」を実行してみるとエラーが無くなった

IMG_20200315_190504154.jpg

とりあえずは解決し,FX-4100では12GBで使用することにした

Core i3はUbuntuでの使用なので2GBで問題ない

ページ移動

  • ページ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

ユーティリティ

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着コメント

過去ログ

Feed