エントリー

カテゴリー「マザーボード」の検索結果は以下のとおりです。

AMD Ryzen 5 1600にパワーアップ

Ryzen 5 を購入

RyzenRyzen5

理由としては

  • 5年半も使用したためか電源が入りにくいとか稀に危うい現象が発生すること
  • 先月グラフィックボードを「GeForce GTX 1060」にアップグレードしたがCPUが性能不足で100%の性能が出てないこと
  • 最新との性能差が倍位になったかなっと思ったこと
  • 動画のエンコードが早くなってほしいなっと思ったこと
  • AMDの新プロセッサが発売されたこと

等であり,1600にしたのは単にコストパフォーマンスが良いと判断したから(1700もコストが良さそうだが8コアは将来の改良版にて検討することにする)

Ryzen5

立派なCPUクーラーも付属している

中身1中身2

マザーボードは,「MSI B350 TOMAHAWK」を選択

マザーボードマザーボード

メモリーは「DDR4ー2666」の価格が良かったので選択

メモリーメモリー

ハードウェアセットアップ

マザーボードにCPUをセットして(これがCPUの見納め)

CPU

CPUクーラーをセット

クーラー

他,電源・FAN・デバイス・SW類の接続を行い,まずはディスクを外した状態にして電源ON

BIOS起動でハード面に問題ないのを確認してソフトの移行へステップ

OSは使用していたWindows10でおそらく問題ないだろうとバックアップもしないでディスクを付け替えて電源ON

約10分位かな全部自動でやってくれて移行完了(昔はドライバーの入れ替えで苦労したんですけどね)

ベンチマーク

お待ちかねの性能測定(気持ちが高まる)

さくっとCystalMarkをやってみると

CM1

前のがこれなんで,ALUが330%,FPUが230%と凄い結果がでた(予想通りかw)

他も簡単に,

3DMARK(Total): 3257 → 4310 : CPU scoreの分Up

3DMARK(Graphics): 4191 → 4161 : 変わらず

3DMARK(CPU): 1440 → 5413 : 375%

MHFベンチマーク【大討伐】: 27397 → 32552 : 118%

ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター: 7906 → 11881 : 150%

他に40分位の映像をx264でエンコードするのに15~20分必要だったのが約6分に短縮

メモリをOC

Ryzenはメモリネックになっている部分があるらしく簡単に性能向上させるにはメモリクロックをアップするとのことだそうだ

そこで2666を購入しているので2166から2666にメモリクロップをアップ(123%)させた結果

メモリアップ

69825 → 86865 の 124% となり

ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター: 11881 → 12472: 105% : 5%アップ

突然PCがダウンした

突如PCの電源がOFF

電源ONしてもOSの起動までに電源がOFFしてしまう

しばらく置いても同じ現象でハード的に不具合が発生したようだ

予想としては電源

明くる日交換用の電源を準備してケースを開けてみると・・・

 

(クーラーが外れてビデオカードに落ち、基板の裏面と接触していた → 壊れなくて良かった)

 

な!なんとCPUクーラーが外れていた!

どうして?

良く観るとCPUにヒートシンクとFANを固定するリテンションとマザーを支える部分が折れていた

 

原因はCPUのオーバーヒートだったのだった

AMD FX-4100 高負荷時のCPU温度

チューニングしたFX-4100で高負荷状態が続いた場合どうなるか

本日は長時間のエンコードを行ったのでCPU温度を確認しながら様子を見てみた

エンコードは1本の映像を長時間行ったわけではなく十数本の映像をバッチで連続して行っている

経過

・外気温20℃にてCPU温度は42℃から始まり一気に55℃を超える

・55℃からCPU FANが高速(3924RPM)となるが60℃まで上昇

・57℃まで下がり落ち着く

・約6時間のエンコードは問題なく終了し40℃となる(外気温19℃)

冬場は問題ないと考えて良いだろう

参考画像

続きを読む

AMD FX-4100 のアイドル時のクロックダウン

先日のFX-4100のチューニングで気になっていたのアイドル時のクロックダウンだが電源管理を見て方法が判明した

なんてことはない電源設定を「ASRock eXtreme Tuner Utility」にするだけだった

 D001

とりあえずはアイドル時85~88W位まで下がるようになったが、電源設定の変更は行っていないのに先日はどうしてアイドル時にクロックダウンし、またクロックダウンしなくなったのかというのは不明である

最大がx18、最小でx7、クロックが落ちる際x16とx12となるのを見ることがありx18から一気にx7へ下げているのではないようである(以下は最小クロック時でコア電圧も下がっている)

ベンチマークを実行するとクロックが最大となり以下のとおりの結果となる

D003

(2013.02.26追記)

再起動すると電源設定が「最小の電源管理」になってしまう現象が発生(再起動で必ず変更されるわけではない)

どうにもならないので、AXTU(Fanコントロールでも必要なので自動起動させる)でIESをONにする

D102D103

これで良しのはずだったが「Auto aplly when program start」のチェックを入れるのを忘れていた

ページ移動

  • ページ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

ユーティリティ

タグクラウド

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

Feed