エントリー

2017年08月の記事は以下のとおりです。

Amazonで中華製品購入(第二弾)

Amazonを利用して中華製品等を購入の第二弾

8月3日に注文17日に揃うが,今回は配送物に問題あり(問題の配送は最後に記載)

4mmバナナプラグジャックコネクタ

バナナプラグ1バナナ2

裏側がプチプチになっているけど,そのまんま入って配送されてきた

割れたプラグは無かったが端子部分がビス止めなんで外れてしまっていたのが複数あり

品質は悪くなさそう

パネル取付け型DCデジタル電圧計電流計

DC1DC2

秋月で販売されているデジタルパネルメーターの類似品のバルク品だと思われるがちゃんと包装されてきたのは良し

1個¥390の¥780の支払いになってるのだけど再度サイトを観ると1個¥290になっている(酷)

尚,中身は利用してから評価する

2ポジションDPDTスイッチ
SPDTミニ2ポジションラッチトグルスイッチ

SW1SW2

安価なスイッチでそこそこ使えれば良いと思い購入

スイッチのパーツはばらばらの状態で袋に入っていた

SW3SW4

良くみるとナットの形が変であり若干ネジが回り難いこともあったが組み立てることはできた

ケルビンクリップ

クリップの自作は断念し注文,一番早く配送されて欲しかった部品が最後に到着したのだが・・・

ケルビン

配送されてきたのはただのワニ口クリップで出品者の「Wiysond」では取り扱っていない製品(他の出品者にあるが価格も安い)

現在返品処理中(対応あり次第報告)

18日 → Amazonの返品処理サイトから出品者へ違うクリップが送られてきた旨を連絡(現物写真を添付)

19日 配送した物の写真を送って欲しいと連絡あり

    → 配送されてきた現物の写真を送付(この写真は前日にAmazonでも添付したのだけどAmazonから転送されないのか?)

20日 似たようなクリップだったので担当が間違って発送したと認めた.

    その上で処置を再送か返金かを問われる.

    また誤発送品を使うなら少し金をくれと言ってきた

    → 物は必要なので再送してくれと打診.配送されてきたクリップは使えないから返品すると回答

21日 正規の購入品を送付すると回答あり,また誤発送品は返却送料が高いから好きにしてくれとの事

  • 対応は早かったので良し
  • 処置は最終的に満足いく返品クレーム処理なので良し
  • 製品評価は再発送の到着待ちとなる

尚,メールでのやり取りで怪しい日本語文章なので誠意は読み取れない(日本語文章によるクレーム処理は大変なので,これは問題にしないでおこう ← 日本人でもって意味ね)

29日 本日Amazonを観たら,このワニ口クリップ商品を「Wiysond」で扱うようになっていた

    しかも価格がケルビンクリップと同じ¥777・・・だけどケルビン購入時はセール価格だったので同じというのは怪しすぎる

    そして,既に(怪しい)評価者が1名登録している

    そもそもこのワニ口クリップってそうそう売れないでしょ

    なぜかというとこのワニ口クリップはテスターリードのクリッブ部の取替用だからです

    当然付替え可能なテスターリードでないと駄目で,例えばAmazonだとこのような商品のワニ口クリップ部品なのです

    パーツが壊れて代替品が欲しい方はいるかもしれなけど,装着可能かどうかの情報が皆無なので購入する人がいるとは思えない

    また(このクリップは高額で)欲しいならケーブル付きの安価な商品がある

    尚,このクリップに線を付けて使うなんてことは構造上困難(ご注意を)

    (追加:2017.9.20)4mmバナナジャックが少し固いと感じるけど入る

 2日 9月2日に再送品が到着

ケルビンクリップ

郵送袋にそのまんま放り込まれた形でやってきた

製品としてクリップの先は(日本製レベルとはいけないけど)金メッキされてるし挟む強さとか適度である

本体には傷あるし高価には見えないけど十分に使えそうである

欲をいうならもう一回り小さい方(選択無いけど)が良かったな

ケルビン

肝心のケルビンクリップの結線部分(上写真は黒クリップの2つを使い接結線部を撮影)はどうかというと既に半田が盛ってあり中古(?)のような感じにも見える

クリップとして挟むための金具は金属で両方に渡っているが片方は絶縁シート(上写真の左側に見える)にて絶縁されている

Nano Pi NEO 512MB を購入

メールサーバに使えないかなと「Nano Pi NEO 512MB」を秋月で購入

ディスプレイ出力(HDMI)や無線LANはなくメモリが512MBであるがラズパイと比べて¥1,680は安価である(専用ヒートシンク(右)が¥400なので約¥2,000と考えた方が良いか)

Nano Pi NEO 512MB

非常にコンパクトで手の平に余裕で乗る(右写真はピン,ヒートシンクを付けた後)

全体手の平

裏(左)と表(右),右には「NanoPi NEO V1.31」の刻印がある

裏表

ハードウェアセットアップ

SoCの放熱が多いとのことで購入したヒートシンクと実験用にするためピン(付属)を取り付ける

青い熱伝導シートをSoCに被せてヒートシンクを付けネジ止め(なぜか5本入っている)する

ヒートシンクヒート2

置いた時にネジが足になるように付ける(ヒートシンク面が下になる)と皿ネジでは基板を痛めるため手持ちのなべネジ(M2.6)に変更

ピン1ピン2

GPIOピンアサイン(サポートページからDL)

ソフトウェアセットアップ

OSは8GB以上のマイクロSDカード(以下SD)に準備するが,先にコンソールの出力を見てみようとシリアルUSB変換を付けて電源をONしてみた

コンソールはDebug Port(UART0)として最初から4ピンが付いている(接続は115200bpsのN81)

コンソール接続

しかしうんともすんともで何も出力されなかった・・・

おかしいなと思ったが調査は後回しにしてOS(nanopi-neo_ubuntu-core-xenial_3.4.39_20170523.img)を書き込んだSD(16GB)をセットすると問題なく起動した(マイクロSDが未セットだと起動しないのかな?)

起動

HELLO! BOOT0 is starting!
boot0 version : 4.0.0
boot0 commit : 4957b8055313f6768659ed788f0a17e34b4c3eec

fel_flag = 0x00000000
rtc[0] value = 0x00000000
rtc[1] value = 0x00000000

(略)

[   20.880122] systemd[1]: Started Create list of required static device nodes for the current kernel.
[   21.020300] systemd[1]: Started Load Kernel Modules.
[   21.053637] systemd[1]: Started Journal Service.

Ubuntu 16.04.2 LTS NanoPi-NEO ttyS0

Default Login:
Username = pi
Password = pi

NanoPi-NEO login: pi (automatic login)

 _____     _                _ _       _____ _     _____ ____
|  ___| __(_) ___ _ __   __| | |_   _| ____| |   | ____/ ___|
| |_ | '__| |/ _ \ '_ \ / _` | | | | |  _| | |   |  _|| |
|  _|| |  | |  __/ | | | (_| | | |_| | |___| |___| |__| |___
|_|  |_|  |_|\___|_| |_|\__,_|_|\__, |_____|_____|_____\____|
                                |___/

Welcome to Ubuntu 16.04.2 LTS 3.4.39-h3
System load:   1.41             Up time:       35 sec
Memory usage:  8 % of 494Mb     IP:
CPU temp:      35°C
Usage of /:    9% of 15G

 * Documentation: http://wiki.friendlyarm.com/
 * Forum: http://www.friendlyarm.com/Forum/

pi@NanoPi-NEO:~$

全コンソールログ

初期画面

コンソールは自動的にログインするようだ(npi-configで変更可能)

またSDの構成を見てみると16GB全体を使用するように変更されていた

pi@NanoPi-NEO:~$ df -h
Filesystem      Size  Used Avail Use% Mounted on
udev            166M     0  166M   0% /dev
tmpfs            50M  2.7M   47M   6% /run
/dev/mmcblk0p2   15G  1.3G   14G   9% /
tmpfs           248M     0  248M   0% /dev/shm
tmpfs           5.0M  4.0K  5.0M   1% /run/lock
tmpfs           248M     0  248M   0% /sys/fs/cgroup
/dev/mmcblk0p1   40M   15M   26M  37% /boot
tmpfs            50M     0   50M   0% /run/user/1000
pi@NanoPi-NEO:~$ sudo fdisk -l
Disk /dev/mmcblk0: 14.7 GiB, 15720251392 bytes, 30703616 sectors
Units: sectors of 1 * 512 = 512 bytes
Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
Disklabel type: dos
Disk identifier: 0xfcc96e95

Device         Boot  Start      End  Sectors  Size Id Type
/dev/mmcblk0p1       49152   131071    81920   40M 83 Linux
/dev/mmcblk0p2      131072 30703615 30572544 14.6G 83 Linux
pi@NanoPi-NEO:~$

とりあえず

pi@NanoPi-NEO:~$ sudo aptitude update

(略)

pi@NanoPi-NEO:~$ sudo aptitude safe-upgrade

(略)

pi@NanoPi-NEO:~$ sudo shutdown -h now
[ 1925.076147] Power down.

自動的に電源は切れない

ウェブカメラを接続

これだけコンパクトだとNASやネットワークカメラの制御に使えるかなと考える

そこでカメラを付けてみることにし,かなり前に処分販売していたUVC対応のウェブカメラを押し入れの奥から取り出す(UVC対応なら簡単に接続できる)

カメラ

ウェブカメラ接続後

pi@NanoPi-NEO:~$ ls /dev
android_adb      loop4               tty1   tty42   uhid
apm_bios         loop5               tty10  tty43   uinput
autofs           loop6               tty11  tty44   urandom
block            loop7               tty12  tty45   usb_accessory
bus              loop-control        tty13  tty46   usbdev1.1
cachefiles       mapper              tty14  tty47   usbdev2.1
cedar_dev        media0              tty15  tty48   usbdev3.1
char             mem                 tty16  tty49   usbdev4.1
console          mmcblk0             tty17  tty5    usbdev4.2
cpu_dma_latency  mmcblk0p1           tty18  tty50   usbdev5.1
cuse             mmcblk0p2           tty19  tty51   usbdev6.1
disk             mtp_usb             tty2   tty52   usbdev7.1
disp             net                 tty20  tty53   usbdev8.1
fb0              network_latency     tty21  tty54   v4l
fb1              network_throughput  tty22  tty55   vcs
fb2              null                tty23  tty56   vcs1
fb3              ppp                 tty24  tty57   vcs2
fb4              psaux               tty25  tty58   vcs3
fb5              ptmx                tty26  tty59   vcs4
fb6              pts                 tty27  tty6    vcs5
fb7              random              tty28  tty60   vcs6
fd               rfkill              tty29  tty61   vcsa
full             rtc                 tty3   tty62   vcsa1
fuse             rtc0                tty30  tty63   vcsa2
hdmi             shm                 tty31  tty7    vcsa3
i2c-0            snd                 tty32  tty8    vcsa4
i2c-2            spidev0.0           tty33  tty9    vcsa5
initctl          stderr              tty34  ttyGS0  vcsa6
input            stdin               tty35  ttyGS1  video0
ion              stdout              tty36  ttyGS2  vmouse
kmsg             sunxi-multi-ir      tty37  ttyGS3  watchdog
log              sunxi_pwm           tty38  ttyS0   xt_qtaguid
loop0            sunxi-reg           tty39  ttyS1   zero
loop1            sunxi_soc_info      tty4   ttyS2
loop2            tty                 tty40  ttyS3
loop3            tty0                tty41  tv
pi@NanoPi-NEO:~$ lsusb
Bus 008 Device 001: ID 1d6b:0001 Linux Foundation 1.1 root hub
Bus 007 Device 001: ID 1d6b:0001 Linux Foundation 1.1 root hub
Bus 006 Device 001: ID 1d6b:0001 Linux Foundation 1.1 root hub
Bus 005 Device 001: ID 1d6b:0001 Linux Foundation 1.1 root hub
Bus 004 Device 002: ID 1e4e:0103 Cubeternet
Bus 004 Device 001: ID 1d6b:0002 Linux Foundation 2.0 root hub
Bus 003 Device 001: ID 1d6b:0002 Linux Foundation 2.0 root hub
Bus 002 Device 001: ID 1d6b:0002 Linux Foundation 2.0 root hub
Bus 001 Device 001: ID 1d6b:0002 Linux Foundation 2.0 root hub
pi@NanoPi-NEO:~$ ls -l /dev/video*
crw-rw----+ 1 root video 81, 0 Aug 15 07:32 /dev/video0
pi@NanoPi-NEO:~$

正常に認識されているようだ

そしてvlcを使用して配信,rtspでPCから確認したところ映像の確認はできた

コーディックがMPEG-2(H.264ではかなり厳しい)で,320x240の10fps位なら監視カメラとしては耐えれる程度になる

しかし何度かNanoPiのイーサネットが異常(?)になりネットワーク遮断が発生

原因は不明だで次回は別OSで試してみようと思う

メールサーバ構築

7月中頃にメールクライアントPCのOSが不良(不調かな)となり,またメールが読めなくなってしまった(実はこの1年半で3度目)

拙者はセキュリティのためメール読み込み用PCを単独で置いてあるのだが,ここのところ何故か良く壊れる

で,ようやく復旧できた訳だが・・・これはタイトルにあるメールサーバ構築を実施するトリガーである

本題はここから

今年の暑さは凄まじく玄箱の設置している部屋の温度も放出した熱で上昇ぎみなので空冷での冷却は無理と判断し玄箱を諦めることに

玄箱ではメールサーバを運用していたのでこれを移行しなければならない

そこでまず試験的に既存サーバにメールサーバを置いて最終的には熱放出の少ないメールサーバに移行することにした

玄箱でのメールサーバは「postfix」と「popa3d」で運用,今回は「exim4」と「dovecot」を使ってみる

参考サイトもあるが,いろいろ嵌ったので記録しておこうと思う(ただしセキュリティの問題があるので非公開部分もある)

尚,当初は簡単に終わるはずだったのだが・・・随分と時間を費やしてしまう

exim4の設定方法

参考サイト1参考サイト2で問題ないが,参考サイト3(英語)が一番良い

前提としてプロバイダ配下のSMTPサーバはOP25対策のためプロバイダのSMTPをリレーしなければならない

①これを踏まえて以下のコマンドでexim4の設定を行う

# dpkg-reconfigure exim4-config 

/etc/exim4/update-exim4.conf.conf が作成される(以下参考)

# /etc/exim4/update-exim4.conf.conf
#
# Edit this file and /etc/mailname by hand and execute update-exim4.conf
# yourself or use 'dpkg-reconfigure exim4-config'
#
# Please note that this is _not_ a dpkg-conffile and that automatic changes
# to this file might happen. The code handling this will honor your local
# changes, so this is usually fine, but will break local schemes that mess
# around with multiple versions of the file.
#
# update-exim4.conf uses this file to determine variable values to generate
# exim configuration macros for the configuration file.
#
# Most settings found in here do have corresponding questions in the
# Debconf configuration, but not all of them.
#
# This is a Debian specific file

dc_eximconfig_configtype='smarthost'
dc_other_hostnames='mail.inoshita.jp; inoshita.jp'
dc_local_interfaces=''
dc_readhost=''
dc_relay_domains=''
dc_minimaldns='false'
dc_relay_nets=''
dc_smarthost='xxxx.xxxx.xxx::587' # ::(コロン2個)ポート番号
CFILEMODE='644'
dc_use_split_config='false'
dc_hide_mailname='false'
dc_mailname_in_oh='true'
dc_localdelivery='mail_spool'

直接編集しても良いが反映させるには

# update-exim4.conf

を実行すること

②/etc/exim4/passwd.clientの編集

プロバイダのSMTPサーバに接続するためのIDとパスワートを書き込む(プレーンテキスト)

# password file used when the local exim is authenticating to a remote
# host as a client.
#
# see exim4_passwd_client(5) for more documentation
#
# Example:
### target.mail.server.example:login:password
smtp.xxx.ne.jp:hoge:hoge-hoge        #プロバイダのSMTP:認証ユーザID:認証パスワード

③/etc/email-addressesの編集

送信元メールアドレスがプロバイダに登録認証されているメールアドレスでないと蹴られるのでメールを送信するUIDに対応した書き換えリストを作成する

# This is /etc/email-addresses. It is part of the exim package
#
# This file contains email addresses to use for outgoing mail. Any local
# part not in here will be qualified by the system domain as normal.
#
# It should contain lines of the form:
#
#user: someone@isp.com
#otheruser: someoneelse@anotherisp.com
user1: hoge@xxxx.xxxx.ne.jp
user1@localhost: hoge@xxxx.xxxx.ne.jp
user2: hoge@xxxx.xxxx.ne.jp

結果,送信元メールアドレスはすべて同じになる

これをミスると接続できない旨のログが出て苦しむ(拙者はtelnetで接続確認したがログインできず嵌った)

④/etc/exim4/passwdの編集

MUAから接続するためのIDとパスワートで,/etc/shadow からコピーするか exim-adduser で追加する

形式:

user:password:comment

/etc/shadow からコピーすると3フィールド以上あるが最初の3つしか利用してないので問題なし

送信元メールアドレスがすべて同じになるのが問題なのでSMTPサーバをプロバイダからMyDNSのメールリレーサービスを利用させていただくことにしたが今度は認証しようとするのを外せず断念して「postfix」を使うことに変更(exim4 は色々できるが調整部分が多く面倒すぎる)

postfixの設定

これはこここちらを参考にすれば問題なし

「postfix」の設定はログの扱いを考えるだけで他は問題なし

(追記)

ローカルのMUAからSMTP経由でメールする場合は以下の編集が必要

/etc/postfix/master.cf の編集

submission inet n       -       -       -       -       smtpd
#  -o syslog_name=postfix/submission
#  -o smtpd_tls_security_level=encrypt
  -o smtpd_sasl_auth_enable=yes
  -o smtpd_client_restrictions=permit_sasl_authenticated,reject
  -o milter_macro_daemon_name=ORIGINATING

/etc/postfix/main.cf の追加編集(「Relay access denied」となる)

mynetworks = 127.0.0.0/8, [メール送信元IP]/32
doveconfの設定

上記の「postfix」の参考サイトにある

pop で悩むのは,mboxの扱いでsmtpソフトとの兼ね合いもあるのだが,最近はディレクトリ展開が当たり前なのか

imap も使うなら ディレクトリ展開 の方が良いけどユーザHOMEディレクトリを作成しないといけないので無駄(popだけならいらない)

なので

mail_location = INBOX=/var/mail/%u

だけにしたのだけど動作不良に陥る(既にimapの環境になってしまっている?)

仕方ないので

mail_location = mbox:~/.mbox:INBOX=/var/mail/%u

として各ユーザのHOMEを作成

メール受信時

pop3(user01): Error: file_dotlock_create(/var/mail/user01) failed: Permission denied 
(euid=1001(user01) egid=100(users) missing +w perm: /var/mail, we're not in group 8(mail),
dir owned by 0:8 mode=0775) (set mail_privileged_group=mail)

というエラーが出て、受信したメールが/var/spool/mail/から消えない,/etc/dovecot/conf.d/10-mail.confに

mail_privileged_group = mail

を追加で解決

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

タグクラウド

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

Feed