エントリー

カテゴリー「通信」の検索結果は以下のとおりです。

マグネチック・ループアンテナを作る

ネットの情報を元にノイズを拾いにくく簡単に作製できるマグネチック・ループアンテナを作ってみた

同軸は余っている4CFBを使うため円状で固定させるのが困難と思ったのでダイソーでフラループを購入しておいた(置いている店舗が少ないようだ)

IMG_20220123_164453.jpg

ループ状にするためには8個のパーツを繋いでいくのだが,片側の取付け部分は塞がれているのでドリルで空ける

IMG_20220123_165619.jpg

フラループはループ状に組むと直径は640mmである

ネットでは1000mm位とあるが,中波を下限とするためらしいので短波帯以上なら問題ないかと

サイズは自由というサイトもあったので,先ずは評価してみようと思う

IMG_20220123_170133.jpg

ループの接続と給電部をどう取り出すか悩んだが,繋ぎ目より途中を開く方を選択

IMG_20220123_171315.jpg

先端のエレメント剥いて1回転前のシースを剥いてシールドへ差し込んで接触させる

IMG_20220123_172043.jpg

接続に半田を使うのは抵抗が増えるので圧着の方が望ましい

IMG_20220123_172718.jpg

接続部をテープで養生して完成

IMG_20220123_174812.jpg

ケーブルを取り出すため開いた部分をテープで塞いだが野外で使うなら水切り用に開けておいた方が良さそうと気付いたので課題にしておく

IMG_20220123_174817.jpg

材料さえ揃っていれば30分もあれば完成するくらい簡単だった

NanoVNA

訳のわからぬ結果となったけど大丈夫かな

(1~30MHz)

IMG_20220123_193453.jpg

(70~150MHz)

IMG_20220123_193511.jpg

評価

室内試用での評価

中波:僅かに感度が上がった

短波:室内なのにアンテナとして効果はある

ノイズはアースを併用するとかなり減るようだ

フェライトバーもどきを作ろうとして失敗

中波AMラジオのバーアンテナを大きくしたいのだが安価に売っているところが無い

壊れ物なので悩んで結局AliExpressで注文したが(旧正月も近いせいもあり)到着までしばらく掛かるようだ

そこで代用品は無いものかとフェライトについて調べてみると,これはかなり難しいことが判った

だが材質と特徴からもどきは作れるかもしれないと思い挑戦することに

(材質)

酸化鉄を主成分にコバルトやニッケル,マンガンなどを混合焼結した磁性体

原料を1,000~1,400℃の高温で焼き固めて製造しセラミック化

(特徴)

バーアンテナであるフェライトバーはソフトフェライト(磁界に触れると磁石になり、磁界を取り去ると元に戻り磁気が無くなる)

磁力は強いが導体ではなく電気抵抗は大きい(電気を通しにくい)

試案

原料をみて思ったのが,これって使い捨てカイロの材料に近くないかってこと(前々から使用済使い捨てカイロの使い道を模索していたので)

磁力は強いが導体にしてはならないので磁性体を散りばめるようにすれば良いのでは

セラミックにすることはできないのでセメントで固めてみるか(ノリは混ぜにくいから)

材料

IMG_20220122_125103.jpg

使い捨てカイロの材料

IMG_20220122_125213.jpg

作製

①厚手の模造紙で筒を作る(コイル巻き用に購入していたパイプを利用)

IMG_20220122_125900.jpg

②片方を塞ぐ

IMG_20220122_130530.jpg

③使い捨てカイロとセメントを皿に取り出す(1:1)

IMG_20220122_132022.jpg

④筒の量より少なかったので使い捨てカイロを倍にして混ぜる(2:1)

IMG_20220123_132301.jpg

⑤給水して更に混ぜる

IMG_20220122_132450.jpg

⑥筒に押し込み乾燥

IMG_20220122_133540.jpg

結果

1日置いて固まったようにみえたので模造紙を外そうとしたら砕けてしまった(固まってはいたが柔かった)

エナメル線を巻いてQを確認するとことまでいかなかったので失敗である

模造紙で包んだで状態では既存ラジオのバーアンテナに近づけると感度が(少しだけど)上がったのでもしかしてって思ったのだが残念である

硬化が弱かったのは使用したセメントがセメントというよりモルタルだったため(余分な砂があったのか)ちょっと悔しいので再度セメントを調達して挑戦してみたい

模造紙を包んだまま使う手もあるかな

このぐらいの愚かな挑戦も良いだろう

ガルバニックアイソレータを作る

コモンモードのノイズを抑えるということでガルバニックアイソレータを作製してみた

主材料は秋月で購入しておいたトロイダルコア

IMG_20220115_204558.jpg

φ0.55のポリウレタン線を5:5でキャンセル巻きにした(バイファイラ巻きでも良いらしい)

IMG_20220115_210156.jpg

ケースを3Dプリンタで印刷

IMG_20220122_195525.jpg

今回は蓋の取り付けにM3ビスとインサートナットを使う

インサートナットは半田こてで突き刺して温めながらφ5㎜で造形した穴へ嵌め込んだ(普通のナットでも可能)

IMG_20220122_211200.jpg

入出力はFコネクタだがケース用のオスが無いので同軸用のオスFコネクタで代用

ケースに固定するため補助パーツを3Dプリンタで印刷して付けた

IMG_20220122_211504.jpg

M3ビスで止めて完成

IMG_20220122_213348.jpg

NanoVNAで特性を見てみると100MHzあたりで同調ポイントがあるようだ

IMG_20220123_155758.jpg

IMG_20220123_155900.jpg

アナログラジオで使用してみたが効果は判らなかった(SDRで効果が判るかな?)

(試行中)

  • FMはノイズが減った(出力側をアースすると更に減る)
  • NOAAは受信できなくなる

DIYのポータブルラジオキットを試す

中波の受信が難なのを調査するため同調コイルに問題がないか確認する

先ずNanoUNAで同調周波数を測定すると,少し下がったがLC値から計算した通りで上の周波数は1600kHz位

ダイヤルに1600kHzを記入

IMG_20220116_090647.jpg

下の周波数はNanoUNAの計測が1MHz~なので不明だが500kHz位のはず

ダイヤルに計測の下限の1000kHzと500kHzを記入

IMG_20220116_090735.jpg

次に動作も確認してみようと最初はダイオードラジオでも作ろうと思ったが,折角なのでパーツを流用したラジオキットの中波のみブレッドボードで組んでみた

CCI_000012_1280.png

添付の回路図から中波とAMPの部分だけで構成する(赤枠内)

VRは付けず10KΩの抵抗にしている

IMG_20220115_225713.jpg

室内でバーアンテナだけでは受信できなかったので外部アンテナを繋いでNHKと南海放送の受信を確認

受信周波数は目盛り通りだったので同調コイルは問題なかった

同調コイルは今後も何かと使えるだろう

参考までに

Amazonで購入した「DIY のポータブル AM FM ラジオキット 76-108MHZ 525-1605KHZ」の説明書は中国語で記載されている

IMG_20220109_114854.jpg

雰囲気は判るが流石に理解するレベルでは読めない(回路図は別)

前には書いたが,このような場合に便利なのがGoogleレンズで結構使える

Screenshot_20220109-124429.png

翻訳されたテキストのファイル(UTF)(SJIS

ページ移動

ユーティリティ

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

過去ログ

Feed