エントリー

2017年04月の記事は以下のとおりです。

Amazonを利用しての購入品の評価

Amazonを利用して中華製品等を購入してみたので評価してみようかと(後でAmazonのサイトにも投稿するつもりではある)

4月7日に注文,4分割配送となり20日で全部揃った(予定では最終が25日だったので優秀)

SATA USB変換ケーブル

USB変換ケーブルUSB変換ケーブル2

ラズパイをサーバ化するために購入した

パーツの質も悪くなくしっかりSATAが接続されるので良い

USB3.0,2.0接続共に問題なく使用できた

コンパクト モバイルバッテリー

バッテリー

上記のUSB変換ケーブルと送料が一緒になるためついでに購入したバッテリー

実験容量1

容量を確認してみると,5Vで3030mAh(1.5Aで測定)と出た

バッテリー2

仕様では3.6Vの5200mAhとある(2600mAhのリポ×2本なんだろう)ので

3.6×5200=18720を÷5で3744・・・DCDC効率が80%てことでそれなりかな

再度充電して測定したところ3155mAhだったので測定ミスはないようだ

バッテリー3

ステップアップ 転換モジュール

なんと1個100円也のDCDCアップ変換モジュール(5個も買ってしまった)

DCDC

こんな感じで5個送られてきたが

DCDC1DCDC2

外観は特に問題なさそう

性能は未確認(評価した

板金用六角チタンコーンドリルビットホールカッター
4mmバナナプラグソケット

ドリル

目に付いたのでついでに購入

プラグソケット

1個当たり21.8円という格安価格のターミナル(秋月だと金メッキされていて70円だったかな)

ユニバーサル ブレッドボード プロトタイプ PCB ダブルサイド

PCB1PSB2

2セットの20枚購入,全て表面上の異常は見当たらなかった(非常に綺麗だったので驚き)

尚,裏表はスルーホール

Micro SD/ TF カードモジュール シールド モジュール 6 ピン SPI

SD

SDsd2

SDカードアダプタでも十分だったけど単価95円でレベル変換もしてくれるので(5個)購入しておいた

動作は未確認

FTDI FT232RL 3.3V 5.5V USB to TTL シリアル コンバーター アダプター モジュール

USBシリアル

シリアル1シリアル2

3.3と5Vで使えるUSBシリアルコンバータモジュール,どこかのコピー品のようだが単価245円とは思えないような出来栄え

動作は未確認

(追加)確認済

上記の3個の出荷元は同じ(HiLetgo)なので一緒に送られてきたのだが,モジュールは1個づつ包装されていたし全体的にも丁寧な包装だったのには驚き

包装

Windows10の挙動がおかしくなった

  • 2017/04/15 19:37
  • カテゴリー:WindowsPC

本日,Windows10のアップデートメッセージがあり無造作にアップデートを選択したところ

  • ブラウザの閲覧ページが勝手に移動
  • 選択したスクロールバーが勝手に(プラス方向へ)スクロールしまくり
  • メニュのプルダウン表示がすぐ消えるため項目選択不可

等の症状に見舞われ,一見するとウイルスにやられた感じに思われた

ネットで調べてみると前回のアップデートになるが『Windows 10の新機能「勝手にスクロール」を回避する方法』などと飽きれてしまうような事があることを知り関係しそうなので対応してみたが改善されない

しかたないのでアップデートを戻そうとしたがアップデートの履歴画面が勝手にスクロールしてしまうため最新のアップデートを選択できない

最悪の事態をどう対処すべきか・・・困っていたところ上の対応を行ってから約5分経過あたりで何事も無かったように問題なくなった(自動的にスクロールすることが無くなった)

勘弁してもらいたいね

ラズパイOSをセットアップしてみる

購入したラズパイの動作確認もしなけれならないしサーバ化するための材料はまだ仕入れていないので標準的なOSをセットアップして動作させてみる

raspberryPi

最低限必要な物
  • ラズパイとMicroSDカードは必須
  • インタネット接続環境

おそらく(いろんな意味で)問題なのが

  • PC

ではないのではないだろうか

当然ながらPCがあるといろんなパターンで対処可能のためベストだと思うが,インタネット接続環境とPCに関しては(実験してみないと判らないけど)スマホで代用可能かもしれない(この件はいつか検証してみたいと思う)

標準的なRaspbianをセットアップ

標準でセットアップが簡単にできるのが「Raspbian」(ラズパイ向けにカスタマイズされたdebianベースのlinux)でセットアップの仕方が2種ある

それぞれのやり方はググってみれば説明されているので自身でも忘れないようにミソのみ記載しておく

まずラズパイのOSのBootシーケンスはメディア上のFATファイルシステムを意識して初回のBootが動作するようだ

(1)NOOBS

MicroSDカード(FATファイルシステム)にOSセットアップ用のファイルを書き込んでラズパイを起動するとOSセットアッププログラムが動作するので操作してセットアップを行う

この場合インタネット接続が出来ていると「Raspbian」以外のOSのセットアップもできる

標準である「Raspbian」をセットアップするとMicroSDカード(8GBの場合)のパーティションは以下のようになる

Disk /dev/sdb: 7.4 GiB, 7948206080 bytes, 15523840 sectors
Units: sectors of 1 * 512 = 512 bytes
Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
Disklabel type: dos
Disk identifier: 0x000e4373

デバイス   起動   Start 最後から セクタ  Size Id タイプ
/dev/sdb1          8192  2542968  2534777  1.2G  e W95 FAT16 (LBA)
/dev/sdb2       2542969 15523839 12980871  6.2G  5 拡張領域
/dev/sdb5       2547712  2613245    65534   32M 83 Linux
/dev/sdb6       2613248  2748415   135168   66M  c W95 FAT32 (LBA)
/dev/sdb7       2752512 15523839 12771328  6.1G 83 Linux

この方法だとスマホ(Androidのみ,iPhoneはSDスロットが無いため不可)でも可能かもしれない

いろんなOSを簡単な操作でセットアップ可能なのは良いが作られるパーティションが多い

(2)imgファイル

「Raspbian」のみセットアップ可能でimgファイルを「Win32DiskImager」「DD for Windows」「dd」など用いてMicroSDに書き込む(imgファイルを書き込む場合はMicroSDをFATファイルシステムにフォーマットする必要はない)

imgファイルを書き込んだ時点ではMicroSDカードの全ての容量を使っていないが,ラズパイで初回起動すると全体を使うように再配置され(16GBの場合)以下のようになる(現在の版では自動的に行われる)

Disk /dev/sdb: 14.7 GiB, 15720251392 bytes, 30703616 sectors
Units: sectors of 1 * 512 = 512 bytes
Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
Disklabel type: dos
Disk identifier: 0xdbe56661

デバイス   起動  Start 最後から セクタ  Size Id タイプ
/dev/sdb1         8192   137215   129024   63M  c W95 FAT32 (LBA)
/dev/sdb2       137216 30703615 30566400 14.6G 83 Linux

 セットアップしたMicroSDカードはパーティションが構築されるため,再度セットアップし直す時やMicroSDカードとして利用する場合はパーティションを削除するために「SDFormatter」でフォーマットするのが簡単である(尚,Windowsのディスクの管理ではLinux用に作られたパーティションの操作ができない)

RetroPieをセットアップ

RetroPieはRaspbianをエミュレータ専用に特化した物である

https://retropie.org.uk/download/からダウンロードしたRetroPieのimgファイルをDDで書き込んで起動

初回の起動でパーティションも最大まで広げられコントローラのボタン設定を行った後エミュレータのホーム画面となる

後はゲームデータを置けば利用可能になるが,とりあえず日本語を表示できるようにする

セットアップはコンソール画面でも可能だがTeraTermで操作したかったので以下のような操作となる

コントローラのAボタンを押して

5 Interfacing Options → P2 SSH

で,SSHをEnableにする

これでTeraTerm(ssh)でログインできる(pi/raspberry)

The programs included with the Debian GNU/Linux system are free software;
the exact distribution terms for each program are described in the
individual files in /usr/share/doc/*/copyright.

Debian GNU/Linux comes with ABSOLUTELY NO WARRANTY, to the extent
permitted by applicable law.
Last login: Sun Apr  9 11:24:07 2017

     .***.     Sunday,  9 April 2017, 11:25:18 am UTC
     *****     Linux 4.4.50-v7+ armv7l GNU/Linux
     `***'
      |*|      Filesystem      Size  Used Avail Use% Mounted on
      |*|      /dev/root        29G  1.9G   26G   7% /
    ..|*|..    Uptime.............: 0 days, 00h01m23s
  .*** * ***.  Memory.............: 584620kB (Free) / 752856kB (Total)
  *******@@**  Running Processes..: 131
  `*****@@**'  IP Address.........: 192.168.xxx.xxx
   `*******'   Temperature........: CPU: 60°C/140°F GPU: 60°C/140°F
     `"""'     The RetroPie Project, https://retropie.org.uk

pi@retropie:~ $ df
Filesystem     1K-blocks    Used Available Use% Mounted on
/dev/root       29826916 1895840  26683176   7% /
devtmpfs          372092       0    372092   0% /dev
tmpfs             376428       0    376428   0% /dev/shm
tmpfs             376428    5284    371144   2% /run
tmpfs               5120       4      5116   1% /run/lock
tmpfs             376428       0    376428   0% /sys/fs/cgroup
/dev/mmcblk0p1     58234   20860     37374  36% /boot
pi@retropie:~ $ sudo raspi-config

①言語を日本語に変更

以下の選択でデフォルトをOFFして「ja_JP.UTF-8 UTF-8」をONにする

4 Localisation Options → I1 Change Locale
[*] en_GB.UTF-8 UTF-8    off

[*] ja_JP.UTF-8 UTF-8    on

②タイムゾーンを日本にする

以下の選択でAsia/Tokyoを選択

4 Localisation Options → I2 Change Timezone

③Wi-fiの地域設定をJPにする

4 Localisation Options → I4 Change Wi-fi Country

④OSパッケージの更新(先にやったほうが良いかも)

8 Update を実行

raspi-configを終了して日本語フォントをインストール

pi@retropie:~ $ sudo aptitude install fonts-droid
The following NEW packages will be installed:
  fonts-droid
0 packages upgraded, 1 newly installed, 0 to remove and 14 not upgraded.
Need to get 3728 kB of archives. After unpacking 15.4 MB will be used.
Get: 1 http://archive.raspberrypi.org/debian/ jessie/ui fonts-droid all 1:4.4.4r2-6+rpi1 [3728 kB]
Fetched 3728 kB in 38s (95.8 kB/s)
Can't set locale; make sure $LC_* and $LANG are correct!
perl: warning: Setting locale failed.
perl: warning: Please check that your locale settings:
        LANGUAGE = (unset),
        LC_ALL = (unset),
        LANG = "en_GB.UTF-8"
    are supported and installed on your system.
perl: warning: Falling back to the standard locale ("C").
locale: Cannot set LC_CTYPE to default locale: No such file or directory
locale: Cannot set LC_MESSAGES to default locale: No such file or directory
locale: Cannot set LC_ALL to default locale: No such file or directory
Selecting previously unselected package fonts-droid.
(Reading database ... 86910 files and directories currently installed.)
Preparing to unpack .../fonts-droid_1%3a4.4.4r2-6+rpi1_all.deb ...
Unpacking fonts-droid (1:4.4.4r2-6+rpi1) ...
Setting up fonts-droid (1:4.4.4r2-6+rpi1) ...

pi@retropie:~ $ sudo shutdown -r now

再起動して再度sshでログイン

The programs included with the Debian GNU/Linux system are free software;
the exact distribution terms for each program are described in the
individual files in /usr/share/doc/*/copyright.

Debian GNU/Linux comes with ABSOLUTELY NO WARRANTY, to the extent
permitted by applicable law.
Last login: Sun Apr  9 20:50:53 2017

     .***.     日曜日,  9 4月 2017, 午後08時52分16秒
     *****     Linux 4.4.50-v7+ armv7l GNU/Linux
     `***'
      |*|      ファイルシス   サイズ  使用  残り 使用% マウント位置
      |*|      /dev/root         29G  1.9G   26G    7% /
    ..|*|..    Uptime.............: 0 days, 00h01m29s
  .*** * ***.  Memory.............: 598776kB (Free) / 752856kB (Total)
  *******@@**  Running Processes..: 133
  `*****@@**'  IP Address.........: 192.168.xxx.xxx
   `*******'   Temperature........: CPU: 62°C/143°F GPU: 62°C/143°F
     `"""'     The RetroPie Project, https://retropie.org.uk

pi@retropie:~ $ date
2017年  4月  9日 日曜日 20:52:21 JST
pi@retropie:~ $

日本語表示となった

(追加:2017.4.16)

メモリディスクの利用

SDメモリへの書き込みを減らすため,swapの削除と不要logの中止,メモリディスク出力化

# free
             total       used       free     shared    buffers     cached
Mem:        752856     155784     597072       5332      11036      90928
-/+ buffers/cache:      53820     699036
Swap:       102396          0     102396
# swapon -s
Filename                Type        Size    Used    Priority
/var/swap                                  file        102396    0    -1
# ls -l /var
合計 102436
drwxr-xr-x  2 root root       4096  1月  7  2015 backups
drwxr-xr-x  9 root root       4096  3月  4 01:19 cache
drwxr-xr-x 36 root root       4096  3月  4 01:19 lib
drwxrwsr-x  2 root staff      4096  1月  7  2015 local
lrwxrwxrwx  1 root root          9  3月  4 00:21 lock -> /run/lock
drwxr-xr-x  6 root root       4096  4月  9 20:49 log
drwxrwsr-x  2 root mail       4096  3月  4 00:21 mail
drwxr-xr-x  2 root root       4096  3月  4 00:21 opt
lrwxrwxrwx  1 root root          4  3月  4 00:21 run -> /run
drwxr-xr-x  5 root root       4096  3月 20 04:13 spool
-rw-------  1 root root  104857600  3月  4 01:18 swap
drwxrwxrwt  2 root root       4096  4月 16 17:29 tmp
#

ダイナミックswapのサービスを停止してパッケージを削除

# service dphys-swapfile stop
# aptitude remove dphys-swapfile
[  0%] パッケージリストを読み込んでいます                                        
[100%] パッケージリストを読み込んでいます                                        
[  0%] 依存関係ツリーを作成しています                                    
[100%] 依存関係ツリーを作成しています                                    
[  0%] 状態情報を読み取っています                                
[ 21%] 状態情報を読み取っています                                
[  0%] 拡張状態情報を読み込んでいます                                    
[100%] 拡張状態情報を読み込んでいます                                    
[  0%] パッケージの状態を初期化しています                                        
[  0%] タスクの記述を読み込んでいます                                    
[  0%] タグのデータベースを構築しています                                        
[100%] タグのデータベースを構築しています                                        
以下のパッケージが削除されます:
  dc{u} dphys-swapfile
更新: 0 個、新規インストール: 0 個、削除: 2 個、保留: 14 個。
0  バイトのアーカイブを取得する必要があります。展開後に 196 k バイトのディスク領域が解放されます。
先に進みますか? [Y/n/?] y
[  0%] 拡張状態情報を書き込んでいます                                    
[100%] 拡張状態情報を書き込んでいます                                    
(データベースを読み込んでいます ... (データベースを読み込んでいます ...
5%(データベースを読み込んでいます ... 10%(データベースを読み込んでいます ...
15%(データベースを読み込んでいます ... 20%(データベースを読み込んでいます ...
25%(データベースを読み込んでいます ... 30%(データベースを読み込んでいます ...
35%(データベースを読み込んでいます ... 40%(データベースを読み込んでいます ...
45%(データベースを読み込んでいます ... 50%(データベースを読み込んでいます ...
55%(データベースを読み込んでいます ... 60%(データベースを読み込んでいます ...
65%(データベースを読み込んでいます ... 70%(データベースを読み込んでいます ...
75%(データベースを読み込んでいます ... 80%(データベースを読み込んでいます ...
85%(データベースを読み込んでいます ... 90%(データベースを読み込んでいます ...
95%(データベースを読み込んでいます ... 100%(データベースを読み込んでいます ...
現在 86945 個のファイルとディレクトリがインストールされています。)
dphys-swapfile (20100506-1) を削除しています ...
dc (1.06.95-9) を削除しています ...
man-db (2.7.0.2-5) のトリガを処理しています ...
install-info (5.2.0.dfsg.1-6) のトリガを処理しています ...
[  0%] パッケージリストを読み込んでいます                                        
[  0%] 依存関係ツリーを作成しています                                    
[100%] 依存関係ツリーを作成しています                                    
[  0%] 状態情報を読み取っています                                
[ 21%] 状態情報を読み取っています                                
[  0%] 拡張状態情報を読み込んでいます                                    
[100%] 拡張状態情報を読み込んでいます                                    
[  0%] パッケージの状態を初期化しています                                        
[  0%] 拡張状態情報を書き込んでいます                                    
[100%] 拡張状態情報を書き込んでいます                                    
[  0%] タスクの記述を読み込んでいます                                    
[  0%] タグのデータベースを構築しています                                        
[100%] タグのデータベースを構築しています                                        
# rm /var/swap

不必要なログを停止

vi /etc/rsyslog.conf

以下を停止(##でコメントアウト)

#  /etc/rsyslog.conf    Configuration file for rsyslog.
#
#                       For more information see
#                       /usr/share/doc/rsyslog-doc/html/rsyslog_conf.html


#################
#### MODULES ####
#################

$ModLoad imuxsock # provides support for local system logging
$ModLoad imklog   # provides kernel logging support
#$ModLoad immark  # provides --MARK-- message capability

# provides UDP syslog reception
#$ModLoad imudp
#$UDPServerRun 514

# provides TCP syslog reception
#$ModLoad imtcp
#$InputTCPServerRun 514


###########################
#### GLOBAL DIRECTIVES ####
###########################

#
# Use traditional timestamp format.
# To enable high precision timestamps, comment out the following line.
#
$ActionFileDefaultTemplate RSYSLOG_TraditionalFileFormat

#
# Set the default permissions for all log files.
#
$FileOwner root
$FileGroup adm
$FileCreateMode 0640
$DirCreateMode 0755
$Umask 0022

#
# Where to place spool and state files
#
$WorkDirectory /var/spool/rsyslog

#
# Include all config files in /etc/rsyslog.d/
#
$IncludeConfig /etc/rsyslog.d/*.conf


###############
#### RULES ####
###############

#
# First some standard log files.  Log by facility.
#
auth,authpriv.*                 /var/log/auth.log
*.*;auth,authpriv.none          -/var/log/syslog
#cron.*                         /var/log/cron.log
##daemon.*                      -/var/log/daemon.log
##kern.*                                -/var/log/kern.log
##lpr.*                         -/var/log/lpr.log
##mail.*                                -/var/log/mail.log
##user.*                                -/var/log/user.log

#
# Logging for the mail system.  Split it up so that
# it is easy to write scripts to parse these files.
#
##mail.info                     -/var/log/mail.info
##mail.warn                     -/var/log/mail.warn
##mail.err                      /var/log/mail.err

#
# Logging for INN news system.
#
##news.crit                     /var/log/news/news.crit
##news.err                      /var/log/news/news.err
##news.notice                   -/var/log/news/news.notice

#
# Some "catch-all" log files.
#
##*.=debug;\
##      auth,authpriv.none;\
##      news.none;mail.none     -/var/log/debug
*.=info;*.=notice;*.=warn;\
        auth,authpriv.none;\
        cron,daemon.none;\
        mail,news.none          -/var/log/messages

#
# Emergencies are sent to everybody logged in.
#
*.emerg                         :omusrmsg:*

#
# I like to have messages displayed on the console, but only on a virtual
# console I usually leave idle.
#
#daemon,mail.*;\
#       news.=crit;news.=err;news.=notice;\
#       *.=debug;*.=info;\
#       *.=notice;*.=warn       /dev/tty8

# The named pipe /dev/xconsole is for the `xconsole' utility.  To use it,
# you must invoke `xconsole' with the `-file' option:
#
#    $ xconsole -file /dev/xconsole [...]
#
# NOTE: adjust the list below, or you'll go crazy if you have a reasonably
#      busy site..
#
daemon.*;mail.*;\
        news.err;\
        *.=debug;*.=info;\
        *.=notice;*.=warn       |/dev/xconsole

ディレクトリが存在しないとエラーとなる物もあるのでディレクトリを起動時に作成

# vi /etc/rc.local

以下を追加

#!/bin/sh -e
#
# rc.local
#
# This script is executed at the end of each multiuser runlevel.
# Make sure that the script will "exit 0" on success or any other
# value on error.
#
# In order to enable or disable this script just change the execution
# bits.
#
# By default this script does nothing.

# Print the IP address
_IP=$(hostname -I) || true
if [ "$_IP" ]; then
  printf "My IP address is %s\n" "$_IP"
fi

##Add below line
mkdir -p /var/log/samba
mkdir -p /var/log/fsck
mkdir -p /var/log/apt
mkdir -p /var/log/ntpstats
chown root.ntp /var/log/ntpstats
chown root.adm /var/log/samba
touch /var/log/lastlog
touch /var/log/wtmp
touch /var/log/btmp
chown root.utmp /var/log/lastlog
chown root.utmp /var/log/wtmp
chown root.utmp /var/log/btmp
##Up to line

exit 0

再起動して確認

# shutdown -r now

(再起動)

$ free
             total       used       free     shared    buffers     cached
Mem:        752856     154544     598312       5396      10872      90120
-/+ buffers/cache:      53552     699304
Swap:            0          0          0
$ df
ファイルシス   1K-ブロック    使用   使用可 使用% マウント位置
/dev/root         29826916 2099868 26479148    8% /
devtmpfs            372092       0   372092    0% /dev
tmpfs               376428       0   376428    0% /dev/shm
tmpfs               376428    5292   371136    2% /run
tmpfs                 5120       4     5116    1% /run/lock
tmpfs               376428       0   376428    0% /sys/fs/cgroup
tmpfs                16384      96    16288    1% /var/log
tmpfs                16384       0    16384    0% /var/tmp
tmpfs                16384       0    16384    0% /tmp
/dev/mmcblk0p1       58234   20860    37374   36% /boot
$ ls -l /var/log
合計 88
drwxr-xr-x 2 root root     40  4月 16 19:00 apt
-rw-r----- 1 root adm     502  4月 16 19:00 auth.log
-rw------- 1 root utmp      0  4月 16 19:00 btmp
drwxr-xr-x 2 root root     40  4月 16 19:00 fsck
-rw-r--r-- 1 root utmp 292292  4月 16 19:00 lastlog
-rw-r----- 1 root adm   28072  4月 16 19:00 messages
drwxr-xr-x 2 root ntp      40  4月 16 19:00 ntpstats
drwxr-xr-x 3 root adm     120  4月 16 19:00 samba
-rw-r----- 1 root adm   48869  4月 16 19:00 syslog
-rw-rw-r-- 1 root utmp   2304  4月 16 19:00 wtmp
$ $ ls -l /var
合計 28
drwxr-xr-x 2 root root 4096 1月 7 2015 backups
drwxr-xr-x 9 root root 4096 3月 4 01:19 cache
drwxr-xr-x 36 root root 4096 3月 4 01:19 lib
drwxrwsr-x 2 root staff 4096 1月 7 2015 local
lrwxrwxrwx 1 root root 9 3月 4 00:21 lock -> /run/lock
drwxr-xr-x 6 root root 240 4月 16 19:04 log
drwxrwsr-x 2 root mail 4096 3月 4 00:21 mail
drwxr-xr-x 2 root root 4096 3月 4 00:21 opt
lrwxrwxrwx 1 root root 4 3月 4 00:21 run -> /run
drwxr-xr-x 5 root root 4096 3月 20 04:13 spool
drwxrwxrwt 2 root root 40 4月 16 19:05 tmp
$

ここまで

(追加:2017.4.17)

ハードウェア乱数生成器

ラズパイにはハードウェア乱数生成器が搭載されているそうだ

カーネルモジュールとか既に利用できるようになっているのでrng-toolsパッケージをインストールする

microSDメモリカードが値上がりしている

microSDメモリカードが(SDメモリカードも含め)値上がりしているようだ

去年の11月頃だと安値で32GBが1K,64GBでも1.6K~2Kという位の価格だったのが約1.5~2倍にもなっている

性能は異なる(Read90MB)がドン・キホーテで最安値の以下は¥1,780であった

32GB

90MB

年末あたりにどこかのページでNANDメモリに関してSSDの需要が伸びるため供給不足になり年明けから1~2割程度上がるという情報があったがとんでもなく高騰しているようだ

しばらく下がりそうにもないよう思えるので仕方なく(2枚)購入した

ページ移動

  • ページ
  • 1
  • 2

ユーティリティ

タグクラウド

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

Feed