エントリー

2015年03月の記事は以下のとおりです。

ディスプレイモジュールのピンピッチを変換してみた

秋月のオシロスコープキットに付属していたグラフィック・ディスプレイモジュール(128x64ドット 白抜き TG12864E-02)をArduinoで使えるようにするためピンピッチを変換する

Cタイプのユニバーサル基板のふちの部分に2mm間隔の穴を開けて2mmのピンソケットを取り付ける(瞬間接着剤で固定した)

基板の方には2.54mmのピンヘッダを取り付け、ピン間をポリウレタン銅線を使って繋ぐ(これがピッチ変換基板となる)

ディスプレイモジュールには2mmのピンヘッダを取り付けてユニバーサル基板に固定

ユニバーサル基板に取り付けた2.54mmのピンヘッダでArduino用ユニバーサル基板やブレッドボードに取り付けて利用する

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

タグクラウド

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

Feed