エントリー

カテゴリー「観光」の検索結果は以下のとおりです。

四国カルスト

  • 2019/10/27 20:43
  • カテゴリー:観光

良い天気(天気予報ライブカメラでも確認できる)ということで,行こう行こうと思っていた「四国カルスト」へ

四国カルストは日本三大カルストの1つだそうで拙者は他の2か所「秋吉台」「平尾台」には既に訪れている(ただし秋吉台では大雨だったため再度いかなければならない)

標高1,400mもの高原なので出来るまでに時間かかってるなって思うけど広さで勝る「秋吉台」のほうが有名

訪問後の感想だが「四国カルスト」ならではの壮大な風景は他では観られないだろう

訪問前調査

四国に生まれながらにして行き方が良く判らない場所であったためネットでかなり調べた

そして「四国カルスト」は標高1,400m前後の場所に東西に渡っての1本の道路(高知県道383号線)があり東は「天狗高原」西は「大野ヶ原」であることを知る

Googleマップで確認したところ自宅から片道2.5~3時間(往復5~6時間)の日帰り全行程8~10時間予定とすれば滞在は2時間位が妥当

実際はもっと掛かるかもしれないので効率良く回らないとならない

そこで案1を「大野ヶ原」へ向かい西から東へ四国カルストを移動,「天狗高原」から(その時の)最短ルートで帰途

案2は「大野ヶ原」へ向かう36号線の途中で時間を確認し(大野ヶ原をパスして)姫鶴平へ向かうルートを計画

案1(左),案2(右)

R011.pngR012.png

(注)「天狗高原」からの帰りのルートは後付け(その場所で判断した)

大野ヶ原

8:00過ぎに出発,松山IC経由で33号線を高知方面へ進み440号線へ入る

R001.png

440号線から36号線(旧440号線?)に入ったところ,少し行くと「四国カルスト」への分岐(旧440号線)があり383号線と合流する

IMG_20191027_104608539.jpg

狭い36号線(写真以上に暗く狭いので十分に注意を)

IMG_20191027_105730267.jpg

大野ヶ原方面へ道なりに進むと開けた場所にでる

IMG_20191027_110628187_HDR.jpg

更に進むと(大勢の人が居るので直ぐに判る)「ポニー牧場」に到着(11:00)

IMG_20191027_111423930_HDR.jpg

隣に「もみの木」という喫茶店があり,無料の駐車場とトイレも完備されているため休憩所となるようだ

なので牧場へは必然的に訪問してしまう(してしまったw)

IMG_20191027_112011643.jpgIMG_20191027_111753538.jpg

ヤギさんに歓迎されたようで何も言えないw(他にポニー,うさぎ,鹿が滞在)

源氏ヶ駄場

ポニー牧場から姫鶴平へ向かう途中(大野ヶ原)にある(牧場からも見える高い山)

IMG_20191027_113659956_HDR.jpgIMG_20191027_113824084.jpg

こうゆう場所ですが,どうゆう場所かはネットで調べてくだし

IMG_20191027_114107086.jpg

標高は約1,400m,本日(10/27)の気温が12℃

晴天で暖かかったためピクニックの方々(2グループ)が駐車場の良い場所を占有してた(これを楽しみにしてる方々がいるようだ)

姫鶴平

大野ヶ原から383号線で東へ行くと途中で(右折して)旧440号線と合流し直ぐ(左折して)383号線へ戻る

R002.png

 

進んだところのすぐが「四国カルスト」の中央あたりとなり,その先に高原「姫鶴平」がある(姫鶴荘があり食事可能)

IMG_20191027_120953806.jpg

晴れていたおかげで遠くに石鎚山が観えた

IMG_20191027_120924806_HDR.jpgIMG_20191027_121009123.jpg

風車があり牛も放牧されていた

IMG_20191027_121013231_HDR.jpgIMG_20191027_122145001.jpg

天狗高原

風車から東へ進むと姫鶴牧場,五段高原,天狗高原,天狗荘(食事可能)で終点

IMG_20191027_123550192.jpgIMG_20191027_124347038.jpg

帰路

天狗荘に着いた時点で13:00になったため帰宅することにした

R003.png

天狗荘から北側の道となる303号線を降りれば440号線に出る

IMG_20191027_132704580_HDR.jpg

御三戸嶽

33号線の途中の面河渓や石鎚スカイラインへ向かう交差点の「御三戸嶽」が素晴らしかったので高知方向から撮影

IMG_20191027_135615881_HDR.jpg

帰りは渋滞に巻き込まれたこともあり帰宅は16:15となる

御参考(2019.10現在)

一度行ってみればなんてことないが最初だと調べても不明な部分が多かったので参考までに記載する

  • 440号線は(ほんの一部を除くが)整備された道路で高低差はあるが平地レベルでの走行が可能
  • 36号線はほとんどが未整備で幅2m道路だらけなので超注意の事(ライト点灯,カーブ最徐行,対向場所確認と譲り合い精神,煽りは速攻譲り)
  • 383号線は狭い区間もあるが場所メインであるため速度さえ注意していれば問題ない
  • 303号線は比較的整備された林道(狭い区間もある)だった

(休憩所)

  • 国道沿い:道の駅を利用すると良い
  • 440号線:ししまる(WCあり)

(注)440号線から山道に入ると後は要所にいかないと(人工の)休憩所は無い

(その他)

  • バイクには道を譲る方が良い
  • 下り時の走行速度に注意
  • 山道走行前の平地で休憩を多めに取っておくべし

東平(とうなる)

  • 2019/10/26 20:17
  • カテゴリー:観光

RX100を使いたくてうずうずしているところに久々に晴れということもあり近場の別子山村~金砂湖ルートを選択,途中で東平(とうなる)へ久々に行った

久々で忘れてしまっていたようだが道が狭いので怖かった

IMG_20191026_141253076.jpg

旧東平第三変電所も変わりなく存在

IMG_20191026_142739835_HDR.jpgIMG_20191026_143141650_HDR.jpg

上(登山すれば)に行けば鉄道跡が見れるみたいだ

観たような気もあるが忘れたので元気な時に挑戦してみるかな

IMG_20191026_143419324_BURST001.jpg

索道基地跡,貯鉱庫跡へ行くためにインクライン跡(220段の階段)を降りた

IMG_20191026_150254745.jpg

索道基地跡と貯鉱庫跡

IMG_20191026_150435867_HDR.jpgIMG_20191026_150556415.jpg

上からだと

IMG_20191026_151918251.jpg

東平で時間を過ごし過ぎて,この後は移動だけで撮影は断念

豊稔池ダムと大興寺

  • 2019/10/13 19:59
  • カテゴリー:観光

購入したRX100でようやく撮影することができた

豊稔池ダム(ほうねんいけダム)

DSC00075.jpg

四国八十八景の1つ(香川)で,現存する日本最古の石積式マルチプルアーチダムということもあり文句のつけようのない歴史ある場所である

DSC00097.jpgDSC00096.jpg

旧土砂吐樋門と旧中樋取水口(右)

DSC00102.jpgDSC00104.jpg

この古臭さがたまらない

DSC00120.jpgDSC00127.jpg

上流から撮影(ダム前に駐車場と公園,上流部にも駐車場がある)

封鎖されている場所もあり危険なので無理しないように

DSC00121.jpg

ダムによる人造湖は豊稔池と命名されている

四国八十八箇所67番霊場 小松尾山 大興寺(だいこうじ)

撮影対象として緑の風景や人物も良いが建造物(特に木造)はやっぱ見栄えがする

DSC00181.jpg

DSC00179.jpg

DSC00149.jpg

DSC00160.jpg

逆光だがプレミアムおまかせオートでそれなりに撮れている

DSC00168.jpg

新しい企画(楽しみの1つとしてこれから)

四国八十八箇所霊場についで四国八十八景というのがあり訪れて撮影していこうかと考えている(全景はフォトギャラリーで紹介していくつもり)

高知~しまなみ海道

  • 2019/09/23 20:25
  • カテゴリー:観光

9/20~23の予定で友人が高知に旅行にきたので21日から会いにいった

残念ながら台風17号の通過があり予定の全日程を高知で遂行できず拙者は高知~しまなみ海道への旅となる

お土産

21日,高知へ移動する前,前回は香川に着た時に案内したが休みで食べれなかった「がもううどん」が,本日は開店しているとの情報を得たため,お土産にしようと店へ向かった

拙者も久しぶりだったので食べることに・・・

IMG_20190921_104612401.jpg

10:00時点で30分待ち・・・その後は行列が増える一方

IMG_20190921_105502766_HDR.jpgIMG_20190921_105513123_HDR.jpg

「がもううどん」のお土産を手にいれ,ついでに「山越えうどん」もお土産に

山越えもいつものとおり長蛇の列

龍河洞

お土産を持って高知へ移動

昔と違って高速道路があるので高知も近くなったものだ

ホテルのチェックのみ(早い時間だったのでインは後に)済ませた後,雨の影響を避ける選択で「龍河洞」を観光

拙者は小学生の時から何度か来てるのだけど何故か追加工事中とか改修工事中に当たりまともに観光できたことが無かった

今回は三連休なのに天候も優れないためか人は少なかったし普通に回れたので満足

IMG_20190921_153224281.jpgIMG_20190921_153314335.jpgIMG_20190921_153505059.jpg

ひろめ市場

「龍河洞」の観光後はホテルのチェックインを済ませ「ひろめ市場」で夕食開始

活気のある市場で人が多い

普通の席は満員で座れなかったので市場にある店?の席に入る(酒類は持ち込めないが食べ物は持ち込み可能であった)

十分に楽しんでホテルへ戻る

室戸岬

22日,残念ながら台風で飛行機が危ういということで友人は帰ることになり高知の竜馬空港まで送る

拙者はこれまで行くチャンスがなかった室戸岬へ向かうことにした

やってきました室戸岬(遠かった)

IMG_20190922_141558847_HDR.jpgIMG_20190922_142335918_HDR.jpg

台風の影響も少なく晴れていたが太平洋の波は大きい

IMG_20190922_141824424.jpg

この後,天候も良いというわけでもなかったので行く場所もなくホテルに戻って休もうと移動したが,途中でホテルを引き払い帰宅することにした

帰路(おまけ)

帰路中の高知道(高速)は(山中ということもあり)強風のため50㎞制限,更に,松山道(愛媛の高速)では豪雨となっており50㎞制限

高知での天候と大きく違いがあったことに驚く(四国の山のせい?後で高知の天候も悪くなったのだろうか?)

尚,帰宅した理由は高知に来れなかった因島の友人に折角購入したお土産を次の日に持っていく約束をしたためである(近くから移動することを選択)

今治城

23日,因島まで行くことにしたが,折角なのでしまなみ海道を楽しむことにした

その最初の訪問地として(観た事がなかったこともあり)今治城を選択

IMG_20190923_092104320_HDR.jpg

快晴になったおかげでカメラの性能は低いが綺麗に撮影できた

因島公園(因島)

瀬戸内海を一望できるとして,狙いを因島公園と亀老山展望公園(大島)を選択(残念ながら後者は時間切れのため見送り)

理由はドローンで撮影(高知にも持っていったが使える場所が無かった)したかったためで,まずは因島公園へ向かう

こういった場所は,天候の良しあしに左右されるのだが,本日は最良の日となったことに感謝する

IMG_20190923_103632134_HDR.jpgIMG_20190923_103916734_HDR.jpg

IMG_20190923_104107653.jpg

因島公園から(映像:640x352 H.264 mp4 3:50s DL再生89MBytes)

vlcsnap-00001.png

山頂にはTV塔が設置されていたので途中の広場から離陸させた

風が強く流されるので無難なところでドローンでの撮影は終了

HAKKOパーク(因島)

時間つぶしに行ったような場所(こちら)10分位で飽きる

伯方の塩ラーメン「さんわ」(伯方島)

本来なら尾道ラーメンで良しなのだが,しまなみ海道でラーメンをググってみると「伯方の塩ラーメン」があったので食べにいった(こちら

塩ラーメンは麺が正直になり全体の良しあしがはっきりするためか専門店は少ない(関東だとかん水含麺が多く,これを塩スープで食べるって味覚かおかしいとしか思えない)

店はそれなりに客入りもあり人気あるようだが正直にレポートすると(★5満点評価)スープは★3,麺と具はダメで全体が★2ってところ

スープはあっさりでまあまあ,でも少々(グルタミン酸系)のダシが欲しいところ

麺は調理ミスもあったのかもしれないが,もっと腰のある細麺を選択するか細麺を止める方向で改良した方が良いと思う

具は,まったく生きてないと感じた

ドルフィンファームしまなみ(伯方島)

小さな子供(お孫さん)が一緒だったこともありイルカを観にいくことにしたのだけど,イルカの可愛らしさと,のどかな雰囲気が(還暦が近い)大人も満足させられる場所であったことに尽きる

IMG_20190923_135911529_HDR.jpgIMG_20190923_135948022_HDR.jpg

IMG_20190923_135950073_HDR.jpgIMG_20190923_135951939.jpg

不思議と満足できる観光スポット,正式HPは(こちら

備考

本ページの高解像度写真と追加の写真はPhotoGallery

ページ移動

ユーティリティ

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着エントリ

新着コメント

過去ログ

Feed