エントリー

カテゴリー「実験・研究」の検索結果は以下のとおりです。

クラップ発信回路を調整してインダクタンスを測定

LPC用のコイルをクラップ発信回路で調整しようとしたが発振しないせいで上手くいかなかったのでコンデンサーの容量を変更して確認することにした

確認するために用意したインダクタは7種で,市販品の,1mH,680μH,470μH,220μH,100μH,47μH,10μH

IMG_20211121_133730.jpg

目的とするインダクタは手巻きの,0.4μH,0.3μHで,間がないので手巻きで,5μH,1.1μHを作製

IMG_20211119_192552.jpg

回路図のC2,C3,C4の容量を変更して確認する

SC_20211112_01.png

発振して計算して判定できたインダクタをチェック

C2,C3,C4の容量(pF) 判定できた最大インダクタ(μH) 判定できた最小インダクタ(μH) 備考
80,000 1,000 47 コンデンサの表記は0.1μFだが測定すると0.08μF
3,300 680 47  
1,000 47 1.1  
680 10 1.1  
470 5 0.3 目的のインダクタが確認可能レベル
330 - - ミスがあり測定不能で終了

(注)最大インダクタは必要ないので確認していない物もある

新しいシンクロスコープ(H052)も並行使用して確認(10Mhz位までは正確のようだ)

IMG_20211119_183222.jpg

なんとか目的のインダクタで発振して計算できたのだが,300~400nHで手巻きしたコイルのが600~800nHだったので正確なのかどうか判断できない

・・・

と,思っていたところへ安価(約2k)だが0.001μHまで計測可能なLCメーターが届いた

IMG_20211119_195758.jpg

が,マニュアルもなく使い方が全く不明なので本日は止め

(追加)

しばらく良く使いそうなので基板に載せた

IMG_20211128_141342.jpg

回路図は以下だがC2,C3,C4はもう少し減らした方がよかったようだ

Trは(2SC1815でも問題ないが)トランジション周波数の高い2SC1923が手持ちにあったので使用

発振回路_回路図.png

LPC用のコイルをクラップ発信回路で調整しようとしたが失敗

NOAA用アンテナ(137MHz)とBCL用アンテナ(HF),地デジ(UHF)とBS用アンテナ(SHF)を混合して宅内に引き込んだので少しでもノイズ除去のため専用の分波器を作りたいのと,SDRのHF受信用クリスタルコンバーターを作るためにフィルター(LPF,HPF)が必要となるが,そのフィルターのパーツであるコイル(ソレノイド・コイル)が市販品にはない(探せばあるのか?)ので手作りとなる

そこで手作りのためのサイトを参考に作ってみた

IMG_20211116_182521.jpg

毎回,必要インダクタンスで巻き数を計算するのも面倒なのでスプレッドシート化

SC_20211112_03.png

手巻きだけど,それなりのインダクタンスになるらしいが,やっぱり正しいのか確認したいので手持ちのLCテスターで計測してみた

IMG_20211116_190504.jpg

が・・・このテスターの最小単位が1μHなんで,今回作りたい最大コイル400nHも測れない

どうしたもんか・・・安い計測器ないかも探してみたがnHまで計測できる機器だと高価なのしかない(秋月に7Kで良いのがあるけど)

ここは安価に済ませたいので探してみると「クラップ発信回路」を使って計測ってのがあって簡単な部品でできるので採用(クラップ発振なのは安定度が高いからである)

計測したいのは50nH~500nHなので,このインダクタンスで発振して計測できるようコンデンサを調整

SC_20211112_01.png

実際に動作させてみるが発信しない・・・何故?

IMG_20211116_191812.jpg

LTspiceで確認してみるとちゃんと発振しているので回路の問題はないと思われる(以下は0.1μFだが3300pFでも発振している)

SC_20211112_02.png

尚,クラップ発信回路の出力はエミッタでも可能だが(トランジスタの場合)波形の歪みが大きくなる

試しに手持ちの市販コイルを使って確認すると発振した(以下は1mH)

IMG_20211116_191737.jpg

その他,47μH,100μH,220μH,470μH,680μHで発振を確認

このオシロでは(帯域200kHzなんで)周波数は正確にカウントできないため,この前ケース化した周波数カウンタで確認したところ(そこそこ)計算上のインダクタと一致したのでインダクタ計算に使えそうだと思う

SC_20211112_04.png

しかし(設計)nHあたりでは発振していないようなので更に調整もしくは回路変更が必要

5V昇圧DCDCを評価の続きの続き

ダイソー モバイルバッテリーのリップルが多かったのを出力側へコンデンサ追加で改善できるはずなので試してみた

バッテリーの充電等なら問題にならないが,マイコンの電源では基準電圧等の影響もあるため簡単に解消できるなら試しておこうと思うし,折角簡単に手に入る5V昇圧DCDCを見捨てるのも勿体ないためである(中華DCDCよりコンパクトというのも理由の1つ)

先ずは不要なパーツを外し付けられていたパーツを付け直してみた

IMG_20180224_182950283.jpgIMG_20180224_183003718.jpg

早速オシロで計測したが結果は変わらず

IMG_20180318_172223590.jpgIMG_20180318_171335073.jpg

そこで出力側に1μFを付けてみたがほとんど変化なし

IMG_20180318_171600036_BURST000_COVER.jpgIMG_20180318_171609473.jpg

10μFにしたところ少しは改善

IMG_20180318_171633550.jpgIMG_20180318_171651692.jpg

22μFにアップして効果あり

IMG_20180318_171758250.jpgIMG_20180318_171815650.jpg

もう少しなんとかなるか細かい波を小で押さえるため22μF+1μFにしてみるが変わらず

IMG_20180318_171940031.jpgIMG_20180318_171950983.jpg

22μF+0.1μFで少しの変化はあったが影響するほどではない

IMG_20180318_172132404.jpgIMG_20180318_172153934.jpg

出力に22μFを付ける位で良さそうで,もう少し頑張るなら22μF+0.1μFとする

大抵はマイコン側の電源ラインの違いところで0.1μFを付けているので22μFだけで十分と思われる

5V昇圧DCDCを評価の続き

前回の低価格で入手可能な5V昇圧DCDCの続きでオシロスコープで観た結果を追加

環境

入力3.6Vで5Vの昇圧出力,負荷はセメント抵抗で100Ω(50mA)と50Ω(100mA)の出力波形を観察した

IMG_20180218_164655.jpg

出力波形

オシロスコープの表示は縦目盛りを0.5Vにして5Vが中央になるように(0Vは画面下方外)スクロールしている

尚,左が100Ω(50mA),右が50Ω(100mA)の結果

(1)セリア USB charger

IMG_20180218_171101.jpgIMG_20180218_171348.jpg

(2)ダイソー モバイルバッテリー

IMG_20180218_171506.jpgIMG_20180218_171707.jpg

(3)中華 DCDCボード

IMG_20180218_171910.jpgIMG_20180218_172020.jpg

結果

セリアのリップルは問題になる程ではないが100mAになると大きくなっているのが判る

ダイソーはリップルが多く(0.30V位だけど)出力500mAまで使えるのは良いが使うのにためらいを感じる

ダイソーのボードを観るとコイルが基板から浮いているので影響しているのかもしれない

IMG_20180218_182658.jpg

中華はオシロスコープのノイズのみで実質リップルは観られない(50mA→100mAで電圧降下もない)

 

ページ移動

  • ページ
  • 1
  • 2
  • 3

ユーティリティ

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

過去ログ

Feed