エントリー

カテゴリー「入出力装置」の検索結果は以下のとおりです。

マウスを修理

左ボタンが消耗したらしく(本格的に)チャタリングが発生するようになった

IMG_20200412_193346762_HDR.jpgIMG_20200413_192543216_HDR.jpg

半年程前,調子が悪くなってきたのを感じ分解してスイッチ類をアルコールで掃除し復活させて使用していたが,同じ方法では改善しないまで消耗しているようだ

安価なマウスで壊れたら交換するつもりで購入したのだったけど(拙者の)手のフィット感が良いのでどうにか修理できないか模索することにした

一度分解しているので裏に隠れビスの箇所に印しておいた(ビスはヘキサなので専用のドライバが必要)

IMG_20200412_192819175.jpg

消耗した左マウスボタンは手持ちに同様のスイッチは無く,また探すのも困難そうなので交換するのは不可

そこで側面にある(進むと戻る機能)スイッチが同じ物で(利用しないボタンなので)付け替えすることにした

IMG_20200412_192806091_HDR.jpg

底にある基板を取り出すまで少し大変だったがボタンは簡単に取れ交換

ついでにもう1つ右ボタンも交換

IMG_20200412_180439377_HDR.jpg

消耗したボタンを良く観察すると(写真では見えにくいが)表面の半分が凹んで段差が付いていた

IMG_20200412_180427205_HDR.jpgIMG_20200412_192350973-2_HDR.jpg

マウスのボタンがスイッチに接触するパーツの接触面が一部のためのようだ

スイッチの表面を加工して復活させる方法もありそう(次に消耗したら試してみよう)

1394インタフェースカード

いまさらと思われるかもしれないがIEEE1394インタフェースカードを購入

そもそも取り込みが終わってないDVテープがあるのに1394I/FありのPCやノートを廃却してしまったのがミスで新規にWindows10用でありPCI Expressアダプタ版を購入した次第である(PCI版の1394カードは置いてたのだけど何故か使えなかった事も理由である)

IMG_20191018_105314989.jpgIMG_20191018_105357580.jpg

同じカードで安価なものあったけど,価格差もなくDVケーブルとロープロファイル用のアダプタ付属だったこともありこちらを選択

IMG_20191018_105418129.jpgIMG_20191018_105430371.jpg

この後,DV取り込みを行うわけだが,これが結構苦労した

再生は「SONY DCR-PC150K」

IMG_20191019_093524229.jpgIMG_20191019_093547865.jpg

もうかなり古い物なのでソフトウェアが厳しいだろうと覚悟はしていた

添付ソフトウェアはWindows10ではインストールできても動作しない(アンインストールも不可で酷い目に)

その後SONYサイトを確認したら「PlayMemories Home」に置き換わっているとあるが残念ながら全く動作せず(動作しないなら動作しないと明言して欲しいものだ)

そこそこ嵌ったが,DVを接続した時に表示されるPnPの動作方法を速攻(表示タイムアウトがあるため)で選択すれば起動されるWindows10のDV取り込みソフトウェアで取り込みはできた(実は取り込みソフトウェアの起動方法が判っていない)

もう35年も前のビデオ(VHS-CからDVへ変換しておいた)が久々に鑑賞でき満足

12年前の引っ越し時にβテープは全て廃却,8㎜ビデオテープはあるがこいつは諦めかな(ちなみに原本となるVHS-Cテープは現存)

安いメンブレンキーボード

安い(¥1K)メンブレンキーボードを見つけたので使用してみた

キーボード

拙者は1994年頃からアルプスのメカニカルキーボードを主流に使っていた(いろんな用途に適合していたってのがある)

それも予備で購入していたのも含み1年ほど前に遂に壊れてしまって以降ここ1~2年は,少しは使えそうだなと感じたパンタグラフキーボードを(しかたなく)使用していた

しかしパンタグラフキーボードはどうしてもキー入力感が無くいまいちしっくりこないと思って良さそうなキーボードないかなって思っていたら安いながらも使えるメンブレンキーボードを見つけた訳だ

パッケージ

そこそこ使える

プリンタを購入(買い替え)

ブラザーのDCP-J968NーBを購入した

DCP-J968N-BIMG_20190929_153655578.jpg

ケーズデンキで税込み¥13K,更に今だとキャッシュバック¥3Kがある(お得!)

まだ自身ではたいして使っていないが巷の評判は良いようだ

特にランニングコストが評価されている

今回,ブラザーを選択した理由は

  • エプソンのプリンタはもう嫌だ
  • ランニングコスト
  • レーベル印刷
  • 安く購入したい(少なくとも¥20~30Kも出費したくない)

で,ぴったしのプリンタがブラザーだった

中位機種の767で十分,もしくは価格次第で去年の機種でも良かったが,767と価格が同じだったので968を選択(去年の機種は既に無かった)

尚,上位機種の968はADFが付いている

プリンタを購入(買い替え)した経緯

前日になるがそろそろ年賀状を作らないといけないので印刷するためプリンタ(PX-A740)をチェック

PX-A740

案の定ヘッドのインク詰まりのため正常な印刷はできない

ここ数年は同じなのでいつものことということで対策としてヘッドクリーニング・・・は,1年前まででその後はヘッドクリーニングだけでは回復しないのでヘッドをエタノールで洗浄している

洗浄は簡単で(詰め替えインクセットを使い)エタノールインクカセットを作ってヘッドクリーニング

詰め替えインク

しかし,これまでは確実に回復したのだが・・・今回は何故かカセットを認識してくれない

〇〇色のインクカセットがセットされていないと表示され,できることはインク交換だけで操作不能

このプリンタは4色全てのインクカセットが認識されないと何もできない,例えば黒インクだけあれば黒で印刷できても良いだろう!っていつも思うだが(これはプリンタが古いせいでなく現在もエプソンはそうらしい)

すったもんだで手をインクで汚しながら認識できる空カセットを探して試すが,どうも純正品の正常に認識できるカセットでもリセッタを使うと認識しなくなることが判明

リセッタ―

前回までは問題なかったので何でなんだろう?と悩んでしまったが,もうここまで(4時間位苦闘)やったので諦めることにした

散々

詰め替えインクセットも安いものではなかったので意地になって判断をミスったようだ

プリンタ歴

紙は最終的に廃却しないといけないため極力使わない電子化を重要視していたため今回でたしか4代目になる

1代目:EPSON MPー80の改良型,¥160Kもしたがコンシューマ向けプリンタとして当時は安価で喝采を受けたプリンタ,当時はプログラムソースを印刷しないとソフトウェア開発ができない時代だった

2代目:ALPS MD-1000(マイクロドライ),当初はインクジェットより写真はかなり綺麗だった,文字はレーザーのように鮮明でインクジェットは相手にならない程,後に発売された溶融型に買い替えようとしたが残念ながらALPSは販売をやめてしまったため諦めることに

3代目:PX-A740,複合機ってことで購入(¥20Kだったかな),カラー印刷は年賀状印刷を期待した程度(4色顔料なんで葉書印刷に向いている),スキャナは重宝していた

手差し印刷(何度も嵌るので追加)

このプリンタの手差し印刷方法

  • ソフトからの設定はなし
  • 単に裏の手差し用プレートを開け用紙をセットすれば手差し印刷となる
  • 手差し用紙のセットでプリンタ画面に表示があるがOKしなくても印刷実行すれば手差しの用紙が選択
  • ただし連続印刷は不可で印刷途中に手差しの用紙をセットすると一緒にトレイの用紙が引き込まれ印刷される(手差しの用紙が上になって印刷)

ページ移動

  • ページ
  • 1
  • 2
  • 3

ユーティリティ

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着コメント

Re:インタネット接続障害(記録)
2020/04/05 from admin
Re:インタネット接続障害(記録)
2020/04/04 from 高田
Re:デサルフェーターを製作
2020/03/04 from クラブマン
Re:デサルフェーターを製作
2020/03/01 from admin
Re:デサルフェーターを製作
2020/02/29 from クラブマン

過去ログ

Feed