エントリー

2016年01月の記事は以下のとおりです。

久々にaitendoで購入

Arduinoを使用した製作物(予定)で利用するために丁度良いグラフィックLCDと抵抗があったので、久しぶりにaitendoで購入(基本的に怪しげなキットは購入しない)

月曜の夜に注文して木曜に届いた

01

02 

全体をプチプチで包装しておいてくれたほうが安心できるのですけどね・・・

購入品

FSTN液晶モジュール(128x64/SPI):小型の表示液晶が欲しくて実績がある物を選択

03

金属皮膜抵抗各種:不足の抵抗を調達

04

ブートローダライタキット(ゼロプレッシャーICソケット版):ゼロプレッシャーICソケットを使うため購入

05

その他(USB-TTL変換キットあちゃんでいいの(実装済み)(基板の色: 青色)、ATmega8/88/168/328シール(10枚入)):お試し用

06

直ぐには手が出せそうになりので暫く置いておくことになりそう

auのサポートは酷かった

携帯が(昼間は通話できたのに夜は不通になるという)突然調子が悪くなり修理して貰おうとauショップに持っていった(年末)

旧

auショップで再度確認したところ、発着信はでき通話中こちらの声は問題ないが相手の声が聞こえない(メールを含む他の機能は問題なしだった)

店員がSIM(auではIC)を交換すれば直るかもしれないとSIM交換は無料ということで行ったら発着信も出来なくなる

古い機種で修理も難しそうだったこと、通話が出来ないと困ることもあり余り深く考えない(これがミス)で機種変更することにした(手数料:¥2,000、端末代:¥32,000)

新

電話帳はauショップで新しい端末へコピーしてもらえたので問題なし

メールはこれまでどおりSDカードへバックアップして重要なものだけをPC経由で送り込もうと考えていた

(数日経過)

機種変更したのが年末だったので、しばらく経過して旧機種からメールの取り出し処理を実施

しかし読むこと(端末で閲覧)ができない

この端末(機種)はメールの閲覧ができないとメモリーカード(SDカード)へバックアップすることができない

最悪でもメールが閲覧できないと困るので再度auショップへ

ところが「機種変更したら読めません」ってことでまったく話にならない(かなりの低レベル対応)

しかたないのでサポートへ電話

ここでも低レベル対応で「仕様です!機種変更したら読めません」の一点ばり

旧端末は廃品だとも言われ、どうやら機種変更してくれたら昔の携帯なんか知りませんよっていうのがau仕様らしい

こちらとしては、

「auに機種変更を余儀なくされ旧メールデータを全て閲覧不可にされてしまった」

という解釈になるのだが何もしてくれない

酷い話である

大体「機種変更したら旧機種では閲覧できない」って、なんというカス仕様なのか(auのエンジニアのレベルは○○だわ)

おかげでこれまで受信したメールは重要な物もあったのに全てパァとなり非常に悔しい思いだけが残ることになり機種変更しなければよかったと後悔

財布の都合もあるので悔しいが直ぐにはいかないのだが、こんな対応をするauは流石に使う気がしないから止めるつもりである

少なくともメールは移行しないとダメだ

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

タグクラウド

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

Feed