エントリー

カテゴリー「カメラ」の検索結果は以下のとおりです。

1394インタフェースカード

いまさらと思われるかもしれないがIEEE1394インタフェースカードを購入

そもそも取り込みが終わってないDVテープがあるのに1394I/FありのPCやノートを廃却してしまったのがミスで新規にWindows10用でありPCI Expressアダプタ版を購入した次第である(PCI版の1394カードは置いてたのだけど何故か使えなかった事も理由である)

IMG_20191018_105314989.jpgIMG_20191018_105357580.jpg

同じカードで安価なものあったけど,価格差もなくDVケーブルとロープロファイル用のアダプタ付属だったこともありこちらを選択

IMG_20191018_105418129.jpgIMG_20191018_105430371.jpg

この後,DV取り込みを行うわけだが,これが結構苦労した

再生は「SONY DCR-PC150K」

IMG_20191019_093524229.jpgIMG_20191019_093547865.jpg

もうかなり古い物なのでソフトウェアが厳しいだろうと覚悟はしていた

添付ソフトウェアはWindows10ではインストールできても動作しない(アンインストールも不可で酷い目に)

その後SONYサイトを確認したら「PlayMemories Home」に置き換わっているとあるが残念ながら全く動作せず(動作しないなら動作しないと明言して欲しいものだ)

そこそこ嵌ったが,DVを接続した時に表示されるPnPの動作方法を速攻(表示タイムアウトがあるため)で選択すれば起動されるWindows10のDV取り込みソフトウェアで取り込みはできた(実は取り込みソフトウェアの起動方法が判っていない)

もう35年も前のビデオ(VHS-CからDVへ変換しておいた)が久々に鑑賞でき満足

12年前の引っ越し時にβテープは全て廃却,8㎜ビデオテープはあるがこいつは諦めかな(ちなみに原本となるVHS-Cテープは現存)

デジカメ履歴

  • 2019/10/03 21:31
  • カテゴリー:カメラ

新しいデジカメを手に入れたので,これまで使用したデジカメの履歴を記載する

FUJIFILM DS-10

DS-10.jpg

(既に手持ちに無いのでネットから引用)

1997年に初めて購入したデジカメで35万画素CCD,640x480の液晶無しだが定価¥39,800もした(デジカメの値引きはほとんど無かった時代で高価だった)

記録媒体はスマートメディア2MBが添付(この時代のスマートメディアの最大は4MBで¥6,800)

まだデジカメからPCへはRS232Cでの転送が主であり他の方法としてPCカードアダプタ経由での取り込み方法もあったがノートPCが無いと(PCカードを使うのが)困難だった

またフラッシュ・パスで3.5”フロッピーディスクドライブから取込方法をFUJIFILMは準備したがフラッシュ・パスの発売が遅れたかな

FUJIFILM FinePix700

FP700_1.jpgFP700_2.jpg

(同じく既に手持ちに無いのでネットから引用)

1年後の1998年に待望の液晶付きのデジカメを購入

150万画素CCD(1/2inch)の1280x1024が魅力で定価\99,800と高価だったが速攻で購入

かなりの人気商品となっていたため在庫なしが目立ったが拙者は直ぐに手に入れた

写真のとおり異色の縦型カメラのため片手で撮影すると簡単にブレた(持ち方に工夫が必要)

まだこの頃のデジカメはPCとの整合性良くなかった

NTTドコモ eggy

eggy_1.jpgeggy_2.jpg

(既に手持ちに無いのでネットから引用)

エッギィと読む

2001年頃に手に入れ主に動画撮影に利用

発売はNTTドコモで静止画だけでなく動画も撮影可能(PHSカードにて通信もできた)

コンパクトなボディに35万画素CCDで画質は大したことはないがTFT液晶も付いているため直ぐ確認できる手軽さが画期的だった

デジタル映像記録ができた名器であることは間違いなく,拙者が使ったカメラや映像も含め(肖像権の問題もあるため全部をお見せできないが)一番長い間利用した機種でもある

先にVHS-C,後にDVを所有し使っているが,映像が簡単にPCに取り込めたこの機種は素晴らしかった

SONY DSC-U30

IMG_20191003_191833988.jpg

(液晶がヘタってきたけどまだ動作している)

2002年はデジカメ200万画素時代で画質がプリントに耐えられる製品が出てきた頃となる

この機種はコンパクトで丈夫であった事で主にHP用の写真撮りに利用するため購入(スマホに替わるまで利用していた)

200万画素の1/2.7inchで1,632×1,224で,画質はキレのない甘い感じであった

画質より機能面が良くとにかく素早く簡単に撮影ができた,また自撮り用に正面に鏡が付いている

そして,このデジカメを観た人は,皆「ちいさーい」って言っていたかな(実にコンパクトである)

実は電源が大きな欠点で,電源が単4形ニッケル水素バッテリ×2の2.4Vなのだが純正であるSONYの単4形ニッケル水素バッテリでないと動作しないのである(マニュアルにもSONY製でないと電圧の関係で動作しないと記載されている)

しかたなく追加で4本も購入していたが,後に純正でも動作しなくなり困ったところ,SANYOのeneloopでも少しだけ(容量の約1/4~1/3程度)動作したので延命した(しかし僅かな時間でしか使えないため苦労する)

このデジカメの記録媒体はメモリスティックである

Nikon COOLPIX5700

IMG_20191003_191506784_BURST001.jpg

(ビューファインダーは故障したが液晶画面で確認操作し撮影することは可能)

2002年はまだまだプロのメイン用途ではないが一眼も出始めた頃であり銀塩写真からデジカメに移行し始めた時代ではないかと思った

そのためワンランク上のカメラが欲しくなり選択したのがCOOLPIX5700(こいつも高いが一眼は更に高価だったため無理)

発売時はニコンでも最上位の気合の入ったデジカメであり長い間使える機種であったと思いオプションも含め結構つぎ込んだ(本体の値引きは大きかったけど)

2/3インチCCDの500万画素で画質は十分にプリントに耐えられるものであり現在の解像度で生まれる精細性まではいかないのを我慢すれば今でも十分使えると思う

(CCDイメージセンサーは生産コストの問題もあり後に800万~1000万画素程度で終息,技術の進歩で使えるようになったCMOSメージセンサーの時代に代わる頃だったかな)

RAW記録もできたのでデジカメを自身で現像ということも楽しむため大きな容量の記録媒体が欲しくなるのだが,採用されていた当時の大容量記録媒体のコンパクトPCカード(タイプ2可)でも64~128MBだったため記録できても16枚位となり使うのが厳しかった記憶がある

容量が欲しくて330MBのIBMマイクロディスクも購入したし,時代とともに増えていった512MB,1GBのカードも購入した

SANYO DSC-X1260

IMG_20191009_182019223.jpg

父親が購入したカメラで拙者が選んで購入したのではない

しばらくコンデジとして利用していたが解像度ほどの画像とならずスマホの方が表現力があったと思う

今後は利用する機会はないかもしれない

SONY RX100

IMG_20191009_195809172.jpg

発売は2012年だが購入した最新デジカメとなる

決めては価格もあるが,やはり1inchのCMOSイメージセンサーだな

RX100(デジカメ)を購入

  • 2019/10/03 20:04
  • カテゴリー:カメラ

最近は安易で使いやすいスマホカメラを使うことが多く手持ちのデジカメの性能が過去の物になってしまった

またメインに使用していたCOOLPIX5700のビューファインダーが(二度目の)故障したこともあり新しいデジカメを考えていた

そこでオリンパスのミラーレスが良いかなっと思ってヤマダ電機に現物を観にいったところSONYのRX100が良さそうなコスパ価格で売られているのを発見

IMG_20190929_122827114.jpgIMG_20190929_123335951.jpg

新しいRX100ではなく2012年発売の初代のRX100(正式名:SONY Cyber-shot DSC-RX100)

IMG_20191003_191242283.jpgIMG_20191004_170314907.jpg

購入したのは消費税が上がる前の9/29で税別¥35,800(10%のポイント還元付き)

ポイントでプリンターインクを購入し税の分は返ってきた

カスタマイズ

このRX100は何の飾りもないため多くの人が個性を持たそうとしているようだ(SONYの狙いなのか?)

拙者も前任者に習って(?)お金を掛けないよう最低限のカスタマイズを行うことにした

(革張りグリップ)

テカテカの筐体であるRX100で補強したいのがホールド感(グリップ)である

純正オプションで貼り付けるグリップがあり多くの人が付けているようで,携帯性も変わらないようなので購入しようと思ったが自由度が無くなりそうで考えてしまった

そこで付けた時のグリップ感を代用品でシュミレートしてみたところ,携帯性は損なわないがグリップがさほど良くなるようには思えなかったためL型プレートのグリップを選択することにした

ただL型プレートを装着していない場合でもグリップの滑りを多少は減らしたいため革張りで対処する

選択したのは以下の「張り革キット」

IMG_20191004_170047775.jpg

上部分を張るといまいち見栄えが悪いようなので下部分だけ付けた

IMG_20191004_175049271.jpg

少し付け損なったが持ったときの感触が良くなり滑らなくなった(見た目も悪くない)

(L型プレートグリップ)

Amazonで多くの同様な製品があり価格もピンキリで悩んでしまったが評価がまだ無かった一番安い製品を選択

これが当たりでグリップ感も見栄えも良くて気に入る

IMG_20191005_173348637.jpg

(ケース)

案外とケースは重要である

古風にジャケットケースを考えていたがL型プレート装着状態でも入るケースを選択

IMG_20191005_172104330.jpg

初代RX100なので問題なく入ったのかも

(液晶保護シート)

これまで液晶のある製品で保護しても傷付いたことがないので必要ないのだけどやっぱ付けてしまう

しかしたったの3インチ(70x50)くらいの純正品シートが¥1,650って高価(同等品でも¥1,000前後)

なので,100均のシートをカットして使うことにした

横幅が70前後ならどれでも良く3インチサイズなら2枚分とれる

IMG_20191004_170015755.jpgIMG_20191004_170133466.jpg

しかし,これが上手くいかないもので,カットした部分に歪みが生じ綺麗に貼れなくなるようだ(力を加えずゆっくりとカットしてもダメだった:やり方があるんだろうなぁ)

以下のように(カットした方の)上側が浮いてしまう

IMG_20191005_173403198.jpg

ただし電源入り状態では黒い部分なので気にはならない

綺麗に付けるなら安価な3インチサイズの液晶保護シートを探した方が楽上がりだろう

(追記:2019.10.18)

その後(3枚目)5回挑戦して見栄え良く実装することができた

刃の薄いカッターでゆっくりとカットするのがコツのようだ

IMG_20191019_093034520.jpg

実は100均でデジカメ用の保護フィルムも見つけたが3.0~3.5インチ用しかなく大きすぎてそのままでは使うことはできなかった

型番No.も付いていたので探せばサイズの合う保護フィルムもあるかもしれない

IMG_20191019_093104684.jpgIMG_20191019_093114942.jpg

(落下防止ストラップ)

カメラのストラップは2点ネックタイプがベストである

昔のカメラのストラップを流用しても良かったので優先としては後になってしまった

問題なのがRX100側が携帯ストラップタイプの物であることで,本体に付ける部分は信頼性のある丈夫な製品でなければならない

携帯ストラップタイプは簡単に取れてしまう物が多く注意が必要

たまたま100均で見つけた1点ネックストラップに目が留まり(自作で改良できるようなタイプだったのもあり)試してみることにした

IMG_20191005_195300706.jpg

安全な場所で落下試験した結果,ストラップが破壊されることもなく(ケースとしては1点のほうが望ましかったこともあり,このまま)使うことにした

今後2点タイプで良い物があれば交換する予定

(追記:2019.10.16)

片ストラップだと首掛け移動時にやはり安定しなかったので,結局は両ストラップを手に入れた

IMG_20191016_180530093.jpg

価格の割に良く出来ているようだ

(記録メディア)

動画も撮影できるので128GBのmicroSDを利用することにした(残念ながら本体が未対応なのでUHS-1は使えない)

IMG_20191004_170028153.jpg

現在だと¥1,800位で購入可能

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着コメント

Re:Tomzon D65の初飛行
2021/01/16 from admin
Re:Tomzon D65の初飛行
2021/01/16 from 権限がありません
Re:インタネット接続障害(記録)
2020/04/05 from admin
Re:インタネット接続障害(記録)
2020/04/04 from 高田
Re:デサルフェーターを製作
2020/03/04 from クラブマン

過去ログ

Feed