エントリー

カテゴリー「Ubuntu」の検索結果は以下のとおりです。

Ubuntu Desktopのレーベル印刷

  • 2017/06/04 15:36
  • カテゴリー:UbuntuPC

RetroPieの影響のせいでPS2エミュレータ(PCSX2)をLinuxで動作させたくなったのでUbuntu Desktopをインストールすることにした

最新LTS版の16.04をダウンロードしてDVDに書き込み(CDでは容量不足となったようだ)

折角なのでレーベル印刷してみようと思い,どこかにレーベルデータないものか探してみたが良いのがないので作ることに

それで,印刷したのがこれ(printing by brother DCP-J968N)

レーベル

ささっと作ったためLogoとかの使い方が間違っているかもしれない・・・

データはInkscapeを使って作成しpngで出力して印刷

(Inkscape使い方メモ)

イメージの背景を透明にする方法

①イメージを「選択」
②メニュ「パス」から「ビットマップのトレース」を選択
③チェックボックス「背景を削除」を外す
④「更新」を実行

データをダウンロードできるようにしておくのでもっと綺麗にしてほしいかな

16.04_desktop_DVD_disc_AW.svg(259KB)

16.04_desktop_DVD_disc_AW.png(502KB)

(追記)

ubuntuはsambaが動作せず嵌った(解決はこちらに記載

PCSX2を動作させたところ昔やった時よりはまともに動作しているが残念ながらループすることが多い(ハードリセットしないと復旧しない)

(追記2)

PCSX2をXPで動作させる場合の注意(Windows XPでPCSX2 1.4.0を動かす

Ubuntu Serverを復活させる

  • 2013/04/30 21:11
  • カテゴリー:UbuntuPC

動作不良となったubuntu server(こちら)を修理してみようとコンデンサを購入

ネットで3300μF 4Vは見つからず「共立エレショップ」で「低インピーダンス 電解コンデンサ 3300μF 6.3V」を購入

マルツパーツで購入しようとしてたところパーツ選択画面の反応があまりにも遅かったので途中で止めて変更した

コンデンサ5個で470円、定形外郵便が使え送料は120円だった(総額590円となる)

通販の難点は、時間、送料、選択ミス(自己責任)、送付ミス(店責任)、買いそびれ(自己責任)、不良品(店責任)等で、突き詰めると結局は時間に係わってくる

土日祝が間にあり4/26受付4/27発送4/30着

中身を確認して早速交換作業を始める

やはり30Wの半田ごてでは半田を綺麗に溶かすことができず苦闘(40Wでも歯が立たず半田吸引機も役に立たない)

周辺のパーツが熱くなっていたので半田ごての熱が逃げているように思える

このままでは他のパーツが危ないと思いながら4個は外し、最後の1個はどうしても外すことが出来ず引っこ抜いてなんとかコンデンサの取り外しは完了(ネットで調べてみるとこの手の基板は70Wクラスでないと厳しいらしい)

 

次に余計な半田を取り除くために爪楊枝を準備したが半田が溶けないため役に立たない

最終兵器ピンデバイスで半田を削って穴を開けることにした

注意しなければならないのは半田の削りカスが周辺のチップの端子に引っかかって接触してしまうことである

細心の注意で穴を開け掃除機とピンセットで削りカスを除去

更に裏からドライバの柄で入念に叩いて削りカスを落とす

そして新しいコンデンサを取り付ける

別の障害を引き起こす要因のある交換作業だったため祈る気持ちで電源投入

動作した

BIOSの設定がクリアされてためデフォルトで起動

再度設定しても電源ケーブルを抜くと消えるようなのでバッテリーバックアップ電池を交換

また、DDR266とDDR333の512MBメモリを使用してたのでP4を使っていた時デュアルチャネルで使っていたDDR400 512MB×2に交換(現在のように2枚セットが無かった時代でバラで購入したメモリで、内1枚は単独では動作せず使えないのだが2枚同時に使用してセカンドスロットに装着すると正常に動作する不思議なメモリ)

電源ユニットが変わったので消費電力を再測定

  • 電源OFF時 0W 0VA
  • BIOS 43W 67VA
  • memtest86+(v4.20) 47W 74VA
  • ubuntu server 800MHz駆動時 38W 63VA 800MHz、1.6GHz駆動時 42W 67VA

CPU温度はmemtest86+実施後BIOSで確認すると、CPU:40℃、SYSTEM:29℃(外気22℃)

いまさらながらマザーにCPU FANコントロール機能が付いていたのに気が付いた(最初からファンレス稼動のつもりでヒートシンクを購入したので気にしてなかった)

ちなみにこのマザーは人気が無かったのか店前販売の叩き売り価格(2Kだったかな)で購入したもの

久しぶりにディスプレイ接続でコンソールから操作してるのでubuntuのアップグレードと古いカーネルの削除を実施

$ sudo aptitude update
・・・
$ sudo aptitude upgrade
・・・
(再起動)
$ dpkg -l | grep linux-image
ii  linux-image-3.2.0-29-generic  3.2.0-29.46  Linux kernel image for version 3.2.0 on 64 bit x86 SMP
ii  linux-image-3.2.0-33-generic  3.2.0-33.52  Linux kernel image for version 3.2.0 on 64 bit x86 SMP
ii  linux-image-3.2.0-40-generic  3.2.0-40.64  Linux kernel image for version 3.2.0 on 64 bit x86 SMP
ii  linux-image-server            3.2.0.40.48  Linux kernel image on Server Equipment.
$ sudo aptitude purge linux-image-3.2.0-29-generic
・・・
$ sudo aptitude purge linux-image-3.2.0-33-generic
・・・
$

復旧するかどうかも微妙なコンデンサ交換だったので非常に嬉しい

Ubuntu Serverが起動しなくなる

  • 2013/04/20 23:40
  • カテゴリー:UbuntuPC

ubuntu serverが昨日まで動いていたのに起動しなくなった

BIOSすら起動しないのでCPUが動作してないと思われる

参ったな・・・最近どれもこれも古いからか故障する

・・・

次の日マザー(K8M800-754)を取り出して見てみるとCPU周辺のコンデンサが怪しい

Albatron K8M800-754

5個ともに既に限界(寿命)を超えているように思える(つ~か、かなり酷い状態)

不良コンデンサ

コンデンサの仕様を見ると3300μF 4Vのようだ(入手が難しそうだな)

3300μF

こんなになるまでほっといたから交換しても動作しないかもしれないなぁ

Ubuntu Serverにlm-sensorsを導入

  • 2013/04/16 16:35
  • カテゴリー:PCUbuntu

いまさらながらubuntus serverにlm-sensorsを導入

OS
  • Ubuntu Server 12.04 LTS AMD64
ハードウェア
  • MB: Albatron K8M800-754 (VIA K8M800, VIA VT8237R, RealTek RTL8100C)
  • CPU: AMD Turion 64 MT-30 (CLK:1.6GHz, L2:1MB, TDP:25W)
  • MEM: DDR 266 PC2100 512MB*2
セットアップ
$ sudo aptitude install lm-sensors
以下の新規パッケージがインストールされます:
  libsensors4{a} lm-sensors
0 個のパッケージを更新、 2 個を新たにインストール、 0 個を削除予定、104 個が更新されていない。
133 k バイトのアーカイブを取得する必要があります。 展開後に 554 k バイトのディスク領域が新たに消費されます。
先に進みますか? [Y/n/?] y
取得: 1 http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu/ precise/main libsensors4 amd64 1:3.3.1-2ubuntu1 [31.9 kB]
取得: 2 http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu/ precise/universe lm-sensors amd64 1:3.3.1-2ubuntu1 [101 kB]
Fetched 133 kB in 0秒 (363 kB/s)
Selecting previously unselected package libsensors4.
(データベースを読み込んでいます ... 現在 54989 個のファイルとディレクトリがイン ストールされています。)
(.../libsensors4_1%3a3.3.1-2ubuntu1_amd64.deb から) libsensors4 を展開しています...
Selecting previously unselected package lm-sensors.
(.../lm-sensors_1%3a3.3.1-2ubuntu1_amd64.deb から) lm-sensors を展開しています...
man-db のトリガを処理しています ...
ureadahead のトリガを処理しています ...
ureadahead will be reprofiled on next reboot
libsensors4 (1:3.3.1-2ubuntu1) を設定しています ...
lm-sensors (1:3.3.1-2ubuntu1) を設定しています ...
libc-bin のトリガを処理しています ...
ldconfig deferred processing now taking place

libsensors3が無かったのでどうしようかと思ったが、libsensors4が関連としてインストールされた

$ sensors
acpitz-virtual-0
Adapter: Virtual device
temp1:         +9.0°C  (crit = +65.0°C)

k8temp-pci-00c3
Adapter: PCI adapter
Core0 Temp:   +30.0°C
$ cat /etc/modules
# /etc/modules: kernel modules to load at boot time.
#
# This file contains the names of kernel modules that should be loaded
# at boot time, one per line. Lines beginning with "#" are ignored.

loop
lp
rtc
コンフィグ

自動では定義の設定がされないようなので

$ sudo sensors-detect
# sensors-detect revision 5984 (2011-07-10 21:22:53 +0200)

This program will help you determine which kernel modules you need
to load to use lm_sensors most effectively. It is generally safe
and recommended to accept the default answers to all questions,
unless you know what you're doing.

Some south bridges, CPUs or memory controllers contain embedded sensors.
Do you want to scan for them? This is totally safe. (YES/no): y
Module cpuid loaded successfully.
Silicon Integrated Systems SIS5595...                       No
VIA VT82C686 Integrated Sensors...                          No
VIA VT8231 Integrated Sensors...                            No
AMD K8 thermal sensors...                                   Success!
    (driver `k8temp')
AMD Family 10h thermal sensors...                           No
AMD Family 11h thermal sensors...                           No
AMD Family 12h and 14h thermal sensors...                   No
AMD Family 15h thermal sensors...                           No
AMD Family 15h power sensors...                             No
Intel digital thermal sensor...                             No
Intel AMB FB-DIMM thermal sensor...                         No
VIA C7 thermal sensor...                                    No
VIA Nano thermal sensor...                                  No

Some Super I/O chips contain embedded sensors. We have to write to
standard I/O ports to probe them. This is usually safe.
Do you want to scan for Super I/O sensors? (YES/no): y
Probing for Super-I/O at 0x2e/0x2f
Trying family `National Semiconductor/ITE'...               No
Trying family `SMSC'...                                     No
Trying family `VIA/Winbond/Nuvoton/Fintek'...               No
Trying family `ITE'...                                      No
Probing for Super-I/O at 0x4e/0x4f
Trying family `National Semiconductor/ITE'...               No
Trying family `SMSC'...                                     No
Trying family `VIA/Winbond/Nuvoton/Fintek'...               Yes
Found `Fintek F71805F/FG Super IO Sensors'                  Success!
    (address 0x295, driver `f71805f')

Some systems (mainly servers) implement IPMI, a set of common interfaces
through which system health data may be retrieved, amongst other things.
We first try to get the information from SMBIOS. If we don't find it
there, we have to read from arbitrary I/O ports to probe for such
interfaces. This is normally safe. Do you want to scan for IPMI
interfaces? (YES/no): y
Probing for `IPMI BMC KCS' at 0xca0...                      No
Probing for `IPMI BMC SMIC' at 0xca8...                     No

Some hardware monitoring chips are accessible through the ISA I/O ports.
We have to write to arbitrary I/O ports to probe them. This is usually
safe though. Yes, you do have ISA I/O ports even if you do not have any
ISA slots! Do you want to scan the ISA I/O ports? (yes/NO): y
Probing for `National Semiconductor LM78' at 0x290...       No
Probing for `National Semiconductor LM79' at 0x290...       No
Probing for `Winbond W83781D' at 0x290...                   No
Probing for `Winbond W83782D' at 0x290...                   No

Lastly, we can probe the I2C/SMBus adapters for connected hardware
monitoring devices. This is the most risky part, and while it works
reasonably well on most systems, it has been reported to cause trouble
on some systems.
Do you want to probe the I2C/SMBus adapters now? (YES/no): y
Using driver `i2c-viapro' for device 0000:00:11.0: VIA Technologies VT8237 South Bridge
Module i2c-dev loaded successfully.

Next adapter: SMBus Via Pro adapter at 5000 (i2c-0)
Do you want to scan it? (yes/NO/selectively): y
Client found at address 0x50
Probing for `Analog Devices ADM1033'...                     No
Probing for `Analog Devices ADM1034'...                     No
Probing for `SPD EEPROM'...                                 Yes
    (confidence 8, not a hardware monitoring chip)
Probing for `EDID EEPROM'...                                No
Client found at address 0x51
Probing for `Analog Devices ADM1033'...                     No
Probing for `Analog Devices ADM1034'...                     No
Probing for `SPD EEPROM'...                                 Yes
    (confidence 8, not a hardware monitoring chip)

Now follows a summary of the probes I have just done.
Just press ENTER to continue:

Driver `f71805f':
  * ISA bus, address 0x295
    Chip `Fintek F71805F/FG Super IO Sensors' (confidence: 9)

Driver `k8temp' (autoloaded):
  * Chip `AMD K8 thermal sensors' (confidence: 9)

To load everything that is needed, add this to /etc/modules:
#----cut here----
# Chip drivers
f71805f
#----cut here----
If you have some drivers built into your kernel, the list above will
contain too many modules. Skip the appropriate ones!

Do you want to add these lines automatically to /etc/modules? (yes/NO)y
Successful!

Monitoring programs won't work until the needed modules are
loaded. You may want to run 'service module-init-tools start'
to load them.

Unloading i2c-dev... OK
Unloading cpuid... OK

$

(再起動)

$ sensors
acpitz-virtual-0
Adapter: Virtual device
temp1:         +9.0°C  (crit = +65.0°C)

k8temp-pci-00c3
Adapter: PCI adapter
Core0 Temp:   +34.0°C

とりあえずこれで良いか

ページ移動

  • ページ
  • 1
  • 2

ユーティリティ

タグクラウド

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

Feed