エントリー

カテゴリー「記憶装置」の検索結果は以下のとおりです。

メインPCのHDD異常を復旧させる

それは前触れもなく大晦日に発生した

クラッシュ

夕方にメインPCを立ち上げてネットゲームを起動しながら共有フォルダーを開こうとしたが動作が遅い

当初はネットワークからみの遅延かと思ったが,どうやらディスクの異常であることに気付く

PCのディスク構成はOSを含むソフトウェアはSSDに置き,HDD(この時は2TB1台)をデータディスクとして使用している

今回はデータディスクであるHDDの異常であった

IMG_20190105_171530135.jpgST_Error_Disk.png

大部分はバックアップされているのと再作成可能のデータなので復旧可能なところ,情けないことに自身が作成したソフトウェアとドキュメントのバックアップがほとんど行われてなかったため,かなりやばいことになったと思い焦った(前はSubversionで履歴管理していたのだが,システム変更などの拍子で停止した後,再設定しなかったのアダとなってしまう)

状態確認

可能な限りデータを取り出すためサブPCのディスクを空けてメインPCから取り外したHDDをUSBで繋いでディスクの状態を診てみる

IMG_20190101_160101560.jpg

ディスクは2つのパーティーションに分けておりSATA接続ではどちらのパーティーションでも読み込み遅延があったため全体に異常があるのものと思っていたら,幸いなことにソフトウェアソースがある方のパーティーションには異常がなく全てを取り出しバックアップすることができた

また,読めなかったファイルはバックアップされているファイルであったため全ファイルの復旧が可能となった(元旦に実施)

ストレージの調達

流石に元旦では出掛けて購入しに行くわけにもいかないのでAmzonで調達することにした

コストパフォーマンス重視で4TBを選択,ディスククラッシュ対策としてミラーリングすることにしたため2台購入

嬉しいことに2日には配達されるそうだが2日は年始に出掛けないといけないので3日に届くようにした

IMG_20190103_172251679_HDR.jpg

また,ついでにOSを含むソフトウェアをセットアップしているSSDの高速化も良いかと考えM.2のNVMe接続SSDを購入

選択したのは「Intel SSD」で,正月の恩恵もあり割引で手に入れることができた

IMG_20190103_162610230.jpg

参考までにM.2 SSDにはNVMe(NVM Express)接続とSATA接続の物があり高速なのはNVMe接続である.どちらの接続でもM.2コネクタで動作するがNVMe未対応マザーの場合はSATA接続となる.現状だとシーケンシャルリードでNVMe接続は約3000MB/sが期待できる.SATAでは約500MB/sが限界.

NVMe接続SSDは高温になるとのことなのでヒートシンクも同時に購入

IMG_20190103_160046018.jpg

直接熱伝導シールで貼り付けるとSSDが異常になったとき保証外となってしまうこともあるそうなのでシリコンパッドで貼り付けるタイプにした

IMG_20190103_163144388.jpg

セットアップ(SSD)

MSI B350 TOMAHAWKのM.2コネクタはグラボ用のPCIeスロットの横にありMSIのコンパクトGeForce1060(2スロット占有)を取り付けると丁度上にFANがきて冷却には良い配置となる

IMG_20190103_163747622.jpgIMG_20190103_163922164.jpg

これまで使用していたのがSATA接続のSSD(PLEXTOR PX-256M6V)

IMG_20190103_182856093.jpg

OSおよびソフトウェアは「EaseUS Todo Backup Free 11.5」で移行

性能は以下のとおり(右:PLEXTOR PX-256M6V,左:Intel SSDPEKKW256G8XT)

BH_PLEXTOR_PX-256M6V.pngBH_INTEL_SSDPEKKW256G8.png

セットアップ(HDD)

RAIDをハードウェアでセットアップしたが,どうしたことかAHCIからRAIDモードにするとWindows10でドライブが認識されない

RAID1構成をセットアップしたHDDだけでなくSATA接続のDVD-ROMも認識しない

RAIDドライバはIDE扱いだったと思うのだが(正常にセットアップされてないのかと)再度RAID用のドライバをMSIのサイトからDLしセットアップする

ところがクイックインストールを選択してセットアップを開始し6時間経過しても終了しない

キャンセルしても終わらないのでしかたなく強制終了

次の日すったもんだしたが原因も解からず時間が経過するだけなのでハードウェアによるRAID構成を諦めソフトウェアで対応することにした

Windows10はソフトウェアRAIDができるようになっているがPRO版でないとミラーリングはできないのでHOMEからPROに変更する

ここで単にHOMEからPROへのアップグレード版を購入すると,その後のハードウェア構成の変更ができなくなるそうなので注意すること(絶対避けた方が良い)

拙者はWindows 10 Proを新規に購入してしてプロダクト変更を行った(これだと2つのライセンスが有効なのでHOMEのライセンスは別で利用可能のはず)

以下の「プロダクトキーの変更」で実行する

WS000001.png

プロダクト変更による処理はさほど時間がかからない(おそらく必要分は実装されていて制限しているだけかと)

HDDをディスクの管理でミラーリング構成にしてバックアップファイルを戻し復旧を完了(1/4に復旧)

DK_Part.png

所感

Windowsはもう長年使用されているのにかかわらず未だに不都合なことが多い

問題のあるディスク以外を操作していても(リードリトライを繰り返し)反応が遅くなるのは何故なのか

ディスクの異常を知りながらも問題を判断して知らせてくれないのは何故なのか

ディスクのエラーを起こしている部分を回避してディスクを使用してくれるようファイルシステムを操作すれば一時的にでも問題を回避することもできるのにしないのは何故なのか

元々OSはDOSと言われたとおりI/O(この場合ディスク)のファイル操作をサービスし手動操作を可能にしたプログラムであるが,未だに不親切設計というか肝心な部分が進歩しないもが呆れてしまう

問題点(追加)

起動するたびにミラーリングされたディスクの再同期が実行され,それが完了するまでに数時間にも及ぶためディスクに負担が掛かり過ぎている(酷いもんだ)

こちらの情報を元に「高速スタートアップを無効化」すると毎回の再同期はされなくなった(2019.1.29で2W検証済)

microSDメモリカードが値上がりしている

microSDメモリカードが(SDメモリカードも含め)値上がりしているようだ

去年の11月頃だと安値で32GBが1K,64GBでも1.6K~2Kという位の価格だったのが約1.5~2倍にもなっている

性能は異なる(Read90MB)がドン・キホーテで最安値の以下は¥1,780であった

32GB

90MB

年末あたりにどこかのページでNANDメモリに関してSSDの需要が伸びるため供給不足になり年明けから1~2割程度上がるという情報があったがとんでもなく高騰しているようだ

しばらく下がりそうにもないよう思えるので仕方なく(2枚)購入した

ハードディスク不良でPCダウン

前回の年末記事は12月21日に発生したサブPCのディスク不良による復旧作業が関係している

ディスクの不良箇所はシステムディスクでブートできないだけでなくパーティションの認識もしなくなった(つまり読み出せない)

こうゆう場合もあることは長年の経験で判っているので拙者はシステムディスクにデータの類を置くことはないためデータは取り出せた

しかし2月からメール管理をサブPCへ移行時,突貫で行ったためか保存ドライブを変更するのを怠っていて,約10ヵ月分のメールを消失することになった

1年前の12月にも携帯のメールが消失する事になって12月はメールデータがやばい月なのか?

12月に消失を定着しないようにしておかないと駄目だ

・・・

ところでWindowsだとHDDでセクター不良が発生したら場所によっては復旧不可の事態になる

ファームまたはドライバーレベルで交代セクター方式でも採用されていれば良いのだがどうもそんな親切なHDDではないようだ

そこでふと思ったのがSSDだと書込み時不良なら回避されるので多少は救われる感じがする

仕組み上,物理的に同じ場所へは書き込まれないし,書込み異常が発生した場合のリトライは別の場所へ書込みするはず

つまり無限(実際は有限)の交代セクター的な処理が行われSSDの容量が減るだけと考えても良いかと思う

ということはHDDよりSSDのほうが信頼性が高いのではないだろうか

Windows10

遂にWindowsXP64を諦めWindows10にバージョンアップすることにした

ドライブ

バージョンアップインストールもできそうだったけどXP64も長いしディスクも新しくしたかったのでシステム+ゲーム用としてSSDと格納用としてHDDを購入(本来ならマザーから揃えて新規PCにするところだけど魅力ある構成が無かった)

現在の主力SSDは256GBかな(10Kでコストも良い)

SSD

HDDは低消費かつ容量そしてコストで選択(6K)

HDD

バックアップ

新規インストールするために各種のバックアップを行う

今回は前データがデバイスとして残っているので,メールデータ,デスクトップ情報のみ別PCへコピーしソフトウェアは再セットアップ,丸ごとコピーで済むデータは後でデバイスをUSB接続しコピーすることにする

OS

Windows10のダウンロード版を購入するつもりだったので全体の準備ができて購入した(便利なんだけどメディア版より安くしてもらいたいね)

安いところもあるとは思うがアマゾンで購入

ダウンロード版は購入時にIDのみもらえ,実態はISO形式データをマイクロソフトからダウンロードしてDVD等に書き込みセットアップすることになる(ダウンロード版の強みはパッチが最新になってることかな)

  • DVDは一層で入る容量(4.2GB以下)となっている
  • IDはアマゾンの場合,登録しているメールでも送られてくるので記録を怠ってもなんとかなる
  • OSのダウンロード場所もメールで送られてくる(マイクロソフトのページいけば分かるけどね)
  • IDはセットアップの最初に入力するだけで終わる

OSセットアップは最初のID入力後はほとんど自動で手間がかからない

そして比較的早く終わる

再セットアップソフトウェア

メジャーなソフトウェアはWin10対応かどうか明確だけどマイナーはそうでもないので記録しておく(逐次追加予定)

chgkey15:V1.5:動作(管理者権限で実行すること)

Lhaz64:V2.4:動作

UltraVNC:V1.2.1.0:viewrのみインストールし動作,日本語化はCRCエラーのため不可

Teraterm:V4.89:動作

WinShot:V1.53a:動作するが注意あり(参考

SendTo-Convert:V2.7.8.0:動作

gimp:V2.8:動作

設定など

その他もろもろ,以下に追加

AHCI

Windows10をセットアップする前にBIOSを最近にアップデートしたためBIOS設定が初期化された状態だった

大抵の項目は後から変更しても特に問題はないがディスクをAHCIモードにしないで(IDEモードのままで)セットアップしたのでちょっと面倒な対応をすることになった

やり方は「システム屋さんの忘備録」などを参考

管理人の場合「StartOverride」キーが存在しなかったので「ErrorControl」の値のみ修正で対応できた

「送る」の追加

ファイル選択で右メニュの「送る」にテキストエディタやGrepを登録しておくと便利

これまで通りSendToフォルダにショートカットを置けば良いはずなのだが場所がXPとは異なり探してしまった

C:\ユーザー\《ユーザー名》\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\SendTo

AppDataフォルダは隠しファイルになっているので、フォルダのファイルメニュ「フォルダーと検索のオプションの変更」から「表示タブ」→「隠しファイル」にチェックを入れる

おまけ

ディスクを購入しに行った際に面白いものを発見して購入

USB接続の半田ごて

半田ごて

5Vモバイルバッテリーで使用できるところが良さそうだったので購入

非接触型温度計

非接触型温度計

お馴染みの品だが安かったので購入

ページ移動

  • ページ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

ユーティリティ

タグクラウド

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着コメント

Re:豊岡漁港
2019/06/17 from 承認待ち
Re:メインPCのHDD異常を復旧させる
2019/01/19 from 権限がありません
Re:ニューレオマワールドへ行ってきた
2018/09/26 from れおま
Re:ArduinoのADCの基準電圧
2017/11/24 from admin
Re:ArduinoのADCの基準電圧
2017/11/19 from yELE

過去ログ

Feed