エントリー

2015年04月の記事は以下のとおりです。

秋月オシロスコープキットの改造

当初の未実施事項の改造と使い勝手が良くなるよう配線等の修正を行った

改造
  • 電源内蔵
  • バックライトon/offと調整可能にする(コントラスト調整は現版では可能になっている)

電源は9V以上なので 006Pを使うか相当個数の電池もしくは充電池が必要になる

場所を必要としない方が何かと楽だし便利なので006Pが使えないかどうか確認するため消費電力を確認すると約190mAであった

ネット上では250~300mAとの情報もあったので006Pでは厳しいかと思ったが十分にいけそうである

これは低消費電力のLCDパネルのお陰なのかもしれない(この大きいLCDの方が低消費なのである)

また実質LCDのバックライトが電力消費してるのでライトのon/offスイッチを追加して計測してみると92mAとなった(約100mAの消費、資料では80mA)

しかし~ここで重要な事に気付く!!

そう、白抜きの青色の液晶ではバックライトが無いと見えないのだった

・・・

まあバックライトあっても何とかいけるかなっと考えることにした

006Pのアルカリ電池で確認後、秋月で購入しておいた006Pのニッケル水素電池で確認

公称容量8.4V 250mAhなので約1時間は連続使用可能と思う

電池容量の関係で基本充電池を利用する

修正後
  • プローブの取り出し位置の変更(右側から上側にした)
  • 電源スイッチを右側から左側へ、更にトグルからスライドSWにした(突起部が減る)

(裏ケース内側)

裏ケースは画面イメージ格納用のSDカードAVR基板と電源スイッチ部となる

(表の内側)

LCDとオシロスコープキット基板

(裏側)

プローブは上側に通る穴を空け、直接基板に挿す様にした

アイロンビーズ(パーラービーズ)を手に入れた

以前から探していたアイロンビーズ(パーラービーズ)を手に入れた

100均にありそうで無くてトイザらスで見つけることが出来た

何に使うのかというと・・・ビスに通して

基板等のスペーサーとして利用するのである(以下はCubieboard2ボードに2個通してみたところ)

これまでアルミ丸パイプを必要な長さに切っていた

アルミなので導体であることと、ある程度長いは良いが短いと切断が面倒で何か代わりなる物はないものか探していた(スペーサって購入すると高価だし)

ネットでアイロンビーズを利用してる方がいてどんなものか使ってみたいと思っていたのである

長さ:約4.8mm、外形:約5mm、内径:約2.8mm(内径が3mmないためM3ビスではすんなり通らないけど硬い物ではないので利用可能)

Cubieboard2

ようやくCubieboard2の確認が出来た

(3/5に注文してとっくに届いていたのだが、3/6の朝から入院してしまい一ヶ月間も手に取ることが出来なかったのである)

Amazon窓口でアンドロシティから購入

101

102

ヒートシンク、SATAケーブル(5V電源ケーブル付)、電源ケーブルとUSBケーブルが付属していた

103

104

105

動作確認のため電源投入

106

4GB FlashメモリにプリインストールされているAndroidが起動(動作してくれてホッとした)

107

電源切断(緑のLEDが消えた)

108

ダイソーで購入したプラスチックケース(透明ケースの大)

109

綺麗にボードが収まる、2.5HDのサイズと同じくらい

110

入院

  • 2015/04/08 14:06
  • カテゴリー:未分類

3/6(入院)~4/7(退院)まで、十二指腸潰瘍で入院

しばらくは自宅療養で完全な回復は先の事となる

ページ移動

  • ページ
  • 1
  • 2

ユーティリティ

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着コメント

Re:インタネット接続障害(記録)
2020/04/05 from admin
Re:インタネット接続障害(記録)
2020/04/04 from 高田
Re:デサルフェーターを製作
2020/03/04 from クラブマン
Re:デサルフェーターを製作
2020/03/01 from admin
Re:デサルフェーターを製作
2020/02/29 from クラブマン

過去ログ

Feed