エントリー

カテゴリー「測定器・装置」の検索結果は以下のとおりです。

電池チェッカーの作製

寒い(暖房はしているが)ので動きが鈍いため寝転んでタブレットでなにか簡単に作製できるものないかなっと色々とブログを閲覧

そしたらエアバリさんのブログで「安価?にできる高性能乾電池チェッカーの制作」記事を見つけ,ちょうど別件だが使うために購入しておいた乾電池チェッカーがあり他の必要なパーツもありそうだったので作製することにした

電池チェッカー

作製の動機として,過去に形は異なるが秋月の超小型電圧計を使って簡単に電圧を計測できるツールを作製してたのだが,20V以上の電圧を計測してしまって破壊したため再度簡易電圧チェッカーを準備しておきたかった

まずは慎重に分解し戻せるように撮影しておく

分解

後はエアバリさんの記事のとおりに組み立てるだけで何の工夫もなし!

仕様

  • 超小型電圧計は緑LED
  • 電源は3.3V
  • スイッチ切替で9Vもチェック可

電源の昇圧回路はHT7733Aのリファレンス回路で,手持ちの材料の関係もあり100μHインダクターはマイクロ,入力側タンタル47μFはケミコン33μF,出力22μFタンタルはケミコン,ショットキーバリアダイオード1N5817は11EQS03Lを使用(追加で使用するダイオード2個も同じ)

回路

電圧確認(問題なし)

電圧

オシロで波形もチェック(大丈夫そう)

オシロ

小型だけどケミコン2個使ったのが厳しくてケースに収めるのに苦労したが何とか完成(苦労したからか写真撮影を忘れた)

1.2

9V

1.5V側で電圧チェック時の消費電流は21.3mAだった

電流

負荷としては少ないか?

テスターを購入

そこそこ精度の良い電圧計が無いものか検索していたらAmazonでコストパフォーマンスの良いテスターを見つけたので購入

箱

Janisa PM18C」,出店が多いのか価格が変動しているようで,セール品¥2,437(税込)

火曜の夜オーダーで(水曜にクロネコヤマトからは金曜だよってメール来てたのだけど)木曜に着いた(早)

箱の中身は,本体,テストリード,熱電対,単三電池4本,取説(英語)

中身

バッテリーをセットして電源(スイッチを電圧にして)ON

電源ON

ディスプレイが大きいので良く見えそう

精度を期待して購入した訳ではないが,早速リファレンス電圧を測定してみる(はたして精度のほどはいかがなもんか)

2.465V

2.5V

4.096V

4.1V

そこそこかな

LCメーターを購入

秋月で販売しているデジタルLCメーター「DM-6243」を購入した

キャパは既に持ってるテスタで計測できるので、コイルのインダクタンスを調べるために購入したようなものだ

同じく秋月で販売してるテスタで「TKPH6A」でもインダクタンスを計れるようだが、最小単位が100μHで低いレンジが厳しいようなので諦めた(6000カウントで60MHzまでの周波数カウンタが付いているのは魅力だったけどね)

ファーストインプレッションは「でかい

表示部が大きいのは嬉しいが、持ってるテスターと比較してみても一際大きい

カバーは必要ないので外して使うことにした(少しはコンパクトに)

コイルを実際に計測、200μH(トロイダルコイル)

330μH

470μH

約1.3mH(チョークコイル)

100μH(マイクロインダクター)

330μH

トロイダルコイルは少なめだが精度はそこそこってところかな

ページ移動

ユーティリティ

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

過去ログ

Feed