エントリー

カテゴリー「Ubuntu」の検索結果は以下のとおりです。

Ubuntu 9.10に Sun Java(JRE6)をセットアップ

Windows以外のJavaVM環境で試したいことがあったので、iBookG4で試そうとしたらOSX10.3ではJRE1.4までしかないので、ubuntuで試そうとJavaをセットアップした(iBookにubuntuも考えたが、これはまた今度やろう)

ubuntuは9.10をUSBで作ってあったので、それを使うことにして、まずはアップデートマネジャーで最新にした

Javaはパッケージで配布はされていないようなのでJavaサイトからダウンロードしてセットアップする

手順は以下のとおり

Linux (自己解凍ファイル) の、jre-6u20-linux-i586.bin をダウンロード(RPMはRH用なので注意)

丁寧なことに手順が書いてあるので参考に

まずはどこに置くのか?/usrに置いても良いレベルの物になるが、追加ソフトということで、昔ながらに/usr/localに置く事にした(/optってもあるが・・・SVR4を真似た?)

$ cd /usr/local
$ sudo mkdir java
$ cd java

ここでダウンロードしたファイルを実行するのだが、パスの入力が面倒だったので、ファイル・ブラウザを使って、ダウンロードフォルダーから移動

そのまま移動したらパーミッションエラーになるので、

$ sudo chmod 777 . -> 後で戻すこと

(ファイルブラウザで移動させて)

$ sudo sh jre-6u20-linux-i586.bin -> 実行権付けて実行しても良い(一時的に実行させるならshを使うのが便利)

(ライセンスのメッセージ)

(ファイル展開のメッセージ)

$ sudo chmod 755 .

次にfirefoxのプラグイン設定

$ cd /usr/lib/firefox-3.5.9/plugins
$ sudo ln -s /usr/local/java/jre1.6.0_20/plugin/i386/ns7/libjavaplugin_oji.so -> gcc2.9ではないようだ(ここで少しはまった)

このfirefoxのバージョンではgcc2.9を指定するとfirefoxが起動しなくなる

削除(sudo rm libjavaplugin_oji.so)すれば戻る

また、シンボリックリンクはソースファイルが無くてもエラーにならないので良く確認する事

ツールメニュからJavaコンソールを表示

$ cd ../extensions -> cd /usr/lib/firefox-3.5.9/extensions
$ sudo unzip /usr/local/java/jre1.6.0_20/lib/deploy/ffjcext.zip

最後になったがJREへのパスの設定(~/.bashrcに追加する)

$ cd
$ vi .bashrc
(以下追加)
JAVA_HOME=/usr/local/java/jre1.6.0_20
PATH=$PATH:$JAVA_HOME/bin
export JAVA_HOME PATH
(ここまで)
$ . .bashrc
$ java -version
Java version "1.6.0_20"
Java(TM) SE Run...
Java HotSpot(TM)...
$
(終了)

firefoxの確認画面(アドレスに「about:plugins」を入力)

ファイル 121-1.png

UbuntuでPS2エミュを動かす

PS2エミュのPcsx2にはLinux版もある

高速動作との言葉に揺れUSBメモリからでも使えるUbuntuで試してみる

Ubuntu 9.10 Desktop 日本語
PCSX2 0.9.6 Linux Binary

UbuntuをUSBメモリ(ディスクでも構わない)へインストールするには簡単には2通りの方法がある

・LiveCDを起動してインストール
・Windowsからインストール(制限がある)

(参考)
https://wiki.ubuntulinux.jp/UbuntuTips/UsbInstall/InstalltoUSBStorage(bootloaderのインストール先に注意)
http://www.pendrivelinux.com/http://www.pendrivelinux.com/create-a-ubuntu-9-10-live-usb-in-windows/ 等)

最終的に両方やってPCSX2を動作させるまでの設定は少々違いがあったが大体は以下のとおり

1)時刻、キーボード、ソフトウェアアップデート

2)ディスプレイ設定

 システム>ディスプレイ設定 では、最適のドライバは組み込まれない

 NVIDIAの場合、NVIDIA X Server Settingsをパッケージマネージャで組み込めばよいが、システム>外観の設定 にて、視覚効果を追加効果にすると自動で変更してくれるので、パッケージ名称が不明の場合はこちらのほうが便利

 再起動して、システム>システム管理>NVIDIA X Server Settings で、適切な画面に設定する

 NVIDIA X Server Settingsには問題があるようで、Configuration FileをSaveするとエラーとなり再起動すると設定はリセットされてしまう

 Saveする前に、/etc/X11/xorg.confをRenameしておいて新規に作成すれば解決するが、/etc/X11に書き込めないようなら、/tmpに書いておいてコピーすれば良い

3)PCSX2を展開、biosをbiosディレクトリーへ置く

4)パッケージマネージャで必要なライブラリーをインストール(再読込しないと出てこないパッケージもある)

 次のライブラリが必要と明記されている

  gtk2, opengl, libbz2, libjpeg, glew-dev, libxxf86vm-dev, x11proto-xf86vidmodeautomake and autoconf (version >= 1.9) Nvidia Cg-Toolkit (link), libasound-dev, joystick

 追加したパッケージ(LiveCDからの場合)

  libglew1.5
  nvidia-cg-toolkit

 端末から起動すれば他に動作エラー等があれば判る

動作結果

・ALADDIN A(アラジンA)

 まともに動作した

 Windows版の場合はFPSの厳しいこともあったが安定してFPSが出る

 アンチエイリアシングx2~x16があるが、x4、x8でしか効果がみられない

 解像度800x600までなら、性能、視覚的にはx4が妥当だった

・ドラクエⅧ

 スタート画面は問題なし

 ゲーム開始からトーポがスタート地点の野宿先まで走っていきトロデ王が登場したところでグラフィックが崩れはじめて続けることは不可となる

 設定を繰り返してみたが駄目であった

Windowsからインストールした場合

 パッケージのダウンロード先を増やす必要がある

 NVIDIA X Server SettingsのSaveは、/etc/X11に直接書き込める

 NVIDIA: could not open the device file /dev/nvidiactl (Permission denied).となるが、sビットはセキュリティ確保のため使用できないので、再起動毎にパーミッションの変更が必要(/dev/nvidiactl、/dev/nvidia0)

補足
 WindowsXPとUbuntuでは記憶時刻が異なるのか、Ubuntu->WindowsXPと起動しなおすとシステム時刻が狂う
 Nvidia Cg-Toolkit (available HERE) -> http://developer.nvidia.com/object/cg_toolkit.html

 sudo apt-get install subversion libjpeg62-dev build-essential libgtk2.0-dev libxxf86vm-dev x11proto-xf86vidmode-dev automake1.9 libbz2-dev
 sudo apt-get install libglu1-mesa-dev
 svn co https://pcsx2.svn.sourceforge.net/svnroot/pcsx2 pcsx2
 cd pcsx2
 sh build.sh all

ページ移動

  • ページ
  • 1
  • 2
  • 3

ユーティリティ

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着コメント

Re:3.6Vの組充電池用充電器の試作
2022/11/06 from admin
Re:3.6Vの組充電池用充電器の試作
2022/11/03 from 通りすがり
Re:WXtoImgのweather.txtが更新できない件
2022/09/14 from admin
Re:WXtoImgのweather.txtが更新できない件
2022/09/14 from matusita
Re:メロディICと圧電サウンダ
2022/08/29 from 権限がありません

過去ログ

Feed