エントリー

NOAA受信システム異常の復旧

3/3~3/4に温度センサー異常でメンテナンス後,NOAA受信システムが異常になっていた

同時にOSのアップデートを実施したためだと思われ調査の結果ようやく復旧

今後も失敗しないよう記録

rtcwake

rtcwakeでメモリーサスペンド後,復帰しなかったため記録がない(3/4~3/5)

→ この件はまだ未解決のため動作停止させている(手動では問題ないので困っている)

rtl-sdr

問題発生後,最初にrtl-sdrの問題でないかと最新のrtl-sdrをDLして再セットアップしたためsoxへのフォーマットエラーとなっていた(3/7~3/8)

$ /usr/local/bin/rtl_fm -f 137.9125M -s 160k -g 48 -p 55 -E wav -E deemp -F 9 - | sox -t wav - NOAA18.wav rate 11025
Found 1 device(s):
0: Realtek, RTL2838UHIDIR, SN: 00000001

Using device 0: Generic RTL2832U OEM
Found Rafael Micro R820T tuner
Tuner gain set to 48.00 dB.
Tuner error set to 55 ppm.
Tuned to 138232500 Hz.
Oversampling input by: 8x.
Oversampling output by: 1x.
Buffer size: 6.40ms
Sampling at 1280000 S/s.
Output at 160000 Hz.
sox FAIL formats: can't open input `-': WAVE: RIFF header not found
Signal caught, exiting!

User cancel, exiting...
$

現時点での最新版ではパッケージ版と同じ問題が発生するようだ

最新にする必要はなかったので当初セットアップした版数を再度make(waningエラーが多発するが動作は問題なしだった)→ 最新版ではコンパイルエラーは発生しない

gpioset

NOAA受信時LNAの電源をONしているがGPIOに対するコマンドでエラーが発生していたため,rtl_sdrを入れ替える前の受信にて感度不足により画像にできていなかった(3/6~3/7)

$ /usr/bin/gpioset gpiochip1 72=1
/usr/bin/gpioset: error setting the GPIO line values: Invalid argument

GPIOの構成でgpiochip1に接続されていたのがgpiochip0に変わっていた(何故なのか不明)

$ gpiodetect
gpiochip0 [1c20800.pinctrl] (256 lines)
gpiochip1 [1f02c00.pinctrl] (32 lines)
gpiochip2 [axp20x-gpio] (2 lines)
$
(修正)
$ /usr/bin/gpioset gpiochip0 72=1
$ /usr/bin/gpioset gpiochip0 72=0
温度センサー

BMP280を⑤に交換したが温度も異常だったので⑭に変更

IMG_20240303_131935.jpg

しかし同様に正常な温度を取得できていないのでESP8266の問題である可能性がでてきた(⑤のBMP280は単体確認で問題あり⑭は問題なし)

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限
投稿キー(スパム対策に、投稿キー を半角で入力してください。)

ユーティリティ

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着コメント

過去ログ

Feed