エントリー

ミニスタービーの造形にクリアランスとOctoPrint

短いドライバーは持っているのだけど,更に狭い場所で使える以下のミニスタービーを購入しようと思っていたが3Dプリンターで造形できそうなので作ることにした

Product_02.jpg

 

早速FreeCADで作り印刷したが六角軸のサイズ(6.35㎜)が合わない

40㎜の円穴で0.4㎜のクリアランスを出しており穴の水平展開で指定していたが造形された六角軸のサイズが大きすぎる結果となった

IMG_20210208_190749.jpg

サイズ応じて変えないと駄目なのかと仕方なく再度クリアランスを行う

IMG_20210207_173037.jpg

これが何度も印刷する羽目となり,なんとか0.25㎜で6.4㎜となることが判り完成

IMG_20210208_190844.jpg

キツメにするなら0.23㎜の設定で良さそうだが穴のクリアランスは今後も苦労しそうである

OctoPrint

今回は何度もmSDカードに書き込むのを繰り返しそうなので,空いているラズパイ3にセットアップしてあったOctoPrintを使った

OctoPrintについては参考になるサイトが多いのでググってみれば良い

例えば以下のとおり

カメラはUSB接続のUVC対応のウェブカメラを使用(Nano Pi NEOで試用

Curaから直接接続してOctoPrintへ送り込めるようにした

IMG_20210207_135337.jpgIMG_20210207_135443.jpg

今回はカメラを上部のフレームに載せた

WS20210207_11.png

WS20210207_12.png

WS20210207_13.png

特に問題なくOctoPrintから操作できたが,本体側で緊急停止してもOctoPrintの印刷が停止しないのが残念

ステンレス板をビルドシートにしてみる

3Dプリンターで失敗印刷のほとんどが造形時ビルドシートから剥がれる事であるが剥がれ難いビルドシートとしてガラスが良いらしい

そこでガラスを使ってみたいが近接センサーの問題もあり簡単にはいかないのと,XY-2 Proのビルドシートが劣化した時ために簡単に手に入る素材を探ってみることにした

まずは(ガラスの様に)硬度があって表面がテカテカということでステンレス板で挑戦

IMG_20210116_154252.jpg

加工できそうな薄い0.3㎜厚225x300㎜のステンレス板を選択(上手くいけば0.1㎜のノリ付きを使う)

IMG_20210116_154301.jpg

0.3㎜あれば強度があるのでそのままでも使えるが255x255㎜のベースを作ることにした

ベースはホームセンターで探したところ耐熱からポリプロピレン(PP)を選択

IMG_20210116_154217.jpgIMG_20210116_154238.jpg

結果を先に言うとポリプロピレンは失敗

認識不足だったのだけど,ポリプロピレンの耐熱温度は100~140℃だがプラスチックには熱変形温度があり69~77℃で変形してしまう

IMG_20210202_192226.jpg

ポリプロピレンを255x255㎜でカットしステンレスを貼り付けてサイズを合わせ,早速試行してみたが印刷前にあっさり終わってしまった

IMG_20210117_153918.jpgIMG_20210130_121248.jpg

標準で付いているベースはグラスファイバー(充填したPPかも)らしく高価すぎて手に入れられない

そこで諦めず,耐熱温度120℃~130℃,熱変形温度129~140℃のポリカーボネート(PC)を使うことにした

ポリカーボネートは近場のホームセンター(ダイキ,コーナン)には売っていないのでAmazonで探し注文

IMG_20210206_140700.jpg

台湾製(何故か日本製で1㎜厚が無い)で1週程掛かるとのことだったが在庫ありとのことで3日で着いた

IMG_20210206_152620.jpg

255x255㎜でカットするところをカットしたステンレス板に合わせてしまい225x255㎜になってしまった(しかない)

IMG_20210206_164907.jpg

鏡のようにテカっているが,このままでは定着しないのでケープでザラザラ面にして印刷

IMG_20210206_204526.jpg

フィラメントはPETGを使用

IMG_20210206_213256.jpg

終了した造形物は簡単に取れた

添付のビルドシートでの印刷結果と比べてみる(左:添付のシート,右:ステンレス板)

IMG_20210206_213737.jpg

ビルドシート面がザラザラからツルツルになった

IMG_20210206_213833.jpg

反りが無くなった

結果

ビルドシートとしては使い物になりそうだが,ステンレス板が近接センサーに反応するためかZ軸の調整が高い位置で行われる

そのためなのかZオフセットの調整を紙1枚分で行うと印刷ではビルドシートに近すぎてフィラメントが送れず失敗する(近接センサーを変更しないと駄目か?)

また熱でステンレス板かポリカーボネートが中央付近で僅かに浮いてしまうことがあるようだ(接着剤で付けたせいかも?)

ラズパイ4で「Raspberry Pi OS」が起動しない

先日,RetroPie4.7.1を試したが起動しなかった

状況としては

  • 電源ONで赤LEDが点灯,緑LEDが暫く点滅した後,いくら(5分位)待っても画面に何も表示されない
  • 電源の問題はなくmSDをアクセスしているのでIPLは動作している
  • mSDのパーティションを確認しても変化していないのでbootの途中で停止していると考えられる
  • 1年前にマニュアルインストールで構築したレトロパイmSDは起動する

少し色々と考えられることをやってみた結果

  • mSDカードの問題かと他のメーカーのカードでも試したが不可
  • config.txtを編集してHDMI出力を指定したが不可でセーフモードにしたが不可
  • 最新の「Raspberry Pi OS」(2021-01-11-raspios-buster-armhf-lite)で起動したが不可(ラズパイ用のOS名が「Raspbian」から「Raspberry Pi OS」になったようだ)

WS2021020501.png

そこで1年前のRaspbian(2020-02-05-raspbian-buster-lite)をセットアップして試してみたところ正常動作した

そしてアップグレード後も問題なく動作したので,去年の11月あたりから提供されているラズパイ4対応版の「Raspberry Pi OS」が動作しないのではないかということになる(当然ながら利用しているRetroPi4も動作しない)

$ cat /proc/version
Linux version 5.10.11-v7l+ (dom@buildbot) (arm-linux-gnueabihf-gcc-8 (Ubuntu/Linaro 8.4.0-3ubuntu1) 8.4.0, GNU ld (GNU Binutils for Ubuntu) 2.34) #1399 SMP Thu Jan 28 12:09:48 GMT 2021
$ cat /etc/debian_version
10.7
$

しかし,最新OSに関して特に問題があるという情報がネットで流れていないので,もしかすると拙者が持っているラズパイ4は何らかのハードが異なり起動しないのかもしれない

最近のOSバージョンではラズパイ4だけでなくラズパイ400も対応になっているので,boot時のハード切り分けに問題があるのではないかと考えてしまう

結局,アップグレードした「Raspberry Pi OS」を使いレトロパイをマニュアルインストールして最新版のエミュレータを動作させた

尚,音は問題なく出たので操作する必要はない

WSL2をインストールしたら起動しなくなった

Windows10でLinuxを動かしてufsを参照できるようにしようとWSLをインストール(こちらを参考,実質はこちらのMSサイト)したら起動しなくなった

再インストールしか無いのかとかなり焦ったが,復旧メニュの最新の機能更新を削除で復旧することができた

復旧後,起動したWindows10からWSL(およびインストールしたUbuntu)は消えていた

WS2021020511.pngWS2021020512.png

WSLはOS配下で安全かと思っていたが危険だな

(追記)

Windows10のversionがかなり戻っていたことに気付き急遽アップデート

アップデートに時間が掛かる場合もあるがデスクトップ(後でインストールした)環境が残されたまま復旧できるので,このような問題から復旧するため旧versionのWindows10に戻せるようにアップデート前データを残しておいた方が良い

ユーティリティ

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

過去ログ

Feed