エントリー

FX-4100のメモリ異常

そろそろPC1台を新しいCPUに更新しようと考えていたが,あんまり必要性も無いこともありFX-4100を使い倒そうと余っていたWindows10 HOMEをセットアップ

FX-4100は起動ディスクを交換式にしマルチOS対応にしていたので,これまで使用していたXP64も(ディスク交換によって)使用可能

IMG_20200315_162951731_HDR.jpg

(昔intel CPUが入っていたのでCoreシールが貼ってあるが中身はAMD FX-4100)

また,ついでにUbuntuの起動ディスクを作成した際「Memtest86+」も導入されGRUBから起動できるようになっていたのでテストしてみたところ・・・

IMG_20200315_143049523.jpg

なんと!エラーが続出

これまでFX-4100では稀に原因不明の動作異常となる事があったが,もしかするとメモリの問題だったのか?

ノンパリティメモリのためメモリエラーがあっても判断できず,異常データのまま使用されプログラムの動作がおかしくなるだけでなく,ディスクに書き込まれたデータの信頼性の問題,ファイルシステムの不整合を発生する可能性がある

どうしたもんか一晩考え,メモリの調整を行うことにした

IMG_20200315_170952633_HDR.jpg

(利用している4GB×2のメモリ)

しかしメモリスロットの変更やアルコールで清掃,またクロックを下げたり電圧を上げたりアクセスタイミングを変えたりとやってみたが改善せず,最終的にどうやらデュアルチャネルで使用するとエラーとなることが判明

IMG_20200315_155812391.jpg

シングルチャネルで「Memtest86+」を実行するとエラーは発生しない

だがこれだとOSからは半分の4GBしかメモリを利用できないため勿体ない

どうにかならないかネットでマザーボードのメモリサポート状況(ASRock 990FX Extreme4)を確認してみるとデュアルチャネルで使用する場合は4枚の方が多い事が判る

もしかすると4枚だと正常になるかと思い確認してみた

他の手持ちのDDR3メモリはCore i3で使用中の4枚

(1GB×2)

IMG_20200315_170626407_HDR.jpg

(2GB×2)

IMG_20200315_170556970_HDR.jpg

(2GB×2)を取り出し(4GB×2)と組み合わせて「Memtest86+」を実行してみるとエラーが無くなった

IMG_20200315_190504154.jpg

とりあえずは解決し,FX-4100では12GBで使用することにした

Core i3はUbuntuでの使用なので2GBで問題ない

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限
投稿キー(スパム対策に、投稿キー を半角で入力してください。)

ユーティリティ

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着コメント

Re:インタネット接続障害(記録)
2020/04/05 from admin
Re:インタネット接続障害(記録)
2020/04/04 from 高田
Re:デサルフェーターを製作
2020/03/04 from クラブマン
Re:デサルフェーターを製作
2020/03/01 from admin
Re:デサルフェーターを製作
2020/02/29 from クラブマン

過去ログ

Feed