エントリー

XP64OSディスクのSSD換装

さてHDからSDDへのOS移行だが「diskpar.exe」を利用する方法では、そのままの状態で換装は厳しくOSの再インストールとなる可能性が高い

パーティション操作ツール(Gpartedで可能かもしれない)で開始位置の調整をやるか、オフセットの問題なんでMBRを手動で書き換えファイルシステムをLinuxでも用いて手動でずらそうかとも考えた

しかしここでSSDアライメント調整をディスクのバックアップツールで行った方法というのを思い出す

・SSD最適化
http://minkara.carview.co.jp/userid/186939/blog/24398987/

試しに「EaseUS Todo Backup Free」をダウンロードして確認してみる

どうやら現時点ではバージョン4.5が最新のようである

コメント貰ったので追加(EaseUS Todo Backup Freeの日本語公式ページ)2016.10.26現在では9.2にバージョン上がってます

で、インストールして確認したら笑ってしまった^^

なんてことはないディスクのクローンができて、ターゲットに「Optimaize for SSD」のチェックがあるではないかw

ファイル 174-1.png

さっそく換装するSSDを繋いでディスククローンを実施

あっさり完了

ターゲット先のパーティションサイズの調整もちゃんとできる優れものだった

また、パーティションバックアップ、リストアでSSDアライメント調整もやってくれるので「diskpar.exe」を利用しなくても良いことが判明

この方法はお手軽だった

ファイル 174-2.png

(追加)

今回「diskpar.exe」で調整したディスクをコピーすることがあったのだが、コピー中に異常が発生してコピー元のファイルが消えてしまった

予め「EaseUS Todo Backup Free」で、OSやSSDのバックアップを実施していたので復旧はできたので良かったが、コピー元のファイルが破壊されるとは・・・SSDの信頼性に疑問を持っている

ページ移動

コメント

権限がありません

このコメントを閲覧する権限がありません。

  • 2016/10/18 18:05:07

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限
投稿キー(スパム対策に、投稿キー を半角で入力してください。)

ユーティリティ

タグクラウド

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

Feed