エントリー

Cubian(OS)のインストール

Cubieboard2のOSをセットアップする

参考にしたのはCubieboardコミュニティのCubieboardをはじめよう!などで、推奨されているカスタマイズされたOSがCubain(Cuebieboard+Debian)のためDebian派の管理人にはありがたい

先ずはHDD化するための情報を得ると直接HDDから起動することはできないようで、IPLシーケンスとしては内蔵フラッシュ→SDカードらしい

SDカードの次はHDDになっていれば良いのにと思うがしかたないので、

  1. 内蔵フラッシュ経由でHDD起動
  2. SDカード経由でHDD起動

の選択肢で、2を選ぶことにした

尚、HDDはWD Red 1TB 2.5インチ(WD10JFCX)をチョイスしている(SATA6Gb Intellipower)→ 型番違いで回転数仕様(新旧版?)が異なる

201

SDカード経由でHDD起動するようにCubianをセットアップ

①SDカードにOSセットアップ(SDカードで利用する場合の通り)

「Cubieboardをはじめよう!」のとおりSDカードにダウンロードしたCubianイメージを書き込む

※)使用したSDカードは4GBのmicroSDHCカードである(ここでは単にSDカードと記述する)

202

②SDカードからCubianを起動しないでUbuntuから操作

# fdisk -l /dev/sdb

ディスク /dev/sdb: 3930 MB, 3930062848 バイト
ヘッド 80, セクタ 31, シリンダ 3095, 合計 7675904 セクタ
Units = セクタ数 of 1 * 512 = 512 バイト
セクタサイズ (論理 / 物理): 512 バイト / 512 バイト
I/O サイズ (最小 / 推奨): 512 バイト / 512 バイト
ディスク識別子: 0x00012722

デバイス ブート      始点        終点     ブロック   Id  システム
/dev/sdb1            2048     1804287      901120   83  Linux

③SDカードをmountしてbootファイルを編集

# mount /dev/sdb1
# cd /mnt/boot
# ls -l
合計 5860
-rw-r--r-- 1 root root   50512  2月  8  2014 script.bin
-rw-r--r-- 1 root root   27737  2月  8  2014 script.fex
-rw-r--r-- 1 root root     158  2月  8  2014 uEnv.txt
-rw-r--r-- 1 root root 5912040  2月  8  2014 uImage
# cat uEnv.txt
console=tty0
root=/dev/mmcblk0p1 rootwait
extraargs=console=ttyS0,115200 hdmi.audio=EDID:0 disp.screen0_output_mode=EDID:
1280x800p60 panic=10 consoleblank=0
# vi uEnv.txt
(編集)
root=/dev/mmcblk0p1 rootwait → root=/dev/sda1 rw rootfstype=ext4 rootwait

# cat uEnv.txt
console=tty0
root=/dev/sda1 rw rootfstype=ext4 rootwait
extraargs=console=ttyS0,115200 hdmi.audio=EDID:0 disp.screen0_output_mode=EDID:
1280x800p60 panic=10 consoleblank=0

④CubianのrootファイルシステムをHDDへコピーするためSDカードのファイルをtar化しておく

注意)以下の操作はSDカードにスペシャルファイル(/dev/*など)が存在しないから可能

# cd /mnt
# ls -l
合計 92
drwxr-xr-x 2 root root 4096 10月 8 2013 bin
drwxr-xr-x 2 root root 4096 2月 8 2014 boot
drwxr-xr-x 2 root root 4096 6月 4 2013 dev
drwxr-xr-x 78 root root 4096 2月 8 2014 etc
drwxr-xr-x 3 root root 4096 2月 8 2014 home
drwxr-xr-x 12 root root 4096 2月 8 2014 lib
drwx------ 2 root root 16384 2月 8 2014 lost+found
drwxr-xr-x 2 root root 4096 10月 8 2013 media
drwxr-xr-x 2 root root 4096 6月 4 2013 mnt
drwxr-xr-x 2 root root 4096 10月 8 2013 opt
drwxr-xr-x 2 root root 4096 6月 4 2013 proc
drwx------ 2 root root 4096 10月 8 2013 root
drwxr-xr-x 11 root root 4096 2月 8 2014 run
drwxr-xr-x 2 root root 4096 10月 8 2013 sbin
drwxr-xr-x 2 root root 4096 6月 10 2012 selinux
drwxr-xr-x 2 root root 4096 10月 8 2013 srv
drwxr-xr-x 2 root root 4096 2月 8 2013 sys
drwxrwxrwt 5 root root 4096 2月 8 2014 tmp
drwxr-xr-x 10 root root 4096 2月 8 2014 usr
drwxr-xr-x 11 root root 4096 10月 8 2013 var

# tar cf /share/Cubain.tar .

⑤HDDに繋ぎ変えてパーティション作成、ファイルシステムを構築してSDカードから取り出したrootファイルシステム(tar)を展開

203

# fdisk -l /dev/sdb

Disk /dev/sdb: 1000.2 GB, 1000204886016 bytes
ヘッド 255, セクタ 63, シリンダ 121601, 合計 1953525168 セクタ
Units = セクタ数 of 1 * 512 = 512 バイト
セクタサイズ (論理 / 物理): 512 バイト / 512 バイト
I/O サイズ (最小 / 推奨): 512 バイト / 512 バイト
ディスク識別子: 0xe0a1befc

デバイス ブート      始点        終点     ブロック   Id  システム
/dev/sdb1            2048    33556479    16777216   83  Linux
/dev/sdb2        33556480    37750783     2097152   82  Linux スワップ / Solaris
/dev/sdb3        37750784  1953525167   957887192   83  Linux

# mkfs -t ext4 /dev/sdb1
mke2fs 1.42.9 (4-Feb-2014)
Filesystem label=
OS type: Linux
Block size=4096 (log=2)
Fragment size=4096 (log=2)
Stride=0 blocks, Stripe width=0 blocks
1048576 inodes, 4194304 blocks
209715 blocks (5.00%) reserved for the super user
First data block=0
Maximum filesystem blocks=4294967296
128 block groups
32768 blocks per group, 32768 fragments per group
8192 inodes per group
Superblock backups stored on blocks:
32768, 98304, 163840, 229376, 294912, 819200, 884736, 1605632, 2654208,
4096000

Allocating group tables: 0/128 done
Writing inode tables: 0/128 done
Creating journal (32768 blocks): done
Writing superblocks and filesystem accounting information: 0/128126/128 done

# mkfs -t ext4 /dev/sdb3
mke2fs 1.42.9 (4-Feb-2014)
Filesystem label=
OS type: Linux
Block size=4096 (log=2)
Fragment size=4096 (log=2)
Stride=0 blocks, Stripe width=0 blocks
59875328 inodes, 239471798 blocks
11973589 blocks (5.00%) reserved for the super user
First data block=0
Maximum filesystem blocks=4294967296
7309 block groups
32768 blocks per group, 32768 fragments per group
8192 inodes per group
Superblock backups stored on blocks:
32768, 98304, 163840, 229376, 294912, 819200, 884736, 1605632, 2654208,
4096000, 7962624, 11239424, 20480000, 23887872, 71663616, 78675968,
102400000, 214990848

Allocating group tables: 0/7309 done
Writing inode tables: 0/7309 done
Creating journal (32768 blocks): done
Writing superblocks and filesystem accounting information: 0/7309 50/7309 done

# mount /dev/sdb1 /mnt
# cd /mnt
# tar xf /share/Cubain.tar
# ls -l
合計 92
drwxr-xr-x 2 root root 4096 10月 8 2013 bin
drwxr-xr-x 2 root root 4096 2月 8 2014 boot
drwxr-xr-x 2 root root 4096 6月 4 2013 dev
drwxr-xr-x 78 root root 4096 2月 8 2014 etc
drwxr-xr-x 3 root root 4096 2月 8 2014 home
drwxr-xr-x 12 root root 4096 2月 8 2014 lib
drwx------ 2 root root 16384 2月 8 2014 lost+found
drwxr-xr-x 2 root root 4096 10月 8 2013 media
drwxr-xr-x 2 root root 4096 6月 4 2013 mnt
drwxr-xr-x 2 root root 4096 10月 8 2013 opt
drwxr-xr-x 2 root root 4096 6月 4 2013 proc
drwx------ 2 root root 4096 10月 8 2013 root
drwxr-xr-x 11 root root 4096 2月 8 2014 run
drwxr-xr-x 2 root root 4096 10月 8 2013 sbin
drwxr-xr-x 2 root root 4096 6月 10 2012 selinux
drwxr-xr-x 2 root root 4096 10月 8 2013 srv
drwxr-xr-x 2 root root 4096 2月 8 2013 sys
drwxrwxrwt 5 root root 4096 2月 8 2014 tmp
drwxr-xr-x 10 root root 4096 2月 8 2014 usr
drwxr-xr-x 11 root root 4096 10月 8 2013 var
# cd /
# umount /mnt

これで準備完了

HDDを接続しないで起動

ボード上にシリアルのコンソール出力(TTLレベル)があるのでUSB変換で接続する

204

HDDを接続しないで電源ON

U-Boot SPL 2014.01-rc1-09161-g108ec3f (Jan 20 2014 - 05:48:16)
Board: Cubieboard2
DRAM: 1024 MiB
CPU: 960000000Hz, AXI/AHB/APB: 3/2/2
spl: not an uImage at 1600


U-Boot 2014.01-rc1-09161-g108ec3f (Jan 20 2014 - 05:48:16) Allwinner Technology

CPU:   Allwinner A20 (SUN7I)
Board: Cubieboard2
I2C:   ready
DRAM:  1 GiB
WARNING: Caches not enabled
MMC:   SUNXI SD/MMC: 0
*** Warning - bad CRC, using default environment

In:    serial
Out:   serial
Err:   serial
Net:   mii0
Warning: failed to set MAC address

(略)

<6>md: ... autorun DONE.
[ 15.593516] md: ... autorun DONE.
<6>Waiting for root device /dev/sda1...
[ 15.610115] Waiting for root device /dev/sda1...

HDDは未接続なので最後は待ち状態で停止(全ログ

HDDを接続して起動

SDカード経由でHDD起動できそうなのでHDDを接続して電源ON

205

すんなりコンソールにloginが表示された

206

ここでログインできないトラブルに・・・

どうやらrootはパスワードロック状態となっていて使えない

調べてみると登録されているユーザ名とパスワードはcubieで、最初にcubieでログインしてrootのパスワードを設定することになる

Debian GNU/Linux 7 Cubian ttyS0

Cubian login: cubie
Password:
Linux Cubian 3.4.75-sun7i #35 SMP PREEMPT Sat Feb 8 02:10:31 CST 2014 armv7l

      ______  __    __  .______    __       ___      .__   __.
     /      ||  |  |  | |   _  \  |  |     /   \     |  \ |  |
    |  ,----'|  |  |  | |  |_)  | |  |    /  ^  \    |   \|  |
    |  |     |  |  |  | |   _  <  |  |   /  /_\  \   |  . `  |
    |  `----.|  `--'  | |  |_)  | |  |  /  _____  \  |  |\   |
     \______| \______/  |______/  |__| /__/     \__\ |__| \__|
                                                             
                        http://cubian.org

The programs included with the Debian GNU/Linux system are free software;
the exact distribution terms for each program are described in the
individual files in /usr/share/doc/*/copyright.

Debian GNU/Linux comes with ABSOLUTELY NO WARRANTY, to the extent
permitted by applicable law.
cubie@Cubian:~$ sudo passwd root

We trust you have received the usual lecture from the local System
Administrator. It usually boils down to these three things:

    #1) Respect the privacy of others.
    #2) Think before you type.
    #3) With great power comes great responsibility.

[sudo] password for cubie:
Enter new UNIX password:
Retype new UNIX password:
passwd: password updated successfully
cubie@Cubian:~$ sudo shutdown -h now

(略)

<6>[hotplug]: cpu(0) try to kill cpu(1)
<3>[hotplug]: try to kill cpu:1 failed!
[axp] send power-off command!

shutdownで電源が自動的にOFFになることを確認(全ログ

再度起動してrootでログイン後、dfの表示

root@Cubian:~# df
Filesystem     1K-blocks   Used Available Use% Mounted on
rootfs          16513960 824884  14850216   6% /
/dev/root       16513960 824884  14850216   6% /
devtmpfs          413924      0    413924   0% /dev
tmpfs              82812    164     82648   1% /run
tmpfs               5120      0      5120   0% /run/lock
tmpfs             165600      0    165600   0% /run/shm
tmpfs             414048      4    414044   1% /tmp
tmpfs             414048      0    414048   0% /var/tmp
UPSのテスト

UPSの切り替え試験を実施するにあたって適当な負荷が無かったのでCubianが起動した状態の実機で確認した

商用からバッテリー、バッテリーから商用ともに問題なし

また、バッテリー駆動でHDDから起動できたのでスピンアップ時の電力も問題なし

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限
投稿キー(スパム対策に、投稿キー を半角で入力してください。)

ユーティリティ

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着コメント

Re:インタネット接続障害(記録)
2020/04/05 from admin
Re:インタネット接続障害(記録)
2020/04/04 from 高田
Re:デサルフェーターを製作
2020/03/04 from クラブマン
Re:デサルフェーターを製作
2020/03/01 from admin
Re:デサルフェーターを製作
2020/02/29 from クラブマン

過去ログ

Feed