エントリー

スパイダーコイルを作りAM受信

  • 2024/02/11 20:00
  • カテゴリー:ラジオ

スパイダーコイルを作製.4~200pF(最小容量)のポリバリで同調回路を構成

コイルの性能を確認するため,前に購入したラジオキットのTA7642(UTC7642互換)を利用してAMラジオを作製

IMG_20240211_155135.jpg

スパイダーコイル

コイルのベースは3Dプリンタで印刷

IMG_20240204_194559.jpg

STLは「thingiverse.com」に良いのがあったので利用,サイズを75%にして巻き直径中央30㎜外側80㎜にした

IMG_20240204_194612.jpg

線は0.35㎜を巻き数をカウントしないで全部(10m)巻いた

9角を飛びで巻いたので5角形となりスパイダーというよりペンタ×2コイルになったようだ(見た目は悪くない)

IMG_20240205_172514.jpg

10mでインダクタンスが214μH,計算上500μHは必要なので更に10m追加

IMG_20240205_193139.jpg

まだ足りないかなと思っていたら20mで681μHとなる(外側の巻きの方がインダクタンスが高くなるようだ)

インダクタンスが高くなったので3m減らし543μH,更に2m程減らし471μHに調整(つまり約15m巻きとなる)

IMG_20240209_153659.jpg

nanoVNAで同調範囲を確認

IMG_20240209_154148.jpgIMG_20240209_154213.jpg

ポリバリで487~1,456MHzとなり少し下方だが多少は寄生コンデンサがあるので計算を踏まえ調整終わり

不安を解消するため正常な同調回路と同等であることを確認

IMG_20240208_144513.jpgIMG_20240208_144432.jpg

実験ボード

同調回路とスピーカーを使うためのアンプを分離構成した実験ボードも作製

IMG_20240211_181828.jpg

TA7642で受信

IMG_20240211_155154.jpg

問題なく昼間にローカル3局(NHK1,2,南海放送)の受信を確認

選択度は然程でないがローカル局なら室内でも良好に受信できるので優秀なチップだ

ダイオードラジオで受信

試しに繋いでみたが

IMG_20240211_120222.jpg

アース側からノイズが酷く入り受信不可

生活ノイズだと思うが最近酷いようなので軽減させるためフェライトコアを入れてみたが効果は薄い

(追加:2024.2.14)

TA7642を最小部品構成で基板化(ケーブルで取り付けたが,後でピン差しに改良予定)

IMG_20240213_192836.jpg

昔のラジオの様な懐かしい音で鳴っている

IMG_20240214_192752.jpg

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限
投稿キー(スパム対策に、投稿キー を半角で入力してください。)

ユーティリティ

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着コメント

過去ログ

Feed