エントリー

DIYのポータブルラジオキットを試す

中波の受信が難なのを調査するため同調コイルに問題がないか確認する

先ずNanoUNAで同調周波数を測定すると,少し下がったがLC値から計算した通りで上の周波数は1600kHz位

ダイヤルに1600kHzを記入

IMG_20220116_090647.jpg

下の周波数はNanoUNAの計測が1MHz~なので不明だが500kHz位のはず

ダイヤルに計測の下限の1000kHzと500kHzを記入

IMG_20220116_090735.jpg

次に動作も確認してみようと最初はダイオードラジオでも作ろうと思ったが,折角なのでパーツを流用したラジオキットの中波のみブレッドボードで組んでみた

CCI_000012_1280.png

添付の回路図から中波とAMPの部分だけで構成する(赤枠内)

VRは付けず10KΩの抵抗にしている

IMG_20220115_225713.jpg

室内でバーアンテナだけでは受信できなかったので外部アンテナを繋いでNHKと南海放送の受信を確認

受信周波数は目盛り通りだったので同調コイルは問題なかった

同調コイルは今後も何かと使えるだろう

参考までに

Amazonで購入した「DIY のポータブル AM FM ラジオキット 76-108MHZ 525-1605KHZ」の説明書は中国語で記載されている

IMG_20220109_114854.jpg

雰囲気は判るが流石に理解するレベルでは読めない(回路図は別)

前には書いたが,このような場合に便利なのがGoogleレンズで結構使える

Screenshot_20220109-124429.png

翻訳されたテキストのファイル(UTF)(SJIS

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限
投稿キー(スパム対策に、投稿キー を半角で入力してください。)

ユーティリティ

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

過去ログ

Feed