エントリー

ATTINY13用の開発支援ボードを作る

ATTINY13を使うにあたって毎回ブレッドボートに構築してると大変なので、ATTINY13用の開発支援ボードを作ることにした

仕様として

  • Arduinoシールド化で簡単に書込み準備可能にする
  • 電源電圧3.3Vに切り替え可能にする(電源スルーと3.3V降圧)
  • 動作試験できるようにLEDを配置
  • デバッグ用のシリアル出力

シリアル出力は、以下の記事を参考にして半二重通信だが1ピンで送受信を可能にする

ATtiny13Aでシリアル通信(UART)を行う

ATTiny13Aで割り込みを利用したパソコンとのシリアル通信

 

開発ボード回路

追記

  • 7,6,5,1ピンは、それぞれArduinoシールドピン、13,12,11,10に接続(ISP)
  • 1ピンはタクトスイッチでリセット可能
  • 2ピン(LED)3ピン(UART)は、切り離し可能とするため短絡ピンを通す
  • 各ピンはブレッドボードなどに取り出し可能とするためピンソケット接続

最初は2SC1815を使っていたが、5Vでしか動作しないので3.3Vでも動作するように2N7000に変更

開発ボード

通信はUARTなのでPCと接続するためにFT232RL(USBシリアル変換モジュール)を使うが動作しない

直接PB4から送信すると問題ないのでTxとRxを分離する回路が問題のようで、しかたないので送信だけに仕様変更しようとも思ったが少し調査することに・・・

まず単にダイオードで接続されている送信ができない?のか、原因はFT232RL側のRxに電圧がかかっており逆流していたためで、USBシリアル変換モジュールのVCCIOの電源を無効にすれば解決した

またオシロで送信データを見てみると矩形波になっておらず負論理である0Vが正常に出ていない

オシロ波形1

はっきりした原因は判らないが、ダイオードと並列で0.1μFを入れることでまともになり

オシロ波形

正常に送受信できるようになった

 

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限
投稿キー(スパム対策に、投稿キー を半角で入力してください。)

ユーティリティ

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着コメント

過去ログ

Feed