エントリー

いまさらながらアンテナカプラーを作った

いまさらながら(受信専用)アンテナカプラーを作った・・・というのもロングワイヤーアンテナも設置しているが,ほとんどモノバンドアンテナを使っているからである

実はYouTubeで宮甚商店さんのアンテナカプラーの制作を観たことで,本来はアンテナ直下に置きたいRFアンプを室内でRFアンプを使っていて,そのRFアンプの入れ物を作るついでにアンテナカプラーを追加しようと考えた訳である

なので作製にはミズホ通信のAT-2000等を参考にさせてもらった(ミズホ通信・・・資料室

設計

先ずは適当な設計図(別途Excelでコイルのインダクタンス計算)と

IMG_20240113_204625.jpgIMG_20240113_204636.jpg

材料をかき集めた

IMG_20240106_200204.jpg

構成と制作

構成はπC型でコイルは6接点ロータリーSWで6回路にする

MW用に1回路とスルーに1回路を使うことにしたので残り4回路をSW用にして,(2~4・4~7・7~10・10~)MHz位を目安にコイルを巻く

40㎜の塩ビ管を使用,0.55㎜のエナメル線で27巻きとなりタップ位置は13・5・2巻時になる(後で必要なタップを選択するので適当に多くタップを作っておく)

IMG_20240108_114531.jpgIMG_20240108_150609.jpg

WM用には330μHのトロイダルコイルを使用(140巻きは辛いからやらなかった)

IMG_20240109_093957.jpg

ケースは底と上蓋をダイソーの木材で作り前後を1.5㎜厚のアルミを使う(150㎜×150㎜を半分に切れば丁度良いサイズになった)

IMG_20240107_191713.jpgIMG_20240107_193142.jpg

ポリバリコンやSW,端子類の配置を決め穴あけ,前面は黒塗装してみた

IMG_20240108_165458.jpg

底板(内側)にもダイソーのアルミ板を貼る

IMG_20240109_094202.jpgIMG_20240109_135449.jpg

配線

前面を取り付ける前に中身を配線しておく

コイルへの配線は(どのタップに接続するか)調整しながら行うので最後となる

IMG_20240110_182441.jpg

調整

TinySAのSG機能でAMを発振してラジオで周波数範囲の受信確認

IMG_20240111_170238.jpg

nanoVNAで周波数特性を評価して確認

IMG_20240116_142328.jpg

RFアンプ

RFアンプは30dB程のゲインがあるのでアットネーターを接続したいところを電圧調整でゲインを下げることにし,アンプの電流値から500ΩのVRを使い分圧して6V~12Vになるようにした

DCDCを使わないのはノイズが載らないようにするため(だったが,どうやらアンプ部をシールドしないと駄目なようだ)

IMG_20240114_150203.jpg

3Dプリンタ

何かと便利な3Dプリンタで2つのパーツを作製

ロングワイヤー接続用のバナナソケット端子が絶縁させてなかったので絶縁ナットを作製

IMG_20240110_160630.jpgIMG_20240110_161646.jpg

アルミパイルでポリバリコンの延長バーを作ろうとしたがが上手くできなかった

IMG_20240110_200510.jpg

結局は3Dプリンタでつまみを作製

完成

(前面から:つまみは後に変更)

IMG_20240111_150309.jpg

(後面から)

IMG_20240111_150318.jpg

前面をつや消し黒塗装,板はけやきチークニスで塗装,古臭さが出て良い感じである

IMG_20240112_193708.jpg

使用感

アンテナカプラーとしては効果がないので改良を検討中

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限
投稿キー(スパム対策に、投稿キー を半角で入力してください。)

ユーティリティ

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着コメント

過去ログ

Feed