エントリー

カテゴリー「PC」の検索結果は以下のとおりです。

マウスを交換(新調)

安物のマウス(といって良いかどうかは不明だが)を使い始めて予想および覚悟はしていたが,だいたい半年から1年で交換することがあたりまえになってきた

前回交換したのがWindows10にした時(2016.02)なので今回は9ヵ月となる

実際は3カ月ほど前からホイールが不良になっていたので交換したかったが我慢して使っていた

金かかるねって思われそうだが,マウスの(販売)方も新製品(?)への回転が速いのか在庫処分で販売してる物も多く安価に購入することが出来る

マウス

今回は2つ購入(販売価格は,左が1.5K,右が1.2K)

左のマウスは,昔購入したレーザータイプが速攻で不良(3日しか使用しなかった)になった形状のマウスだったので少し悩んだ

一応ブルーLEDになっているし,なにしろ手にフィットするのが良かったため再挑戦的に購入(実は信用できないから右を追加購入してる)

交換前のマウスは以下で現在のとこと不良になったのは左だけ

前マウス

本件は交換した新しいマウスを使用操作して入力している

新マウス

尚,静音クリックを名乗っているが単にボタンが重いだけで疲れるしクリックでマウスが傾く感じがあり安定性が悪い

実状ではクリックでマウスが傾いて位置がずれるためかクリックと判定されない事がある

honor6 PlusのAndroid 6.0へのアップデート

スマートフォン「honor6 Plus」をAndroid6.0へのアップデートしてくれることが既に発表されていた

で,遂に8月29日(月)より開始する予定とネットのニュースサイト等で流れていたが,8月31日(水)現在でもアップデートできない

OSアップデート早期導入を選択しても利用可能な更新はありませんとなる

う~ん,どうしてだろう?っとHuaweiのHPで何か通達あるかなっと「お知らせ」見てみると,特に問題があったような記載はなかった

・・・

で,よ~くお知らせを見てみると

3. PE-TL10V100R001C900B161(Android 4.4)からのアップデートは、PE-TL10C900B333に更新してから行ってください。
4. PE-TL10C900B336(Android 5.1.1,新カメラ機能有り)からのアップデートは、PE-TL10C900B333(Android 5.1.1、
新カメラ機能無し)に更新してから行ってください。

つまり最新(?)のアップデートからはダメよってことらしい

3

もう少し融通あっても良いだろって思うが,新カメラ機能無しに戻してAndroid6.0へのアップデートを試みてみることにする

しかし,他のニュースサイトでは記載されていなかったので分からなかったのがミス

メーカーサイトをちゃんと見ることが教訓だな!

(追加)

4

お知らせのとおりバージョンを落としてみたらAndroid6.0へのアップデートが可能になった

5

アップデートでそこそこの量のダウンロードがあるので回線は気にした方がよいでしょう

6

Viberも標準ブラウザも利用してないので何らバックアップしなくても問題なしで全環境と変わらない形で完了した

ちなみに,

  • ブラウザはFireFox
  • 不必要なアプリを削除している
  • SIMはFREETELでアップデート後にAPの接続設定画面が出たがFREETELへの接続設定は消えてないので確認のみとなった
  • WiFi環境
  • インストールアプリ群

以上,バックグランド画面の設定は初期化されたが,他に設定やデータが消えてなくなったようなことはなかった

そしてAndroid6.0にして1日利用しての評価は少しサクサクになったかなってところ

細かい部分で5.0の時と異なる部分があるようだが慣れで気にならなくなるレベルである

尚,既に最新は7.0です・・・が,既存のスマホでバージョンアップしてくれてうれしいですね

honor6 Plus(オーナー6プラス)を購入

「Huawei honor6 Plus(オーナー6プラス)」を購入した

「honor6 Plus」は楽天市場で独占販売されているSIMフリー端末で,今回ファーウェイーVモール楽天市場店にて端末のみ(SIM契約は必要なし)¥24,732(税込み送料無料)にて販売されていたので少し考えて購入を決定した

これまで情報端末としてフィールドでは「FREETEL priori2」を利用,そろそろ端末のパワーアップをしたいという考えもあり良さそうな端末を探していたところ「honor6 Plus」がお得な価格で販売されていたので手を出したって感じである

購入にあたって少し考えた内容は以下のとおり

  • 半値で売られている理由? → 欠点はLTEバンド不足ぐらいで悪い評価の端末ではないので単なる特売か?
  • 5.5インチの画面だと大きくないか? → これはもう試してみるしかなく巷では持ちにくいとか言われてはいないようだった
  • デザイン → 高級感があるそうだ,とても悩んでゴールドにした
  • android4は古い → 5になる

 

3/28(月)夜注文,3/29発送,3/31着

priori2と比較するとサイズがかなり違う

比較

第一印象は,

  • 大きいけど確かに持ち易い
  • 大きさの割に軽い(大きく見えるから軽く思えるのかと)
  • 胸ポケットだとはみ出すかな
  • ゴールドはもう少し薄い色の方が良さそう

詳細はあちこちで紹介されているので書かない

まずはOSのバージョンアップ,そしてソフトウェア整理から開始

  • priori2で使用していたアプリは利用中のgmailアドレスを最初に入力すれば継続される(自動的にセットアップされるので移行が便利)
  • Android 5.1.1、新カメラ機能有りにする場合はこちらからダウンロードしてアップグレードする(新カメラ機能無しならネットワーク接続後自動で確認してくる)
  • プリインストールの楽天アプリを全て削除(必要ない)
  • 使用しないアプリを強制停止,無効化(例えば標準ブラウザや電話関係)→ Firefoxを使うので必要ないのと電話SIMは持っていない
  • ホームアプリ(ランチャー)をGoogle Nowランチャーに変更 → やっぱこれがシンプルで良い

第二印象(2日使用後)

  • ゴールド色は太陽光だと見栄えが良い(蛍光灯だと悪い)
  • 外で使用していると(大きいせいで持ちが悪いのか)使い難い(けど,落としそうにはならない)
  • 質感が良い(こちらの携帯より安いとは思えない)
  • 市街ではLTE(B1)は切れそうになる(田舎だし)
  • バッテリー持ちはpriori2より劣る(まだ調整の余地はあるかもしれない)

アプリ整理

「ColorNote」と「高速メモ帳」の作成済のメモを移行(本来のやり方は知らないので試行錯誤)

(ColorNote)

バックアップがSDカードにできる(/data/colornote/backup)のでバックアップから復旧させる(ColorNoteが新規の状態で行うべし)

SDカードは既にバックアップされているのを使うか,同じフォルダーを別のSDカードに作ってコピーしても良し

(高速メモ帳)

旧スマホで高速メモ帳の新規フォルダーを作成(例えば「移動用」とか)して作成済のメモを移動

保存場所をSDカードにすると「/fastnote/移動用」ができる

新スマホで新規フォルダーを作成して,そこへ「/fastnote/移動用」内のファイル(メモデータ)をandroidのファイラー(ESファイルエクスプローラーなど)でコピーする

 

Windows10

遂にWindowsXP64を諦めWindows10にバージョンアップすることにした

ドライブ

バージョンアップインストールもできそうだったけどXP64も長いしディスクも新しくしたかったのでシステム+ゲーム用としてSSDと格納用としてHDDを購入(本来ならマザーから揃えて新規PCにするところだけど魅力ある構成が無かった)

現在の主力SSDは256GBかな(10Kでコストも良い)

SSD

HDDは低消費かつ容量そしてコストで選択(6K)

HDD

バックアップ

新規インストールするために各種のバックアップを行う

今回は前データがデバイスとして残っているので,メールデータ,デスクトップ情報のみ別PCへコピーしソフトウェアは再セットアップ,丸ごとコピーで済むデータは後でデバイスをUSB接続しコピーすることにする

OS

Windows10のダウンロード版を購入するつもりだったので全体の準備ができて購入した(便利なんだけどメディア版より安くしてもらいたいね)

安いところもあるとは思うがアマゾンで購入

ダウンロード版は購入時にIDのみもらえ,実態はISO形式データをマイクロソフトからダウンロードしてDVD等に書き込みセットアップすることになる(ダウンロード版の強みはパッチが最新になってることかな)

  • DVDは一層で入る容量(4.2GB以下)となっている
  • IDはアマゾンの場合,登録しているメールでも送られてくるので記録を怠ってもなんとかなる
  • OSのダウンロード場所もメールで送られてくる(マイクロソフトのページいけば分かるけどね)
  • IDはセットアップの最初に入力するだけで終わる

OSセットアップは最初のID入力後はほとんど自動で手間がかからない

そして比較的早く終わる

再セットアップソフトウェア

メジャーなソフトウェアはWin10対応かどうか明確だけどマイナーはそうでもないので記録しておく(逐次追加予定)

chgkey15:V1.5:動作(管理者権限で実行すること)

Lhaz64:V2.4:動作

UltraVNC:V1.2.1.0:viewrのみインストールし動作,日本語化はCRCエラーのため不可

Teraterm:V4.89:動作

WinShot:V1.53a:動作するが注意あり(参考

SendTo-Convert:V2.7.8.0:動作

gimp:V2.8:動作

設定など

その他もろもろ,以下に追加

AHCI

Windows10をセットアップする前にBIOSを最近にアップデートしたためBIOS設定が初期化された状態だった

大抵の項目は後から変更しても特に問題はないがディスクをAHCIモードにしないで(IDEモードのままで)セットアップしたのでちょっと面倒な対応をすることになった

やり方は「システム屋さんの忘備録」などを参考

管理人の場合「StartOverride」キーが存在しなかったので「ErrorControl」の値のみ修正で対応できた

「送る」の追加

ファイル選択で右メニュの「送る」にテキストエディタやGrepを登録しておくと便利

これまで通りSendToフォルダにショートカットを置けば良いはずなのだが場所がXPとは異なり探してしまった

C:\ユーザー\《ユーザー名》\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\SendTo

AppDataフォルダは隠しファイルになっているので、フォルダのファイルメニュ「フォルダーと検索のオプションの変更」から「表示タブ」→「隠しファイル」にチェックを入れる

おまけ

ディスクを購入しに行った際に面白いものを発見して購入

USB接続の半田ごて

半田ごて

5Vモバイルバッテリーで使用できるところが良さそうだったので購入

非接触型温度計

非接触型温度計

お馴染みの品だが安かったので購入

ページ移動

ユーティリティ

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着コメント

過去ログ

Feed